全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

逮捕されると会社に連絡は行く?|盗撮・万引き・横領の例を解説

  • 逮捕,会社,連絡
  • 30

逮捕されると会社に連絡は行く?|盗撮・万引き・横領の例を解説

会社員であるご自身や会社員の家族が逮捕

突然のことに非常に動揺すると思います。

今後のことも心配になりますよね。

その中でも特に

逮捕されると会社連絡される?

という点が気になるのではないでしょうか。

会社に逮捕の事実が発覚し、クビになってしまったらこれからの生活に支障をきたします。

今回は、「逮捕されると会社に連絡されるか?」を中心にみていきましょう。

くわしい部分の解説は弁護士の先生にお願いします。

ご自身やご家族が逮捕された際、「会社に連絡がいくのか」は非常に気になる点です。

万が一、逮捕の事実が会社に発覚し解雇されると今後の生活が心配になると思います。

  • 逮捕されると会社に連絡は行くのか
  • 逮捕が発覚するとどのような処分を受けるのか

などくわしく解説していきます。

逮捕されると会社に連絡される?盗撮・万引き・横領の例も

逮捕されると会社に連絡される?盗撮・万引き・横領の例も

ご自身やご家族が刑事事件を起こし、逮捕されてしまった…

そんなとき、一番気がかりなのは、

会社に連絡されてしまうのか

という点ですよね。

逮捕の事実が会社に発覚してしまうと、どんな処分が待っているのか非常に不安になります。

こちらではまず状況別に会社に連絡される可能性を考えていきましょう。

逮捕されると会社にばれる?連絡される?

まずは、逮捕されると会社に連絡がいってしまうのかをみていきましょう。

逮捕が会社にバレる危険性として4つの経路が考えられます。

  • 警察からの連絡
  • 上司・同僚の目撃情報
  • 新聞やテレビでの報道
  • 無断欠勤が続く

各項目をくわしくみていきましょう。

1)警察から連絡される?

「逮捕されると警察から会社に連絡されてしまうのではないか…」

会社に警察から逮捕の事実を連絡されてしまうのではないか、と不安になっている方も多いと思います

刑事事件を起こし、逮捕されると警察から会社に連絡されることはあるのでしょうか。

通常、突発的な刑事事件の逮捕を警察から会社に連絡することはありません。

しかし、業務と密接に関連する事件など、捜査の必要性がある場合は会社へ連絡がいってしまうケースもあります。

逮捕されると警察から会社へ連絡されてしまう、と思っている方もいたのではないでしょうか。

逮捕後の警察からの連絡については、明確なルールはありません。

必ずしも警察から会社へ連絡がいかないとは言い切れません。

また、同居する家族には状況・居場所を伝えておく必要があるため、逮捕後に警察は家族に連絡する流れになるのが通常です。

2)上司・同僚に目撃される

次に考えられる可能性は、「上司・同僚に目撃される」ことです。

事件の現場を上司や同僚に目撃される可能性もないとは言えません。

お住まいの地域・会社の近くなどでの事件なら事件現場を目撃し、会社へ逮捕の事件の事実を報告される可能性があります。

3)新聞やテレビで報道される

事件が会社に連絡されなくても、新聞やテレビで事件が実名報道されると逮捕の事実が発覚してしまいます。

比較的軽微な刑事事件まで報道しているとキリがないように感じますが…

実名報道の基準は決まっているのでしょうか。

重大事件の場合は、実名報道されるケースが多いです。

例えば、裁判員裁判になるような「殺人事件」や「強盗致傷事件」です。

これらの事件は特に公共の利害に関する事実といえるためです。

また、被疑者の職業によっても実名報道されやすくなる場合があります。

公的な側面を有する「公務員や教師、医師、専門士業、大手会社員」などの場合がこれにあたります。

そう思うと、比較的軽微な痴漢や盗撮についても、公務員などの実名報道は多い気がしますよね。

他にも「振り込め詐欺」「児童買春」など、社会問題になっている事件は実名報道される可能性が高いようです。

4)無断欠勤が続いて逮捕がバレる

最後に考えられる可能性は「無断欠勤が続いて逮捕がばれる」ことです。

逮捕後、会社へ出勤することはできないのでしょうか。

みなさんは逮捕後、事件がどのように進行しているかご存知ですか?

まずは、こちらの図をご覧ください。

逮捕の流れ

ご覧のとおり、刑事事件を起こし逮捕されてしまうと最低でも2~3日は拘束されてしまいます。

逮捕で身柄を拘束されてしまったら会社に出勤できませんよね。

せめて、会社に欠勤の連絡ができればいいのですが。

被疑者は逮捕され、身動きがとれないので、やむを得ず会社を欠勤することになります。

会社には、少なくともご自身では欠勤の連絡をすることができません。

無断欠勤が長引くと事件の事実が発覚し、解雇されてしまう可能性もあります。

逮捕の事実が会社に発覚しなくても無断欠勤が続けば解雇されてしまう可能性があります。

しかし、図で確認したように逮捕後に勾留が決定されるとさらに拘束が長引きます。

無断欠勤や欠勤があまりにも続いた場合は事件が発覚する危険性があるといえますね。

さらに、逮捕された本人は会社に連絡を取ることができないので「無断欠勤」することになってしまいます。

まとめ

逮捕の事実が会社に発覚する経路

  逮捕が発覚する可能性 具体的な状況(条件)
警察 事件による ・会社に密接に関連する事件である
・会社の同僚などを取り調べる必要がある
上司・同僚の目撃 可能性あり
マスコミ報道 事件による ・重大事件の場合
・被疑者の職業などによる
無断欠勤 長期になると発覚の可能性あり 会社が欠勤の理由や事情を確認しようとする

逮捕されたら会社にどのように連絡したらいい?

