傷害事件の加害者が支払う弁護士費用はどのくらい?被害者への示談金の相場は?

  • 傷害事件,弁護士費用
  • 110

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

傷害事件弁護士費用はどのくらい必要なのだろう?

ある日突然、傷害事件の加害者本人やその家族となってしまったら…

今後どうなってしまうのか不安だと思いますが、お金のことも心配だと思います。

傷害事件の弁護士費用についてのナゾにせまっていきます。

傷害事件の弁護士費用をシミュレーション

傷害事件の示談金は弁護士費用に含まれる?

傷害事件をあつかう法律事務所をピックアップ

法律の専門的な解説として、本日は弁護士にお越しいただいています。

解説者は、岡野武志先生です。

傷害事件の弁護士費用(着手金・成功報酬など)はどうやって計算する?

傷害事件の弁護士費用(着手金・成功報酬など)はどうやって計算する?

傷害事件の弁護士費用は、どのようにして計算されているのでしょうか。

その前に、傷害事件はどのような事件をさして傷害事件というのでしょうか。

実際にあったニュースを確認しておきましょう。

コンビニエンスストアの店員をナイフで切りつけたとして、警視庁目白署は26日、傷害容疑で住居、職業いずれも不詳の(略)を現行犯逮捕した。(略)

コンビニの店員をナイフで切りつけて傷害を負わせたという事件です。

この事件のようにナイフで切りつけたり、殴って怪我を負わせたりすると傷害罪に該当します。

傷害事件の基本を簡単におさえたところで、ここからは傷害事件における弁護士費用のナゾにせまっていきます。

傷害事件における弁護士費用の計算シミュレーション

突然、傷害事件に巻き込まれたとき、冷静に対処することができるでしょうか。

もしも家族が逮捕されたとしたらパニックにおちいってしまうと思います。

弁護士に相談するのがはじめてだという方は、弁護士相談の流れをおさえておきましょう。

仮の傷害事件を想定して、弁護士相談の流れを解説します。

傷害事件を想定

息子が友人を殴って、全治1週間の怪我を負わせた傷害事件で逮捕された。

できるだけ穏便な形で事件を終了させたいという両親からの依頼。

このような傷害事件でお困りのケースでは、

どのように弁護士相談がすすんでいくのか

どのタイミングで弁護士費用が必要になるのか

という点に注目して、流れを確認していきましょう。

弁護士相談
傷害事件について弁護士に相談する
相談料が発生し、相談終了後に支払う場合がほとんど

相談の方法は、

対面相談

電話相談

メール、SNS相談

などさまざまな形態があります。

 ↓

契約
傷害事件についての弁護活動を依頼する
着手金が発生し、契約時に支払う場合がほとんど

 ↓

弁護活動
弁護士が傷害事件についての弁護活動をおこなう
日当実費などが発生することがあり、事件終了時に支払う場合がほとんど

 ↓

事件終了
弁護士による傷害事件の弁護活動が終了する
成功報酬が発生し、事件終了時に支払う場合がほとんど

弁護士相談の流れのイメージはつかめたでしょうか。

傷害事件にかかる弁護士費用は、基本的につぎのような項目からなります。

弁護士費用

=「相談料」+「着手金」+「実費・日当」+「成功報酬」

法律事務所によっては、タイムチャージ制(時間制報酬)を導入しているところもあります。

事件の処理にかかった総時間に単価をかけて弁護士報酬を計算するところもあります。

ここからは多くの法律事務所で採用されている、弁護士費用を構成する項目を一つずつ詳しく確認していきたいと思います。

傷害事件の「相談料」とは?

相談料とは、弁護士の法律相談に対して支払う弁護士費用です。

相談料の例

30分:5000円(外税)

60分:1万円(外税)

ほとんどの法律事務所では、相談料を「時間制」で決めているようです。

傷害事件にかぎらず弁護士に相談したいけど相談するのに勇気がいるという方が多くいらっしゃいます。

法律事務所のなかには、無料相談を実施している場合もあります。

30分無料や、相談1回目が無料という場合があるので、弁護士相談の第一歩としてはじめてみることをおススメします。

ほかにも、事件の依頼が成立すると相談料を差し引くというサービスをおこなっているところもあるようです。

相談時に、弁護プランのほかにも弁護士費用についてもきちんと確認しておきたいところです。

傷害事件の「着手金」とは?

