恐喝罪|弁護士費用の仕組みを解説!相談をうける法律事務所4社をリサーチ

  • 恐喝,弁護士費用
  • 20

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

「いますぐ金を出さないと家族がどうなるか分からないぞ!」

このように人をおどして金銭などをうばうと恐喝罪逮捕されるかもしれません。

恐喝罪は「10年以下の懲役」となる可能性のある犯罪です。

実刑の可能性を低くするには、弁護士の存在がカギをにぎります。

でも弁護士費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか。

恐喝事件の弁護士費用におけるギモンをこまかく調査してみました。

恐喝事件の弁護士費用の計算方法

恐喝事件をあつかう法律事務所の弁護士費用をリサーチ

弁護士費用が払えないときの対処方法

法律面の解説には、刑事弁護の専門家をお招きしています。

弁護士の岡野武志先生です。

恐喝事件の弁護士費用(着手金・成功報酬など)はどうやって計算する?

恐喝事件の弁護士費用(着手金・成功報酬など)はどうやって計算する?

弁護士費用がどのくらいか分からず心配だ…」

家族が恐喝罪で逮捕されたとしても、分からないことがあったまま弁護士に依頼するのは不安だと思います。

貯金がなければ急にまとまった金額を支払うのは厳しいです。

あらかじめ、どのくらいの弁護士費用が必要になるのか確認しておきましょう。

弁護士費用についてくわしくせまっていきます。

恐喝事件における弁護士費用の計算ポイント

恐喝をはじめとした刑事事件における弁護士費用は、料金体系が複雑です。

弁護士費用は、さまざまな項目から成り立っています。

こちらをご覧ください。

弁護士費用

=「相談料」+「着手金」+「成功報酬」+「日当」+「実費」

これらを合計したものが弁護士費用になります。

さっそく、弁護士費用を構成する各項目をひとつずつ解説していきます。

相談料

弁護士による法律相談に対して支払う弁護士費用が相談料です。

相談料は、相談時に支払います。

ほとんどの法律事務所は、「時間制」で相談料を決めていることが多いです。

相談料例

30分:5000円(税別)

60分:1万円(税別)

多くの法律事務所は、このような範囲で相談料を設定しています。

法律事務所のなかには、無料相談を実施するところもあります。

相談料がネックだという方は、無料相談の機会を活用してみるのも一つの手段です。

無料相談はもっぱら、

相談時間30分まで

依頼成立で無料

といった条件で無料になるようです。

無料でも有料でも、弁護士相談の多くが30分~1時間で終了してしまいます。

少ない時間のなかで、どれだけ恐喝事件の要点を伝えられるかが重要になっていきます。

話はじめたら30分って意外とすぐ終わってしまいますよね。

あらかじめ相談する内容をまとめておきましょう。

弁護士相談のポイント

恐喝事件の内容を整理する

整理した内容をメモする

恐喝事件に関する資料などあれば集める

短い時間でも簡潔に相談内容を伝えられれば、弁護士のアドバイスの時間が確保できます。

簡潔な相談内容にまとめるためには、

いつ、どこで、だれが、なにを(だれを)、なぜ、どうした

このような点を意識して話をするようにしましょう。

ポイント

恐喝事件の要点をまとめる

内容
いつ 恐喝した時間 20××
どこで 恐喝した場所 自宅近くの居酒屋で
だれが 恐喝事件の関係者 私が
なにを/だれを 恐喝の相手 知人の男性を
なぜ 恐喝した動機 金銭トラブルから
どうした 恐喝方法 胸倉を掴んでお金を奪った

恐喝事件の概要はまとめられたでしょうか。

ご自身がお悩みの恐喝事件も、同じようにまとめてみましょう。

着手金

弁護士による恐喝事件の弁護活動の着手に対して支払う弁護士費用が着手金です。

着手金は、契約時など弁護活動の開始時に支払います。

ほとんどの法律事務所は、事件の内容や状況に応じて着手金を決めていることが多いです。

着手金例

20万円(税別)

30万円(税別)

60万円以上

多くの法律事務所は、このような範囲で着手金を設定しています。

依頼時の状況によって、着手金の金額が異なってきます。

警察が介入する前

刑事事件化した(逮捕中、勾留中)

自宅で捜査を受けている

起訴された

おもに、事件のむずかしさに応じて着手金は設定されています。

状況が変化すると、追加で着手金を請求する法律事務所もあるようです。

着手金は、希望する弁護活動の結果が得られても、得られなくてもお支払いいただく費用になります。

一般的に、事件の途中で弁護士を解任しても、着手金が返還されることは少ないでしょう。

さらに次のような場合は、恐喝を認めている単純な事件よりも高額になる場合があります。

恐喝事件を否認している

複数人で恐喝した

恐喝の余罪がほかにもある

恐喝された被害者の数が多い

依頼したい恐喝事件は、どのような状況にあてはまるのか相談時に聞いておきましょう。

成功報酬

恐喝事件の弁護活動の成果に対して支払う弁護士費用が成功報酬です。

成功報酬は、事件の終了時に支払います。

ほとんどの法律事務所は、弁護活動による成果に応じて成功報酬を決めていることが多いです。

成功報酬例

10万円(税別)

