全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【弁護士特集】24時間受付可|大麻事件の無料相談はネットで

  • 大麻,弁護士
  • 50

【弁護士特集】24時間受付可|大麻事件の無料相談はネットで

自宅の一室でひっそりと大麻を栽培…そんなニュース、聞いたことないですか?

自分で使用するため?

販売目的?

意外に大学生が逮捕されているケースも多いようですね。

もし、家族がそんな事件に巻き込まれて逮捕されたら、どんなことを考えますか?

「いつ釈放になるのか…」

「前科が付かない方法はあるのか…」

「絶対無罪を主張したい…」

こんなとき、一番困るのが、実は弁護士探しなんです。

  • 24時間日曜日でも有人対応の受付窓口が知りたい!
  • ネットで弁護士に無料相談したい!
  • 無料相談をしてる弁護士を地元で探したい!

私たち編集部は、そんなお悩みにお応えします!

「大麻の栽培、営利目的栽培事件を解決に導いてくれる弁護士特集」をお届けします。

では、さっそく、その特集内容をチェックしていきましょう。

大麻栽培で逮捕…47都道府県の厳選された弁護士を検索してみよう!

大麻栽培で逮捕...47都道府県の厳選された弁護士を検索してみよう!

知りたい!弁護士の探し方

大切な家族が大麻の栽培、営利目的栽培事件で逮捕されたら、どうしますか?

どこに弁護士がいるのか、どうやって探せばいいのか…

初めての経験なら誰だって戸惑いますよね。

「大麻事件で頼れる弁護士が地元にいるのか知りたい!」

そんな声にこたえるのが今回の特集なんです。

47都道府県から弁護士を厳選してみた

私たち編集チームは、お困りの方のために、全国の弁護士を地域別にまとめてみました。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏からピックアップ!

さらに、北は北海道、南は沖縄まで、47都道府県すべての中から弁護士を厳選しました。

こちらの全国弁護士検索を使って、地元の弁護士を確認してみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがでしょうか?

地元の弁護士を探すのにかかる時間はなんと、たったの5秒

ヒットした弁護士をチェックしてみてください。

  • 日曜日も対応している弁護士は?
  • 24時間受付している弁護士は?
  • ネットで無料相談できる弁護士は?

いろんな視点で見ることができますね。

ところで、みなさんは今、日本には何人の弁護士がいるかご存知でしょうか?

ちょっと、こちらをご覧ください。

日本弁護士連合会が発表しているデータによると、その数なんと約4万人!(2016年3月現在)

この中から、大麻の栽培、営利目的栽培事件に力を入れている弁護士を探すには、どうすればいいのでしょう。

ネットで探すにしても、電話帳で探すにしても、骨が折れますね。

早く弁護士にたどり着かないと、時間は刻々と過ぎていきます…

安心基準をクリアした厳選弁護士です

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載しています。

その基準はこうです。

大麻の栽培、営利目的栽培事件などの刑事事件に力を入れている弁護士であること

ホームページに弁護士費用をハッキリと掲載している弁護士であること

今スグ弁護士を必要としているあなたにこそ、最短で弁護士にたどりついていただきたいのです。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【3点解説】大麻栽培の逮捕事件、弁護士費用はいくらかかる?

【3点解説】大麻栽培の逮捕事件、弁護士費用はいくらかかる?

弁護士費用はいったいいくらかかるのでしょうか。

はじめて弁護士に相談するとなると、費用の点が不安ですよね。

でも、正しい知識をもっていれば、落ち着いて弁護士を選ぶことができます。

以前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が定められていました。

ところが、ルールが改められ、弁護士は弁護士費用を自由に設定できるようになりました。

ここでは、弁護士費用についての基礎情報をまとめておきたいと思います。

1.弁護士費用の基礎、大麻栽培事件の「着手金」とは

まずは、「着手金」のお話から。

着手金とは何かご存知でしょうか?

これは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも支払うことになります。

調べてみると、「20万円~」や「30万円~」という設定をしている弁護士もいるようですね。

大麻の栽培、営利目的栽培事件などの刑事事件ではどうでしょうか。

60万円~」を基本設定としている弁護士も多数いるようです。

2.弁護士費用を解説、大麻栽培事件の「成功報酬」とは

つぎに、「成功報酬」についてお話しましょう。

成功報酬は、弁護活動の成果に対して支払うお金です。

大麻の栽培、営利目的栽培事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって異なるのが一般的です。

つまり、どんな結果で事件が終結したかで金額が変わるということになります。

ホームページで料金設定を公開している法律事務所も多いので、まずはそちらを参考にしてみてください。

3.大麻栽培の弁護士費用、「実費・日当」って必要なの?

弁護士費用は弁護士、法律事務所によってさまざまであることをご説明してきました。

「実費・日当」についても、くわしくホームページなどで説明してくれている法律事務所は親切ですね。

どんな名目で、どのくらいの弁護士費用が必要になるのか。

相場感をつかむためにも、まずは問い合わせてみるところから始めましょう!

【実例より】大麻栽培事件を解決へ導く3つの弁護活動

【実例より】大麻栽培事件を解決へ導く3つの弁護活動

大麻の栽培、営利目的栽培事件を弁護士がどのように解決に導いていくのか。

具体的な弁護士の活動について、ご覧いただきましょう。

本日は、解説者として、特別ゲストをお呼びしています。

刑事弁護の専門家である弁護士の岡野武志先生です。

大麻の栽培、営利目的栽培事件の弁護活動の実態について、くわしく解説していただきたいと思います。

弁護士の岡野です。

私がこれまでに取り扱ってきた大麻事件の弁護活動の経験裁判事例をもとに解説していきたいと思います。

よろしくお願いします。

刑事事件の流れ(逮捕・勾留された場合)

1.釈放求ム!逮捕から釈放されるまで

まず、刑事事件の流れについて整理したいと思います。

大麻の栽培、営利目的栽培事件で逮捕されたとき、その後の流れはどうなっていくのか?

ニュースをみていても、実際のところ、逮捕されたその後の流れはわからないですよね。

警察に連れて行かれて、取り調べを受けて…その後は?

取り調べもどんな様子なのか、気になりますよね。

警察に逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

そして、釈放の有無が検討されるのです。

「釈放なし」となった場合、しばらく留置場での生活を強いられることになります。

反対に、検察官が取り調べをした後、釈放が許される場合もあります。

営利目的の大麻栽培を疑われると、合計20日間の勾留(こうりