【大手限定】刑事事件の弁護士費用ページを「相場表」にして分析してみた。

  • 刑事事件,弁護士費用
  • 320

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【大手限定】刑事事件の弁護士費用ページを「相場表」にして分析してみた。

刑事事件の弁護士費用といえば、

その相場が一番気になるところですよね。

弁護士事務所のホームページを確認すれば、料金表を見ることは可能です。

でも複数の弁護士の料金表を検証するのは、なかなか骨の折れる作業ですよね。

そこで!

私たち弁護士カタログ編集部が、

大手8社刑事事件の弁護士費用ページを「相場表」にして分析してみました。

分析の結果は…

なかなか興味深い結果となりました^^

まずは、料金表を参照した弁護事務所を一緒に見てみましょう。

なお当記事内の弁護士事務所掲載は50音順に並べられております。

刑事事件の弁護士費用ページ「相場表」全8社

刑事事件の弁護士費用ページ「相場表」全8社

こちらが、刑事事件の弁護士費用ページを参照した大手8社になります。

弁護士費用が高い事務所から安い事務所まで、いろいろな個性がありました。

検証対象事務所

事務所名 料金ページ
ヴィクトワール法律事務所 http://vict-keiji.com/price_list/
ウェルネス法律事務所 http://wellness-keijibengo.com/hiyou-zentai/
桜丘法律事務所 http://www.sakuragaoka.gr.jp/cost/criminal.php
渋谷青山刑事法律事務所 http://www.sa-criminal-defense2.jp/hiyou
東京ディフェンダー法律事務所 http://www.t-defender.jp/fee/
ベリーベスト法律事務所 https://keiji.vbest.jp/fee/
法律事務所アスコープ http://keiji-bengo24.com/price/
法律事務所ホームワン http://keiji.home-one.jp/consult/cost.html

※2017年5月の調査時の結果

これらの事務所をひとつひとつ手作業で、

依頼時に支払う着手金

終了時に支払う成功報酬

弁護士出張に対する日当

分割払いが可能か

という4つの観点から分析してみました。

着手金や成功報酬の意味については、こちらのサイトに定義が書いてあります。

それでは一緒に、刑事事件の弁護士費用についての分析結果を見てみましょう。

「相場表」全8社の分析結果はこちら(50音順)

「相場表」全8社の分析結果はこちら(50音順)

まずはこちらから。

ヴィクトワール法律事務所

ヴィクトワール法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は32万4000円~となっています。

最低額として、事件を依頼する時に32万4000円を支払わなくてはなりません。

注意を要するのは、起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金が分かれている点です。

起訴後の着手金は、起訴前から依頼している場合に限り、一部減額されるようです。

しかし、起訴された後も事件の依頼を継続する場合は、着手金を追加請求されるようなので注意が必要です。

成功報酬は?

成功報酬は16万2000円~となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

成功報酬の上限額は記載されていなかったので、実際に事件を依頼する際は、その点確認するようにしましょう。

出張日当は?

出張日当については、特に記載されていませんでした。

実際に事件を依頼する際は、確認した方がよいかもしれません。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「ケースによる。着手金は基本的に一括払いのみ。ただし特例として、2〜3回に分けての支払いが可能なケースもある。日当と報酬金については、担当の弁護士と要相談。」とのことでした。

まとめ

着手金 32万4000円~
成功報酬 16万2000円~
出張日当 記載なし

※2017年5月調査時の金額

ウェルネス法律事務所

ウェルネス法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円~となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

注意を要するのは、起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金が分かれている点です。

起訴後の着手金は、起訴前から依頼している場合に限り、一部減額されるようです。

しかし、起訴された後も事件の依頼を継続する場合は、着手金を追加請求されるようなので注意が必要です。

成功報酬は?

成功報酬は10万8000円~108万円となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

一番成果が高い活動の報酬額は、裁判員裁判で無罪判決を獲得した場合の108万円です。

出張日当は?

