全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【公然わいせつの無料相談】24時間検索可能!もう困らない弁護士探し!

  • 公然わいせつ,弁護士

【公然わいせつの無料相談】24時間検索可能!もう困らない弁護士探し!

「まさか私の家族が…」

ある日「ご主人を公然わいせつの容疑で逮捕しました」

警察からそんな電話がかかってきたら、何を考えますか?

「何かの間違いじゃないの?」

頭が真っ白になると思います。

でも、そんなときはパニックになっている時間はないのです。

すぐに弁護士を探さなければいけません。

今回は「公然わいせつ事件にくわしい弁護士特集」を特集します。

「公然わいせつ」を弁護士に無料相談

「公然わいせつ」を弁護士に無料相談

弁護士探し、時間がない…

身内が公然わいせつ事件で逮捕されたら、どうやって弁護士を探しますか?

「公然わいせつ事件にくわしい弁護士をさがしたい」

「近所で無料相談している弁護士をみつけたい」

急ぎだからこそ、考えている時間が惜しいと感じます。

発見!公然わいせつ事件にくわしい弁護士

私たちは、公然わいせつ事件でお悩みの方のために、弁護士を厳選しました。

すぐに足を運べる場所で弁護士を探していただくために、地域で整理をしています。

47都道府県別に、検索しやすいようにしました。

対象地域は、東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏の他もあります!

北海道から沖縄まで、日本全国の弁護士の中から厳選し、地域でまとめました。

この全国弁護士検索なら地元の弁護士にすぐたどりつけます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

みなさんは、ご存知でしょうか?

今、日本には何人の弁護士がいると思いますか?

たくさんいる弁護士の中から「近所の弁護士」で、かつ「公然わいせつなどの刑事事件にくわしい弁護士」を探すとなると…

時間がかかりそうですね。

「これまで弁護士に相談したことがない」

「自分の人生で弁護士とかかわったことがない」

そんな方も多いのではないでしょうか。

ちょっとこちらの資料をご覧ください。

これは日本弁護士連合会が公開している資料です。

この資料によると、現在、弁護士の数は37,680人です。(2016年3月現在)

こんなにいるんですね。

こうなると、何を手掛かりに弁護士を探せばよいのか、頭を抱えてしまいます。

弁護士なら誰でもいい!と思ってしまいがちですが、それはどうでしょうか。

「公然わいせつ事件にくわしい弁護士」かどうかが重要です。

なぜなら、弁護士にも得意・不得意があるからです。

企業法務や労働問題を得意とする弁護士もいれば、金銭トラブルを得意とする弁護士もいます。

公然わいせつは刑事事件の一種ですから、刑事事件にくわしい弁護士に相談したいですよね。

この全国弁護士検索なら、今あなたに必要な弁護士を見つけ出すことができます。

2つの基準で厳選しました

この全国弁護士検索では、日本全国から厳選した弁護士を集め掲載しています。

厳選基準は次のとおり。

  1. 公然わいせつ事件など刑事事件にくわしい弁護士であること
  2. 弁護士費用をホームページで公開している弁護士であること

この基準を満たした弁護士のみをこちらで掲載しています。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【基礎知識3点】公然わいせつ事件の弁護士費用はこう読む!

【基礎知識3点】公然わいせつ事件の弁護士費用はこう読む!

弁護士に相談する前に知っておきたい基礎知識についてまとめてみました。

一番気になるのが弁護士費用です。

無料相談に行く前に、ここで整理しておきましょう。

弁護士費用は、以前は弁護士会の報酬規定によって統一されていました。

ところが、ルールの改正が行われ、弁護士が自由に設定できるようになりました。

弁護士費用は一般的には大きく3つの項目から構成されます。

この3つの項目を順にみていきたいと思います。

1.着手金(リサーチ結果)

まず、「着手金」についてです。

着手金は、「弁護士に事件を依頼した時に支払うお金」のことです。

特徴としては、事件の結果に関係なく発生するという点です。

結果に影響しない費用ですので、不成功に終わったとしても返金されることはありません。

編集部調査では、「20万円~」や「30万円~」を着手金に設定している弁護士がいました。

公然わいせつ事件などの刑事事件では「60万円~」を標準としている弁護士も多数みつかりました。

2.成功報酬の読み方

次は、「成功報酬」についてみてみましょう。

成功報酬は、「弁護活動の成果の対価として支払うお金」のことです。

ですから、結果がどうであったかで、その金額は変わってきます。

一般的には、良い結果が得られると成功報酬も上がるという仕組みになっています。

反対に、良い結果が出なかった場合には成功報酬の金額が低くなるのが通常のようです。

公然わいせつ事件の成功報酬も、最終の刑事処分の内容によって変わります。

3.実費・日当の算出基準

最後に、「実費・日当」について整理しておきます。

実費・日当について、特に日当については弁護士により異なります。

調べたところ、日当は所要時間を基礎に算出することも多いようです。

例えば、示談のために被害者に会いに行った場合を考えてみます。

その弁護士が往復に要した時間をネットなどの客観的な指標をもとに算出します。

そしてその弁護士が設定している料金設定に基づき日当を割り出します。

日当をどう計算するか、弁護士に依頼するときには事前に確認しておくとよいでしょう。

【弁護士の活動3選】公然わいせつ事件の「釈放」「前科回避」「無罪獲得」を考える

【弁護士の活動3選】公然わいせつ事件の「釈放」「前科回避」「無罪獲得」を考える

ここからは、公然わいせつ事件を弁護士がどう解決に導いていくかみていきましょう。

本日は、刑事事件にくわしいテレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生に解説をお願いします。

今日は公然わいせつ事件の弁護活動について、具体的に説明してもらいたいと思います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

私はこれまで刑事事件に力を入れて活動してきました。

公然わいせつ事件も件数としては相当数ありました。

今回のテーマは私の得意分野の一つですので、臨場感のあるお話ができるかと思います。

私の弁護活動の経験と過去の裁判例をもとに、解説を進めていきます。

1.「釈放」に効果的な活動とは?

公然わいせつ事件はテレビやネットでも日々ニュースになるくらい、珍しくはありません。

それだけ私たちの生活のすぐ近くで起こる事件だということです。

ニュース報道の中で、意外と取り上げられないのが「逮捕の後」の話です。

そこで、今回は逮捕後の流れ、事件の裏側で起こっていることにも目を向けたいと思います。

そもそも、公然わいせつ事件は、逮捕されずに在宅捜査となるケースがあります。

その場合、被疑者は出頭の要請があるときに警察や検察庁に出頭することになります。

身体拘束はされませんので、普段通り日常生活を送ることができます。

学校の授業に出席したり会社に通勤することにも影響はありません。

ところが、公然わいせつ事件で逮捕されることもあります。

逮捕されると、その翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

これは送致といわれる手続きです。

送致のあと、「釈放の有無」が検討されます。

検察官・裁判官により「釈放なし」と判断されると勾留(こうりゅう)されることになります。

勾留されるとしばらくは留置場で生活することになります。

弁護士を選任すると、勾留をしないように求める活動を行うことができます。

検察官や裁判官に対して釈放を求めていきます。

仮に間違った判断として勾留が決定しても、その取り消しを求める活動を行うこともできます。

公然わいせつ事件で大切なのは、できるだけ早く弁護士に相談することです。

釈放の可能性がある事件なのか、あるとすればどのタイミングでそれが可能なのか。

刑事事件にくわしい弁護士であれば正しい見通しを立てることができます。

逮捕されたのであれば、どれだけ早く釈放を実現できるかがポイントです。

2.「前科」の回避策はある?

公然わいせつ事件で、前科を回避する方法はあるのでしょうか?

弁護士の活動の中で、依頼者のニーズが高まる点だと思います。

以下の2つの方法で、前科を回避することができます。

  1. ① 刑事裁判で無罪判決を獲得する
  2. ② 検察官から不起訴処分を獲得する

実際には、無罪判決を獲得する方法は極めて困難です。

ですので、多くの場合、検察官に不起訴処分を求める活動をしていくことになります。

検察官は証拠により犯罪が認められない場合、事件を不起訴処分で終了させます。

これは「嫌疑なし」、「嫌疑不十分」による不起訴処分といわれます。

具体的には、弁護士はこのような主張をしていきます。

  • 目撃者の供述が信用できない
  • 否認する被疑者の供述の方が信用できる

また、証拠により犯罪が認められても、検察官は事件を不起訴処分で終了させることがあります。

これを起訴猶予処分といいます。

検察官は被疑者の「性格、年齢、境遇、犯罪の軽重や情状並びに犯罪後の情況」を考慮します。

起訴猶予処分も不起訴処分の一種ですので、前科は回避できます。

日本の刑事裁判で無罪判決が出される確率はとても低いす。

そのため、捜査段階で不起訴処分を目指す弁護活動をすることが大切です。

逮捕された直後から弁護士と打合せを始めていきましょう。

どのような主張をしていくかで、弁護士の動きも大きく変わります。

3.無罪獲得のために覚えておくべきこと

次は、無罪についてです。

冤罪という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

以前、痴漢の冤罪事件を題材にした映画が話題になりましたね。

冤罪は、やってもいないのに犯人と疑われてしまうことです。

一度公然わいせつの犯人だとレッテルを貼られてしまうと、疑いを晴らすのは難しいものです。

警察など捜査機関から公然わいせつ事件の犯人だと疑われると、どうなってしまうのか。

犯人として扱われ、過酷な取り調べを受けることになります。

厳しい取り調べを乗り切るためには、正しい知識を持って冷静に対応することが肝心です。

体力も精神面でも疲弊する中、これだけは覚えておきたいことを3点あげます。

覚えておきたい3つのポイント
  1. 黙秘権の適切な行使
  2. ② 供述調書へのサイン拒否権の適切な行使
  3. ③ 供述調書の内容変更申立権の適切な行使

特に、供述調書は一度サインしてしまうと取り返しがつかないことになってしまいます。

間違った対応をしないために、弁護士と相談しながら慎重に取り調べを乗り切りましょう。

冤罪は明らかに不利な立場にたたされます。

だからこそ、冷静な対応が求められます。

その場でパニックになり誤った判断をしないように気をつけなければいけません。

不利な状況の中で、冤罪主張を貫くためには弁護士のサポートは欠かせません。

最後に一言アドバイス

それでは最後に、一言アドバイスをお願いします。

公然わいせつ事件は本当に身近なところで起きる事件です。

身内がもし公然わいせつ事件の容疑で逮捕されたら、まず何をすべきでしょうか。

それは、公然わいせつ事件にくわしい弁護士に相談することです。

案外見落とされがちですが、これが事件解決への一番の近道なのです。

まとめ

今回は公然わいせつ事件にくわしい弁護士特集をお送りしました。

時間のない方は、便利な弁護士無料相談をご利用下さい。

弁護士検索で地元の弁護士を見つけていただくことも有効です。

公然わいせつ事件について、さらにくわしく知りたい方は関連記事もご覧ください。

以上、特集記事でした!