50万円(税別)

200万円(税別)

多くの法律事務所は、このような範囲で成功報酬を設定しています。

恐喝事件の弁護活動の結果に左右される費用です。

恐喝事件における弁護活動がすべて終了し、事件の結果が出るまで成功報酬の金額は確定しません。

事件の結果はさまざまです。

そのため、幅ひろく成功報酬が設定されています。

釈放

勾留阻止

不起訴処分

罰金刑

執行猶予付き判決

示談締結

弁護活動の成果はこのような種類になっています。

日当

恐喝事件の弁護活動において、弁護士の出張などに対する弁護士費用が日当です。

日当は、事件の終了時に支払うことが多いです。

ほとんどの法律事務所は、弁護士が出張などをした時間単位・1日単位で料金を決めていることが多いです。

日当例

無料

2万円(税別)

5万円(税別)

弁護活動は、法律事務所内だけで完結するとはかぎりません。

依頼者(被疑者、被告人)との接見

恐喝の被害者と示談交渉

公判前整理手続、公判

このように、事務所の外にでて活動することもしばしばあります。

法律事務所によっては、着手金に日当を含んでいるところもあるそうです。

日当なしとする弁護士や、依頼後の接見は無料とする弁護士もいます。

日当における基準は、法律事務所ごとで一番差がある項目かもしれません。

お悩みの恐喝事件を依頼すると、日当は発生するのか相談時などに確認することが大切です。

実費

恐喝事件の実際に支払われた経費が実費です。

実費は、事件の終了時に支払うことが多いです。

ほとんどの法律事務所は、つぎのようなものが実費として請求されます。

実費例

切手代、交通費、コピー代、写真現像代など

法律事務所によっては、実費を一律の料金で設定しているところもあるようです。

恐喝事件の弁護活動をすすめていく上では、さまざまな経費がかかります。

交通費に関しては、実費として請求されたり、日当に含まれていたりします。

その点もきちんと確認しておくようにしましょう。

実費を請求される場合、気になる方は領収書も添付してもらうようにすれば安心です。

目安

弁護士費用の内訳

金額例
相談料 5000円~1万円
着手金 20万円~
成功報酬 10万円~
日当 無料、2万円~
実費

※あくまでも目安です

恐喝罪をあつかう法律事務所4社の弁護士費用にせまる

恐喝罪をあつかう法律事務所4社の弁護士費用にせまる

恐喝など刑事事件に力を入れる法律事務所

恐喝をはじめとして刑事事件を専門的にあつかう法律事務所を「4社」調査しました。

弁護士費用にせまっていきましょう。

※2018年2月時点での調査結果です。

※法律事務所によって、弁護士費用の改定がおこなわれる可能性があります。

※ご依頼前には再度、各ホームページなどをご確認ください。

4社

恐喝事件などをあつかう法律事務所

法律事務所 問い合わせ先(電話番号)
あんしんパートナーズ法律事務所 05035804704
東雲総合法律事務所 0332709060
弁護士法人前島綜合法律事務所 0120747783
弁護士法人ALG&Associates 0120773405

※50音順

①あんしんパートナーズ法律事務所(※2018年2月時点調べ)

1つ目に調査した法律事務所は、「あんしんパートナーズ法律事務所」です。

元検事が率いる、刑事弁護の法律事務所です。

あんしんパートナーズ法律事務所のホームページはこちら

弁護士費用の調査結果はこのとおりです。

弁護士費用

あんしんパートナーズ法律事務所

金額
相談料 電話相談:無料
着手金 30万円~
成功報酬 30万円~
実費 (要確認)
日当 (要確認)

※外税表記

②東雲総合法律事務所(※2018年2月時点調べ)

2つ目に調査した法律事務所は、「東雲総合法律事務所」です。

刑事事件、交通事故、相続・遺言トラブルなど多岐にわたって活動する法律事務所です。

東雲総合法律事務所のホームページはこちら

弁護士費用の調査結果はこのとおりです。

弁護士費用

東雲総合法律事務所

金額
相談料 電話・メール・初回面談:無料
着手金 315000円~
成功報酬 315000円~(原則として着手金と同額)
実費 (要確認)
日当 (要確認)

※外税表記

③弁護士法人前島綜合法律事務所(※2018年2月時点調べ)

3つ目に調査した法律事務所は、「弁護士法人前島綜合法律事務所」です。

恐喝事件のほか、薬物事件、痴漢事件などをあつかう法律事務所です。

弁護士法人前島綜合法律事務所のホームページはこちら

弁護士費用の調査結果はこのとおりです。

弁護士費用

弁護士法人前島綜合法律事務所

金額
相談料 ご家族が逮捕・勾留中:無料/初回1時間
30分:5000
着手金 30万円~
成功報酬 30万円~
実費 (要確認)
日当 5万円~(依頼後は3万円~)

