全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【無料相談】青少年保護育成条例違反!ネットで弁護士検索!

  • 青少年保護育成条例,弁護士
  • 10

【無料相談】青少年保護育成条例違反!ネットで弁護士検索!

今日、ニュースでも目にする青少年保護育成条例違反事件

大切な家族が青少年保護育成条例違反の容疑で逮捕されたとしたら…

あなたは、どうしますか?

不安で頭がいっぱいになると思います。

まず、考えなければならないことは頼れる弁護士を探すことです。

テーマは「青少年保護育成条例違反にくわしい弁護士特集」です。

【朗報】青少年保護育成条例違反にくわしい弁護士を東京、愛知、大阪などから一斉検索!

【朗報】青少年保護育成条例違反にくわしい弁護士を東京、愛知、大阪などから一斉検索!

どうやって弁護士を探すの?

大切な家族が突然逮捕された…

しかも容疑は青少年保護育成条例違反。

一体何があったのか…

そんなとき、頼れる弁護士を探すことが事件解決の第一歩になります。

ところが、これが簡単ではありません。

「どうやって青少年保護育成条例違反にくわしい弁護士を見つけるのか…」

無料相談をしている弁護士が地元にいるのか知りたい…」

など、探し方にはギモンがたくさん。

必見!47都道府県の弁護士を瞬時に検索する方法

私たち取材チームは、そんなギモンを解消するために全国の弁護士を地域別にまとめました!

東京、愛知、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏だけが対象ではありません。

北は北海道、南は沖縄まで、47都道府県すべての中から、弁護士を厳選して掲載しています。

こちらの全国弁護士検索をお試しください。

お住いの地域で弁護士を探すことができます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ご覧の通り、一瞬で地元の弁護士を検索することができます。

すでに厳選した弁護士が表示されますので、弁護士探しの手間もはぶけます。

ところで、今日本には何人の弁護士がいるかご存知でしょうか?

ちょっとこちらをご覧ください。

これは日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が公表している資料です。

これによると、今弁護士は37,680人が正会員として登録しています。(2016年3月現在)

この中からどうやって弁護士を探しますか?

自分にあう弁護士を探そうと思うと…途方に暮れますね。

厳選基準を公開!

この全国弁護士検索は、全国47都道府県の全弁護士を対象に厳選した弁護士のみを掲載しています。

以下の2点が厳選基準です。

  1. 青少年保護育成条例違反にくわしい弁護士であること
  2. ホームページに弁護士費用を明記している弁護士であること

緊急事態だからこそ、少しでも時間のロスはなくしたいですね。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

「青少年保護育成条例違反」弁護士費用を知るための3つのキホン!

「青少年保護育成条例違反」弁護士費用を知るための3つのキホン!

弁護士に事件を依頼するとき、気になりますよね、弁護士費用のこと。

「内訳がよくわからない…」

そんな声もよく聞きます。

弁護士費用が明確にならないと不安になります。

以前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が定められていました。

ところが、弁護士法の改正に伴い、そのルールは撤廃されています。

今では弁護士は弁護士費用を自由に設定できます。

ここでは、弁護士費用についての最新情報をレポートしたいと思います。

1.「着手金」って何の費用なの?

まず初めに知ってほしいのは、「着手金」です。

耳にしたことがあるかもしれませんが、着手金とは一体何の費用でしょうか。

着手金は弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも返還されません。

編集部の調べによると、「20万円~」としている弁護士もいるようです。

青少年保護育成条例違反事件などの刑事事件では「60万円~」を基本設定としている法律事務所が多くありました。

2.気になる「成功報酬」

もう一つ、よく耳にする「成功報酬」についてまとめましょう。

成功報酬は弁護活動の成果の対価として支払うお金です。

青少年保護育成条例違反事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって異なるのが一般的です。

どの法律事務所もホームページで料金設定を公開していることが多く、そちらを参考にするとよいですね。

3.「実費・日当」総まとめ

実費は「実際にかかった費用」です。

郵便の切手代だとか逮捕された被疑者への差し入れ書籍の代金が実費に該当します。

日当はどんな基準を採用するかで算出される費用に幅がでます。

例えば、事件現場の確認のために足を運んだとします。

そこまでの往復所要時間をベースに、日当を算出する方法があります。

どのような基準を設けているかで結論が異なります。

ですので、この点も弁護士に依頼するまえにはしっかり確認しておきたいところです。

【実例3選】青少年保護育成条例違反事件で弁護士はどんな活動をしてくれるの?

【実例3選】青少年保護育成条例違反事件で弁護士はどんな活動をしてくれるの?