着手金とは、弁護士による弁護活動の着手に対して支払う弁護士費用です。

ほとんどの法律事務所は、事件の内容や状況、むずかしさに応じて着手金が設定されています。

着手金の例

20万円(外税)

30万円(外税)

60万円以上

着手金の金額の違いは、多くの場合はこのような事件の状況の差にあります。

警察が介入する前

警察が介入した後(逮捕中、勾留中)

在宅捜査(随時、取り調べを受けている)

起訴後

着手金は、弁護活動の結果に左右される弁護士費用ではありません。

弁護士が弁護活動を着手するために必要な費用です。

ご依頼主様の希望する希望がかなった場合もかなわなかった場合も、お支払いいただく費用です。

状況が変化すると着手金が追加で請求される法律事務所もあるようです。

把握している傷害事件の状況は、はじめの相談時からできるだけ弁護士に伝えておくようにしましょう。

傷害事件の「実費・日当」とは?

実費は、傷害事件の処理のため実際に経費として出費される費用です。

実費例

切手代、交通費、コピー代、裁判所に納める印紙代など

どのようなものが実費の対象となるかは、法律事務所によって対象がことなります。

このほかにも、出張が必要な事件では弁護士の日当がかかることがあります。

日当が発生するような弁護活動とは、つぎのようなものです。

依頼者(被疑者、被告人)との接見

傷害事件の現場の調査

傷害事件の被害者と示談交渉

公判前整理手続、公判

ドラマで見るような法廷に立つほかにも、弁護士が事務所外ですることはたくさんあります。

日当の例

無料

2万円(外税)

5万円(外税)

法律事務所によっては、金額にかかわらずかかった経費すべての領収書を添付してくれる場合があります。

不透明な費用がないか確認できるので安心だと思います。

傷害事件の「成功報酬」とは?

成功報酬は、傷害事件の弁護活動の結果に対して支払う弁護士費用です。

成功報酬の例

10万円(外税)

50万円(外税)

200万円(外税)

ほとんどの法律事務所は、弁護活動の成果に応じて成功報酬を設定しています。

傷害事件の結果が出るまでは、成功報酬は確定しません。

希望する結果の一部が成功した場合、その成功度合いに応じて成功報酬が発生します。

弁護活動によってもたらされる成果は、さまざまなケースが想定されます。

釈放

勾留阻止

不起訴処分

罰金刑

執行猶予付き判決

示談締結

弁護活動によって得られた成果ごとに成功報酬が設定されています。

傷害事件の弁護活動が、全面的に不成功に終われば、成功報酬を支払う必要はありません。

傷害事件の被害者との示談…示談金や慰謝料は弁護士費用にふくまれる?

傷害事件の被害者との示談...示談金や慰謝料は弁護士費用にふくまれる?

示談とは

傷害事件の解決には、示談が重要なポイントとなるとお考えの方も多いようです。

示談金と慰謝料は、よくセットで耳にする言葉だと思います。

どちらも被害者に支払われるお金のことだとは分かりますが…

傷害事件の示談金と慰謝料は、何が違うのでしょうか?

示談金とは

裁判をせずに、当事者同士の話し合いで民事上のトラブルを解決する手段が示談

傷害事件の民事上の賠償問題を解決するために支払う金銭を示談金という

慰謝料とは

傷害の精神的損害に対する損害賠償金として支払う金銭を慰謝料という

慰謝料も支払うことで、示談成立となるケースが多い

示談を成立させるための条件の一つとして、慰謝料が存在するともいえるでしょう。

示談に必要な内容としては、以下のようなものがあげられます。

示談の内容

傷害事件によって負わせた被害弁償(治療費など)をしている

傷害事件についての反省が述べられている

傷害事件の被害者の許しがある(宥恕)

示談の項目に傷害事件に対する被害者の許しがふくまれていれば、刑事処分に影響を与えることがあります。

示談成立は、不起訴処分の可能性が高まります。

示談について1分程度にまとめた動画を用意しました。

興味のある方は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

傷害事件の被害者に支払う示談金は弁護士費用にはふくまれない

示談の意味について解説をしてきました。

傷害事件の加害者にとって、示談金も弁護士費用も事件解決のために支払う費用ということになります。

ここで、よく質問いただく疑問を紹介したいと思います。

質問

示談金は弁護士費用にふくまれていますか?

弁護士によっては、示談交渉の着手金が請求されることもあるので勘違いされることが多いです。

答え

示談金は弁護士費用にはふくまれません。

示談金と弁護士費用は、別物です。

傷害事件の「被害者」に支払うお金が示談金です。

一方、「弁護士」の示談交渉活動に対して支払うお金が弁護士費用です。

示談金と弁護士費用は、切り分けて考えなければなりません。

とはいえ、傷害事件の加害者側が支払うお金の総額ともなります。

「傷害事件解決にかかる総額=弁護士費用+示談金」

弁護士費用と示談金の違いなども丁寧に説明してくれる弁護士であれば安心です。

傷害事件の示談金相場を計算!

ここからは、傷害事件の示談金の「相場」をみていきたいと思います。

3つのケースを紹介します。

まず1つ目はこちらの傷害事件です。

ケース①
事件の概要
被害者夫婦に対して顔面をこぶしで数回殴るなどの暴行をくわえ、全治1週間の怪我を負わせた
示談金
32万円
刑事処分
罰金50万円

全治1週間の傷害を負わせたという事件です。

示談金は32万円とのことですが、「罰金50万円」の刑罰がくだされています。

示談が成立したとしても、必ずしも刑罰がくだされないとは限らないようです。

とはいえ、傷害罪は懲役刑も法定刑に含まれますので罰金で終了したということには意味があるのではないでしょうか。

では、つづいて2つ目の傷害事件です。

ケース②
事件の概要
被害者である70代の同僚の顔面を殴って、眉間や鼻を骨折させる傷害を負わせた
示談金
110万円
刑事処分
不起訴

骨折をともなうような傷害を負わせたという事件です。

示談金は110万円とのことですが、「不起訴処分」となったようです。

傷害事件でも不起訴処分の可能性があることが分かりました。

それでは、3つ目の傷害事件です。

ケース③
事件の概要
新幹線の前の座席に座っていた被害者に対して暴行をくわえ、約3週間の休業を要する頭部打撲傷などの傷害を負わせた
示談金
179万円
刑事処分
不起訴

頭部打撲傷などの障害を負わせたという事件です。

示談金は179万円とのことで、こちらの事件も「不起訴処分」となったようです。

傷害事件において、示談が重要な意味をもつ可能性があることが分かりました。

このほかにも、傷害事件でどのくらい示談金が支払われたのか気になるという方はこちらをご利用ください。

傷害事件のほかにも、強盗事件や窃盗事件、痴漢事件などの示談機相場を確認することができます。

興味のある方は、他の罪名でもチェックしてみてください。

傷害事件をあつかう法律事務所4社の弁護士費用をチェック

傷害事件をあつかう法律事務所4社の弁護士費用をチェック

傷害事件など刑事事件に対応する法律事務所

傷害事件といった刑事事件を専門的にあつかう法律事務所を「4社」をピックアップしました。

弁護士費用はどのくらいに設定されているのかチェックしていきましょう。

※2018年2月時点での調査結果です。

※法律事務所によって、弁護士費用の改定がおこなわれる可能性があります。

※ご依頼前には再度、各ホームページなどをご確認ください。

4社

傷害事件などをあつかう法律事務所

法律事務所 問い合わせ先(電話番号)
あんしんパートナーズ法律事務所 05035804704
東雲総合法律事務所 0332709060
弁護士法人前島綜合法律事務所 0120747783
弁護士法人ALG&Associates 0120773405

※50音順

①あんしんパートナーズ法律事務所(※2018年2月時点調べ)

1つ目の法律事務所は、「あんしんパートナーズ法律事務所」です。

元検事が率いる、刑事弁護の法律事務所とのことです。

あんしんパートナーズ法律事務所のホームページはこちら

こちらの法律事務所の弁護士費用をチェックしていきましょう。

弁護士費用

あんしんパートナーズ法律事務所

金額
相談料 電話相談:無料
着手金 30万円~
成功報酬 30万円~
実費 (要確認)
日当 (要確認)

※外税表記

②東雲総合法律事務所(※2018年2月時点調べ)

2つ目の法律事務所は、「東雲総合法律事務所」です。

刑事事件、交通事故、相続問題など多岐にわたって活動する法律事務所とのことです。

東雲総合法律事務所のホームページはこちら

こちらの法律事務所の弁護士費用をチェックしていきましょう。

弁護士費用

東雲総合法律事務所

金額
相談料 電話・メール・初回面談:無料
着手金 315000円~
成功報酬 315000円~(原則として着手金と同額)
実費 (要確認)
日当 (要確認)

※外税表記

③弁護士法人前島綜合法律事務所(※2018年2月時点調べ)

3つ目の法律事務所は、「弁護士法人前島綜合法律事務所」です。

傷害事件のほか、薬物事件、痴漢事件といった刑事事件をあつかう法律事務所とのことです。

弁護士法人前島綜合法律事務所のホームページはこちら

こちらの法律事務所の弁護士費用をチェックしていきましょう。

弁護士費用

弁護士法人前島綜合法律事務所

金額
相談料 ご家族が逮捕・勾留中:無料/初回1時間
30分:5000
着手金 30万円~
成功報酬 30万円~
実費 (要確認)
日当 5万円~(依頼後は3万円~)