出張日当は、0円〜です。

出張の距離によって、日当の金額が変動します。

初回接見料は3万5000円、契約すれば3万5000円は着手金から控除されます。

この日当は交通費込みとなっています。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「原則不可。弁護士と相談の上、警察署の距離など様々な事情によって分割払いが可能になるケースもあるかもしれない。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円~
成功報酬 10万8000円~108万円
出張日当 0円~

※2017年5月調査時の金額

桜丘法律事務所

桜丘法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

足利事件を担当した弁護士が所属する事務所になります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は32万4000円~となっています。

最低額として、事件を依頼する時に32万4000円を支払わなくてはなりません。

この事務所も、起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金を分けています。

起訴された後も引き続き事件を依頼する場合は、追加で着手金を支払う必要があるので注意が必要です。

※なお、この場合「起訴前から引き続き受任するときは、2分の1に減額することができます。」との割引を受けるようです。

成功報酬は?

成功報酬は32万4000円~となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

成功報酬の上限は記載されていなかったので、実際に事件を依頼する時は、よく確認した方がよいかもしれません。

出張日当は?

出張日当は、1万5000円~です。

出張の距離によって、日当の金額が変動します。

この日当は日当は半日あたりの料金となっています。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「法テラスを介せば可能。」とのことでした。

積極的な回答を受けることができました。

分割払いを希望する依頼者にとっては、心強いかもしれません。

まとめ

着手金 32万4000円~
成功報酬 32万4000円~
出張日当 1万5000円~

※2017年5月調査時の金額

渋谷青山刑事法律事務所

渋谷青山刑事法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円〜となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

事件が起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金が分かれています。

事件が起訴された後、引き続き弁護活動を依頼する場合は、追加の着手金を支払う必要があります。

成功報酬は?

成功報酬は10万8000円~32万4000円となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

一番成果が高い活動の報酬額は、32万4000円です。

渋谷青山刑事法律事務所は、成功報酬よりも着手金の方が高く設定されている印象を受けました。

出張日当は?

出張日当は、0円〜です。

出張の距離によって、日当の金額が変動します。

契約外接見は5万4000円~となり、この日当は交通費込みとなっています。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「ケースによる。電話対応の事務員からは答えられない。弁護士に相談した後、分割払い可能といった話になる場合もある。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円~
成功報酬 10万8000円~32万4000円
出張日当 0円~

※2017年5月調査時の金額

東京ディフェンダー法律事務所

東京ディフェンダー法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

茅場町駅の近くにある法律事務所になります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円~となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金が分かれています。

事件が起訴された後も引き続き弁護活動を依頼したい場合は、追加で着手金を支払う必要があります。

※なお、この場合「*3 捜査からのご依頼の場合、着手金の50%を限度に減額できる場合があります 」との規定が適用されるようです。

成功報酬は?

成功報酬は10万8000円~216万円となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

一番成果が高い活動の報酬額は、裁判員裁判で無罪判決を得た場合の上限額である216万円です。

出張日当は?

出張日当は、0円〜です。

契約外接見料は3万2400円、契約後の接見料は0円となります。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「ケースによる。弁護士に相談後、分割払いが可能になるケースもある。まずは相談して欲しい。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円~
成功報酬 10万8000円~216万円
出張日当 0円~

※2017年5月調査時の金額

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所の刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

ベリーベスト法律事務所は、大手の弁護士法人として、日本各地に支店を有しています。

刑事事件の取り扱いにも力を入れているようです。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円〜となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

この事務所も、事件が起訴された後の着手金の追加はありませんでした。

着手金の追加請求がない点で、依頼者にとって優しい事務所といえます。

成功報酬は?

成功報酬は21万6000円~58万3200円となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

一番成果が高い活動の報酬額は、事実否認の場合の報酬金で54万円です。

出張日当は?