ではここから、弁護士が青少年保護育成条例違反事件をどのように解決するのかみていきます。

本日は、解説者として、特別ゲストをお呼びしています。

刑事事件にくわしいテレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生です。

今日は青少年保護育成条例違反事件の弁護活動の実態について、解説をお願いします。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

これまで数多くの刑事事件を取り扱ってきました。

その中でも、青少年保護育成条例違反事件も相当数ありました。

今回は、弁護活動の実例裁判事例をもとに、わかりやすく説明したいと思います。

1.逮捕されるとどうなる?釈放に向けた弁護活動

まず、気になるのが青少年保護育成条例違反事件で逮捕されたときの逮捕後の流れ。

ニュースなどでは逮捕されたその後の流れは報道されないことが多いです。

逮捕後の流れにふれつつ弁護活動の内容に踏み込みたいと思います。

被疑者は逮捕されると、逮捕翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

その後、釈放についての検討が行われます。

釈放なしとされた場合は、しばらくの間、留置場生活を強いられることになります。

勾留(こうりゅう)という手続きに入ります。

このとき、弁護士を選任すれば、勾留しないよう求める活動をすることができます。

勾留が決定してしまっても、準抗告(じゅんこうこく)という不服申し立てをすることができます。

淫行条例違反の場合、淫行の態様や内容、余罪の数などによって、釈放の有無、時期が変わります。

ケースによっては、罪を認めたとしても、10日間の勾留が決定する場合もあります。

一日でも早い釈放を求めるなら、すぐに弁護士に相談することが大切です。

逮捕に続き勾留されてしまうと、しばらく自宅に帰れなくなります。

それも2日、3日のレベルではありません。

この状態を放置すると学校退学会社解雇の可能性がでてきてしまいます。

刑事事件は時間が勝負です。

弁護士探しに時間をかけている場合ではないですね。

2.前科を回避するための弁護活動とは

前科だけはつけたくない!

皆さんこうお考えだと思います。

では、前科が付くのを避けるために弁護士はどう対応してくれるのでしょうか?

前科を付けないための方法としては、大きく2つあります。

  1. ① 刑事裁判で無罪判決を獲得する
  2. ② 検察官から不起訴処分を獲得する

日本の刑事司法において、無罪判決の獲得は統計上0.1%とされています。

ですので、無罪獲得はきわめて困難だといえます。

一方で、不起訴処分の獲得は比較的容易だといえます。

検察官は、証拠により犯行が認定できない場合は、起訴せず不起訴処分で事件を終結させます。

この不起訴処分は「嫌疑不十分」または「嫌疑なし」といわれます。

また、証拠により犯行が認定できる場合であっても、検察官は不起訴を選択する場合があります。

なぜなら「被疑者の性格、年齢、境遇、犯罪の軽重や情状並びに犯罪後の情況」が考慮されるからです。

このケースの不起訴処分は「起訴猶予」といわれます。

不起訴処分獲得のためにも、早い段階で方針を固める必要があります。

日本の検察官は非常に優秀だといわれることがあります。

それは、無罪率0.1%の裏返しとして、99.9%が有罪になるからです。

捜査機関がしっかり捜査を尽くし、その結果、検察官が起訴したものはほぼ有罪判決になるのです。

ここから考えても、無罪判決の獲得はかなりハードルが高いといえます。

では、いかにして不起訴処分を獲得するか。

専門家である弁護士と十分な打合せをして関係当局に何をどう主張していくかを固めていきます。

3.「無罪です!」弁護士はあなたの代弁者

無実の罪で青少年保護育成条例違反の犯人にされてしまったとしたら…

この悪夢を冤罪(えんざい)といいます。

少し前に、映画でも冤罪事件が題材に使われていましたね。

これは実際には想像以上に厳しい局面に立たされます。

一度、犯罪の容疑をかけられると、無実を証明するのは大変困難です。

警察は被疑者を犯人と前提した上で取調べを行います。

そして、過酷な取り調べが始まります。

取り調べを乗り切るために弁護士を選任し、黙秘権の使い方供述調書に関するアドバイスを受けることが大切です。

特に、内容のおかしい供述調書にはサインをせず、内容の変更に関する申し立てをしましょう。

これは、被疑者の権利として認められています。

とはいえ、狭い部屋で連日厳しい取り調べが続くと、精神面でも支障をきたすことがあります。

正しい判断ができなくなるのです。

供述調書はあとから修正がききませんので、作成の際には慎重を要します。

間違った対応をしないよう、いつでも弁護士に相談できる環境をつくっておくことはとても大切です。

真実をいくら訴えても聞き入れてもらえない。

それどころか、自分に向けられる疑いのまなざしは日に日に厳しさを増します。

体力的にも精神的にも疲弊していきます。

「認めれば楽になるのかな…」

そんなことが頭をよぎるかもしれません。

しかし、その一瞬の迷いが取り返しのつかない事態をまねきます。

決してあきらめず、是非弁護士にご相談ください。

最後にワンポイントアドバイス

それでは最後に、ワンポイントアドバイスをお願いします。

大切な家族が青少年保護育成条例違反事件で逮捕されたら、何をすべきなのか。

答えはひとつ。

「すぐに弁護士に相談すること」です。

青少年保護育成条例違反事件は決して軽い犯罪ではありません。

早く適切な対応をすることが、傷口を最小限におさえることにつながります。

どうか迷わずに、私たち弁護士にご事情をお聞かせください。

まとめ

今回の特集は「青少年保護育成条例違反事件にくわしい弁護士特集」でした。

いかがでしたでしょうか。

緊急だからこそ、早めに弁護士にアクセスしなければいけません。

地元で弁護士を探すには弁護士検索をご利用ください。

きっと最速で弁護士を探すことができます。

忙しくてなかなか時間がとれないという方は弁護士無料相談が便利です。

さらに青少年保護育成条例違反事件のことを知りたい方は関連記事をご覧ください。

以上、編集部から特別企画をお届けしました!