先ほど、無断欠勤が続くと会社に逮捕の事実が発覚してしまう恐れがあるとわかりました。

せめて、会社を欠勤する旨を会社に伝えたいですよね。

刑事事件で逮捕された後、数日で釈放される場合もあります。

数日の欠勤なら、職場復帰できる可能性も大いにあります。

逮捕されている本人は身柄を拘束されており、連絡することができません。

その場合は、家族や弁護士から会社に連絡を入れることになります。

家族が逮捕の事実をそのまま伝えてしまうと職場復帰しにくくなってしまいます。

家族から会社へ連絡を入れる場合は、体調不良を理由に、欠勤の連絡をしたケースなどもあるようです。

会社に連絡する際は勝手に連絡せずに本人と一度面会し、要望を聞いた方がよいでしょう。

面会についてのくわしい記事がありますので、ぜひご覧ください。

盗撮での逮捕は会社に連絡される?

では、ここからは具体的に罪名別で会社に連絡される可能性をみていきましょう。

まずは、盗撮事件で逮捕された場合です。

盗撮事件を起こすと会社に連絡されてしまうのでしょうか。

会社と無関係の盗撮であれば、警察は会社には連絡しないことが多いです。

ただし、被害者が同じ会社の従業員であったり、証拠画像やビデオカメラなどが会社に保管されている可能性がある場合には、会社に連絡されることもあります。

公務員や有名人などの盗撮事件はニュースになっていることが多いですよね。

また、会社に密接に関連する盗撮事件であれば連絡される場合もあるようです。

警察から会社への連絡を法律的に防ぐ手段はありません。

しかし、弁護士に依頼する事によって、警察に連絡しないよう釘を刺すことが可能です。

確実に、とは言えませんが会社に連絡されるのを回避できる場合もあります。

諦めずに、弁護士経由で警察に連絡することをお勧めします。

万引きでの逮捕は会社に連絡される?

次は、万引きでの逮捕が会社に連絡される可能性を見ていきましょう。

万引きで逮捕された場合、会社に連絡されてしまうのでしょうか。

万引きの逮捕も通常、警察から会社に連絡することは通常ありません。

しかし、

  • 万引きした盗品が会社に保管してある
  • 会社の飲み会後に起こした万引き事件で同僚を取り調べる必要がある
  • 業務中に起こした事件で被疑者の動向を取り調べる必要がある

などの場合は会社に警察から連絡が行ってしまうこともあります。

店内に「万引きをすると会社に連絡します」と書かれているポスターを見かけることもありますよね。

万引きの場合、警察だけではなく被害店の従業員・店長から会社に連絡されるのではないでしょうか。

被害弁償などが済んでいれば通常は連絡しないことが多いです。

加害者と連絡がとれない状態であれば、会社に連絡される恐れはあります。

しかし、被害店側が会社の連絡先を把握していること自体がそれ程多くないように思います。

謝罪と弁償が済んでいれば店長や従業員がわざわざ会社にまで連絡する可能性は低いです。

こちらも確実に連絡されないとは限りません。

不安な場合は一度、弁護士に相談することをオススメします。

業務上横領での逮捕は会社に連絡される?

では、最後に業務上横領についてみてみましょう。

業務上横領は刑法で厳しい刑罰が定められています。

先に条文を確認してみましょう。

業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

業務上横領の事件はニュースでもよく見かけますがこんなに重い刑罰が科せられているのですね。

業務上横領で逮捕されると会社に連絡されてしまうのでしょうか。

業務上横領事件などは、逮捕の原因に会社が密接に関連していますので、会社を捜査する必要があります。

よって、必然的に会社に事件が知られてしまうことになります。

  • 横領事件など、会社の業務に密接に絡んでいる事件
  • 会社の同僚などを取り調べる必要がある事件

などは、会社に知られてしまいます。

逮捕が会社に連絡されるとどんな処分を受ける?クビ?

逮捕が会社に連絡されるとどんな処分を受ける?クビ?

会社に逮捕の事実が知られてしまう危険性についてわかりましたね。

では、逮捕が会社にばれるとクビになってしまうのでしょうか…

これからの生活を考えると会社をクビになってしまうのはどうにか回避したいですよね。

  • 逮捕が会社にばれると解雇処分になるのか
  • 逮捕が会社にばれるのを回避することはできるのか

などをみていきましょう。

逮捕が会社にばれると解雇処分?