※外税表記

④弁護士法人ALG&Associates(※2018年2月時点調べ)

さいご、4つ目の法律事務所は、「弁護士法人ALG&Associates」です。

傷害事件をはじめとした、刑事事件に特化した法律事務所とのことです。

弁護士法人ALG&Associatesのホームページはこちら

こちらの法律事務所の弁護士費用をチェックしていきましょう。

弁護士費用

弁護士法人ALG&Associates

金額
相談料 ご家族が逮捕:無料/初回1時間
着手金 30万円~
成功報酬 20万円~
実費 3万円(電話代、郵送費)
日当 1万円~(交通費別)

※外税表記

合計4社の弁護士費用を確認してきました。

いかがでしたでしょうか。

大体の目安はつかめたと思いますが、傷害事件などの刑事事件は非常に複雑です。

弁護士費用が安く済ませられるに越したことはないかもしれません。

ですが、お金と弁護活動によって得られる結果は変えられないものがあるかもしれません。

ご自身が納得のいく金額で、かつ納得のいく弁護活動の結果が得られる弁護士に依頼できるように下調べをしておきましょう。

弁護士費用が払えないときは分割払いは可能か?

弁護士費用が払えないときは分割払いは可能か?

傷害事件の弁護士費用、分割払いできる?

弁護士費用の相場などを見てきました。

弁護士費用の金額については、人それぞれ経済状況も異なるので捉え方がさまざまだと思います。

もし、弁護士に依頼したいと思っても弁護士費用が払えないという状況だった場合はあきらめるしかないのでしょうか。

弁護士費用の分割払いが可能とのことですが、本当なのでしょうか。

弁護士費用の分割払いの可否は、弁護士によって対応がさまざまです。

弁護士費用は、弁護士各自で自由に決めることができます。

支払い方法に関しても自由に決めることがでくるので、分割払いに応じる弁護士もいます。

分割支払いは、弁護士と依頼者がお互い納得すれば可能な支払い方法です。

相談時には、弁護士費用とその支払い方法についても相談しておくことをおススメします。

傷害事件で警察に逮捕されたら弁護士に相談

傷害事件で警察に逮捕されたら弁護士に相談

スマホから傷害事件を相談をするなら

家族が傷害罪で逮捕されたけど、何をどうすればいいのか分からない…

そんなときは、まず弁護士に相談することからはじめましょう。

でも…

弁護士費用がどのくらいなのか分からず一歩が踏み出せない

平日に法律事務所まで相談に行く時間がない

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

今から紹介する、無料相談の窓口はスマホがあればいつでもどこからでも利用できます。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

スマホを使って傷害事件を相談するなら、こちらの2つの窓口が便利です。

電話予約窓口

 専属スタッフが24時間・365日、相談予約を受付中

LINE無料相談の窓口

 弁護士が順次、対応中

傷害事件の相談は、スマホを使った無料相談の窓口からお問い合わせください。

傷害事件を地元の弁護士に相談するなら

傷害事件について相談したいと思ったとき、どのようにして弁護士を探しますか?

実際に法律事務所に足を運んで対面相談をしたいというなら、やっぱり地元の弁護士だと近くて便利です。

傷害事件にくわしくて、自宅から近い弁護士を探したいという方はこちらをご利用ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

全国47都道府県ごとに弁護士を選出しています。

口コミ評判がみれる法律事務所もあります。

弁護士選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後に一言アドバイス

それでは、最後に一言アドバイスをいただきたいと思います。

傷害事件で逮捕されたとしても、勾留されないことがポイントです。

弁護士は最善の弁護プランを考え、早期に留置場から出られるよう活動します。

具体的には、

証拠隠滅や逃亡のおそれがないことを検察官や裁判官に伝える

被害者との示談交渉をすすめる

などの活動によって、勾留の阻止や不起訴処分を狙います。

弁護士費用が不安だという方は、無料相談をうまく活用して弁護士に相談するようにしましょう。

まとめ

傷害事件の弁護士費用を徹底的に調査しました。

自分が悩む傷害事件に寄り添ってくれる弁護士に相談したいという方は、

スマホで無料相談で今すぐ弁護士に相談

全国弁護士検索で地元の弁護士に相談

これらを活用して、弁護士相談をはじめてみましょう。

弁護士費用がまだまだ不安…

弁護士相談の一歩が踏み出せないという方は関連記事もチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る