全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

[PR]逮捕されてしまった…懲戒解雇を避けるために、今すべきこと。

  • 逮捕,懲戒解雇
  • 30

刑事事件・逮捕についてお悩みの方へ。

このページでは、「解雇されないようにするための弁護活動」や「弁護依頼した場合のメリット」について調査した結果を報告しています。

弁護士の無料相談情報も掲載中です。

※当ページの内容はアトム法律事務所より寄稿された情報をもとに編集されたものです。

逮捕・勾留されても会社から解雇されないためには!?(アトム法律事務所の場合)

先生!もし、逮捕・勾留されても会社から解雇されないなんてことはあるんですか?
はい、弁護士が適切な対応をとったことで、解雇を免れ復帰できたというケースはたくさんあります。
ほんとですか!
いざというときはよろしくお願いします!!

逮捕・勾留された場合に解雇されないためにはどのようにするべきか?

最善の策としては、弁護士を早期に選任し、適切な対応を会社に対して取ってもらうことが一番だ。

では、弁護士に依頼した場合には、どのような活動をしてくれるのだろうか?

アトム法律事務所では、選任された弁護士は、まず会社に迷惑をかけないように、報告・連絡を徹底する。

また、事件のことを必要以上に話さず、話す人や話す範囲を最小限に留めて悪い結果を招かないように全力を尽くしている。

もちろん、依頼者が望まない事項については、徹底して守秘義務を守って報告を拒否します。

そして、会社への連絡・報告だけでなく、可能な限り不起訴処分獲得を目指した弁護活動を行います。

≪解雇されないようにするための具体手的な弁護活動≫

会社に迷惑をかけないように、報告・連絡を徹底する
従業員が逮捕されると、当然、その会社はこまります。逮捕・勾留中の弁護活動だけでなく、釈放後のスムーズな社会復帰を実現することも弁護士の大切な仕事であるため、被害者が釈放後に会社に戻りやすいように、関係者への報告や連絡を徹底するように心がけています。
事件のことは話さない。話すとしても最小限で。
もっとも、関係者への報告や連絡は、業務連絡に限ることになります。事件のことを関係者に話せば、罪名だけが独り歩きし、悪い結果を招きかねないからです。また、依頼者が話したくないことも、守秘義務を徹底して、会社への報告を拒否します。
全力で不起訴処分獲得を目指し、告知書を取得する
事件の弁護に関しては、可能な限り不起訴処分を目指すことになります。不起訴処分になれば、逮捕・勾留されていたとしても、依頼者に「前科」は付かないので、スムーズに職場復帰できる可能性が大いに高まります。会社に不起訴を証明するために不起訴処分告知書という書類を取り寄せ、依頼者に交付することになります。

弁護士が会社対応した場合のメリットは!?

では、弁護士が会社対応した場合のメリットって何かほかにありますか?
はい、もしマスコミに公表されても、弁護士が対応すれば、家族等の方が取材の負担を負うことはありません。
なるほど!弁護士に依頼した場合には依頼者だけでなく、その周りの人もメリットを享受することができるんですね。

弁護士が会社対応した場合の具体的なメリットはなにか?

上記にもあるように、弁護士が会社対応することで、守秘義務を理由に必要以上の事情を報告せずに済むことになるんだ。

家族が対応した場合には、会社から説明を強要され、説明せざるを得ないような状況にさせられるかもしれない。

しかし、弁護士であれば、職務上の「守秘義務」を理由に、相手に怪しまれることなく、こちらが伝えたい事情だけを伝えることができる。

また、事件がマスコミに公表された場合には、弁護士が対応することで、家族や会社に無駄な負担を負わせずに済む。

将来的にスムーズな社会復帰を考えているなら、なるべく復帰前から迷惑をかけないように心がけることが重要となるから、より迅速に弁護士を通じて工夫することが大切だ。

弁護士による会社対応の依頼
した場合のメリット 「守秘義務」により必要以上のことを会社に伝えない
取材の窓口などを弁護士に一本集中させ、会社や家族に負担を負わせない
しなかった場合のデメリット 必要以上の説明を家族に強要される可能性がある
マスコミの取材を家族や会社の人が対応することで負担が生じる

逮捕された時の懲戒解雇の相談なら弁護士にお任せ!

逮捕された時の懲戒解雇の相談なら弁護士にお任せ!

ここまでで、逮捕された時の懲戒解雇の一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?逮捕された時の懲戒解雇について、編集部の徹底調査の結果をお届けしてまいりました。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。