※外税表記

④弁護士法人ALG&Associates(※2018年2月時点調べ)

さいごに調査した法律事務所は、「弁護士法人ALG&Associates」です。

恐喝事件など、刑事事件に特化した法律事務所です。

弁護士法人ALG&Associatesのホームページはこちら

弁護士費用の調査結果はこのとおりです。

弁護士費用

弁護士法人ALG&Associates

金額
相談料 ご家族が逮捕:無料/初回1時間
着手金 30万円~
成功報酬 20万円~
実費 3万円(電話代、郵送費)
日当 1万円~(交通費別)

※外税表記

弁護士費用が払えないときは分割払い?国選弁護士?

弁護士費用が払えないときは分割払い?国選弁護士?

恐喝事件の弁護士費用、分割払いは可能?

恐喝事件にかぎらず、刑事事件のトラブルにはいつ何時巻き込まれてしまうか分かりません。

ある程度の弁護士費用は覚悟しているけど、急にまとまった金額を用意することはたやすくありません。

弁護士費用を一括では払えないというとき、分割払いは認められているのでしょうか。

弁護士費用の支払い方法の選択肢の一つとして、分割払いも存在します。

ですが…

弁護士費用の分割払いのあつかいは、法律事務所によって対応がさまざまです。

弁護士は、弁護士費用に関する各自が自由に決めた基準を据え置いています。

費用の種類

費用の金額

算定方法

支払時期

など、支払い方法についても自由に決められます。

「分割支払い」も弁護士と依頼者の双方が納得すれば可能です。

弁護士費用の金額だけでなく、支払い方法についても相談しておく必要があります。

恐喝事件の弁護士費用が払えないなら国選弁護士?

弁護士費用の分割払いも厳しい…

という方もいらっしゃると思います。

国選弁護士をご存知でしょうか。

もしも、恐喝事件の弁護士費用が払えないとお困りなら利用できるかもしれない制度です。

国選弁護制度

「貧困」などの事由により、弁護士を選任できないときに利用できる国の制度

たとえ弁護士費用が用意できなくても、だれもが弁護士を付ける権利を持っています。

恐喝事件の弁護士費用が払えないとお困りならば、国選弁護士を検討してみることをおすすめします。

恐喝事件で警察に逮捕されたら弁護士に相談

恐喝事件で警察に逮捕されたら弁護士に相談

スマホから恐喝事件を相談をする?

「ご主人を恐喝罪で逮捕しました。」

こんな電話が突然かかってきたら、呆然と立ち尽くすことしかできないのでしょうか。

家族のことだから何かしてあげたいけど、何からはじめたらいいのか分からない!

そんなとき、まずは弁護士相談からはじめましょう。

でも…

相談だけでも費用は高い?弁護士費用が不安…

交通の便が悪いところに住んでいて弁護士事務所までいけないかも…

そんなお悩みをお持ちの方に、自宅でもどこからでも弁護士とつながれる方法を紹介します。

スマホを使った無料相談の窓口です。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

スマホから恐喝事件を相談するなら下の窓口からお選びください。

電話予約窓口

 24時間・365日、専属スタッフが相談予約を受付中

LINE無料相談の窓口

 随時、弁護士が対応中

スマホを使って、弁護士とつながることができる時代になりました。

恐喝事件を地元の弁護士に相談する?

恐喝事件は、被害者との示談など丁寧に対応をすすめていく必要があります。

示談経験が豊かな弁護士に依頼したいと思います。

依頼するなら地元の弁護士なら便利です。

では、どうやって自分にあった弁護士を探しますか?

弁護士の探し方が分からないという方は、こちらをご利用ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

弁護士選びの参考になる、法律事務所の口コミなどをみることができます。

恐喝事件のことは電話などではなく直接、弁護士に相談したいという方もいると思います。

地元の弁護士なら出向きやすいです。

恐喝事件の対応経験が豊富かつ、地元の弁護士を探すならこちらを活用してみましょう。

最後に一言アドバイス

それでは、最後に一言アドバイスをいただきたいと思います。

被害者がいる恐喝事件は、弁護士による示談交渉が事件解決のポイントとなります。

示談が成立することで、逮捕を回避できたり、すぐに釈放される可能性が高まります。

何も対応せずに放っておけば、逮捕から起訴まで最長で23日間も留置場で生活することになってしまいます。

早期の弁護士による対応で、社会復帰もすぐ実現することでしょう。

まとめ

恐喝事件における弁護士費用の調査結果でした。

弁護士費用についての不安は解消できたでしょうか。

もっと、恐喝事件について弁護士に聞いてみたいことがあるなら、

いますぐ弁護士に相談するならスマホで無料相談

地元の弁護士を検索するなら全国弁護士検索

関連記事では、恐喝事件や弁護士費用についての特集記事を用意しています。

興味のある方は、こちらもチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る