出張日当は、0円〜です。

出張の距離によって、日当の金額が変動します。

また、任意聴取同行は1時間あたり1万8000円。契約後の接見は3回~5回までは無料、それを上回ると3万2400円。契約外接見は5万4000円となります。

この日当は交通費込みとなっています。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「不可。基本的に一括払いでお願いしている。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円
成功報酬 21万6000円~54万円
出張日当 0円~

※2017年5月調査時の金額

法律事務所アスコープ

法律事務所アスコープの刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円~となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

起訴の前後で追加の着手金が発生するのか等について、詳しいことは書かれていませんでした

実際に事件を依頼する際は、よく確認した方がよいかもしれません。

成功報酬は?

成功報酬は21万6000円~となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

成功報酬の上限についても記載がなかったので、21万6000円~というのはあくまで最低額の目安にすぎません。

実際に事件を依頼する際は、よく確認するようにしましょう。

出張日当は?

出張日当は、緊急接見費用として税込4万9800円との記載がありました。

事件を依頼した後に出張費用が発生するかについては、何も記載がなかったです。

事件を依頼する際は、よく確認するようにしてください。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「ケースによる。弁護士に相談した後、分割払いが可能になる場合もある。まずは相談して欲しい。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円~
成功報酬 21万6000円~

※2017年5月調査時の金額

法律事務所ホームワン

法律事務所ホームワンの刑事事件の弁護士費用ページはこちらになります。

もともとは、大手の過払い系の事務所から分離独立した法律事務所になります。

それでは分析していきましょう。

着手金は?

着手金は21万6000円となっています。

最低額として、事件を依頼する時に21万6000円を支払わなくてはなりません。

起訴される前の着手金と、起訴された後の着手金が分かれています。

起訴された後も引き続き弁護活動を依頼する場合は、追加の着手金を支払う必要があります。

成功報酬は?

成功報酬は10万8000円~となっています。

何も成功がなければ、もちろん成功報酬は0円となります。

また、裁判員裁判対象事件は別途協議となっています。

一番成果が高い活動の報酬額は、否認・複雑な事件の報酬額である54万円です。

出張日当は?

出張日当は、0円〜10万8000円です。

出張の距離・拘束時間によって、日当の金額が変動します。

拘束時間4時間以内は無料、8時間までは5万4000円、上限10万8000円となります。

分割払いは?

分割払いは、電話で確認したところ、「ケースによる。弁護士に相談後、分割払いが可能になるケースもある。」とのことでした。

まとめ

着手金 21万6000円
成功報酬 10万8000円~
出張日当 0円~10万8000円

※2017年5月調査時の金額

刑事事件の弁護士費用について相談したい方はこちら

刑事事件の弁護士費用について相談したい方はこちら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士に無料相談したい方はこちらがおすすめ

刑事事件の弁護士費用について、あなたのお住いの近くの弁護士に相談してみましょう。

お住いの都道府県をタップしてみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ここの掲載されている弁護士は、

刑事事件の専用ページを持っており

サイト上に料金表が表示されている

弁護士ばかりで安心です。

ひとりひとりの料金表を確認してみるのも良いかもしれません。

最後に一言アドバイス

刑事事件の相談はタイミングが大切です。

弁護士費用について困っていることがあるなら、今すぐ相談することをおすすめしています。

今は便利な無料相談サービスも多いです。

無料相談であれば、金銭的な負担もありません。

まずは、専門家に相談して、アドバイスをもらいましょう。

その方が、早くかつ確実に、解決にたどり着くことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

刑事事件の弁護士費用の相場について、大手8社の弁護士費用を検証しながらまとめてみました。

実際に金額を目にすると、イメージと異なる部分も多いですよね^^;

刑事事件の弁護士費用についてより詳しく知りたい方は、下記の関連記事がおすすめです。

また、実際に弁護士に相談したい方は、スマホで無料相談全国弁護士検索のサービスをご利用ください。

それでは、編集部一同、皆さまのお悩みごとが無事に解決することを願っています。

目次に
戻る
TOPに
戻る