逮捕が会社に伝わることで一番不安なのは「クビ」になるのかですよね。

何らかの形で会社へ逮捕の事実が発覚すると解雇処分になるのでしょうか。

犯罪行為を実際に行ったなら、それは許されることではありません。

しかし、もし逮捕で解雇されるとしたら今後の生活に支障をきたします。

逮捕の事実が会社に発覚したからといって、直ちに解雇処分でクビになるわけではありません。

仮に、解雇処分でクビと告げられても、解雇が客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当でない場合は、解雇は無効です。

逮捕されただけではまだ、犯罪事実が確定したわけではありません。

その時点で解雇するのは、通常合理的な理由を欠き、無効と考えられます。

就業規則には、解雇事由として「禁錮刑以上の刑に処せられた場合」という要件が記載されている企業も多く存在します。

就業規則で「有罪判決を受けた場合」を解雇事由としているのであれば、逮捕事実が直ちに解雇と結びつくことはありません。

逮捕の時点で即解雇になる可能性はそれほど高くないのですね。

就業規則は各企業によって異なります。

心配な方は一度、ご自身の会社の就業規則を確認してみましょう。

逮捕が会社にばれるのを回避したい…

逮捕が会社に発覚する経路や、逮捕が発覚するとどうなるのかわかりました。

では、逮捕が会社にバレないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

逮捕の事実が発覚してしまったケースでも解雇されない場合もあります。

その場合、職場の人たちに逮捕の事実が伝わっていたら今後働きづらくなってしまいます。

できる限り、逮捕の事実が会社に伝わらないようにしたいですよね。

逮捕されたことを会社に知られないようにする最善の方法は、

早期に被害者の方と示談をすることです。

被害者の方に、謝罪を尽くし、示談をして、許しが得られた場合、大半の事件ではすぐ釈放されます。

その結果、早期に職場復帰することができ、逮捕されたことを知られないで済む可能性も高まります。

もし、刑事事件で逮捕されてしまったら会社に連絡される前に事件を解決することが一番です。

その際、被害者との「示談」が効果的だとわかりました。

欠勤が長引かなければ、怪しまれずに職場復帰できる可能性も高くなりますよね。

示談についてくわしく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【弁護士無料相談】逮捕が会社に連絡されるのか知りたい…

【弁護士無料相談】逮捕が会社に連絡されるのか知りたい...

逮捕でお困りの方必見!スマホで弁護士無料相談

「逮捕の事実が会社に発覚することはあるのか」

「解雇されてしまうのか…」

ご自身やご家族が加害者になってしまうと様々な不安があると思います。

そんなときに役立つ、弁護士へすぐに相談できる無料相談窓口をご紹介します。

以下からご自身にあった相談方法で弁護士に相談してみましょう。

(※電話窓口は対面相談の予約窓口です。)

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

LINEで相談できるのは非常に画期的ですよね。

スマホからなら、仕事や家事の合間にも気軽に相談することができます。

弁護士と直接対面で相談したいかたは電話予約窓口から対面相談を予約しましょう。

こちらの予約窓口は24時間、有人で予約を取ることができるので安心です。

まずは、この窓口から弁護士への相談を検討しましょう。

会社をクビになりたくない!全国から頼れる弁護士を見つける

「逮捕されてしまったけど会社をクビになりたくない…」

お一人で悩んでいるだけでは事件は解決しません。

ご自身やご家族が加害者になってしまったら迅速に弁護士を選任しましょう。

そこで、

  1. ① 刑事事件に注力している
  2. ② 弁護士費用が明瞭である

という条件を満たす弁護士を地域別に集めました!

以下から、ご自身が弁護士を探したい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼れそうな弁護士はみつかりましたか?

早い段階で弁護士を選任することが事件の結果へ影響することもあります。

こちらの検索窓口を参考にご自身にあった弁護士を探してみましょう。

最後に一言アドバイス

逮捕と会社対応についてみてきました。

最後に、一言アドバイスお願いします。

会社に逮捕が発覚しないためには一刻も早く事件を解決することです。

逮捕前、事件化する前に対処することも大切です。

ご自身やご家族が事件の加害者になったら、まずは弁護士に相談してください。

まとめ

「逮捕されると会社に連絡されるか?」などを中心にお送りしました。

逮捕後の会社対応について、新たに知ったことも多かったのではないでしょうか。

少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

もし、逮捕されて会社に逮捕が発覚してしまうか、など不安になったらご紹介した

スマホで無料相談

で今すぐ弁護士に相談してみましょう。

スマホで相談を送信できるので気軽に相談することができますよね。

実際に弁護士に依頼する際には、

全国弁護士検索

を利用してご自身にぴったりの弁護士をみつけましょう。

また、このサイト内には、強制わいせつ罪についてのコンテンツがたくさんあります。

本記事以外で、強制わいせつ罪に関して知っておきたい情報は『強制わいせつで前科をつけずに解決するための対処法と手続きの流れ』にまとめているので、興味がある方はご覧ください。

さらに、関連記事も要チェックです!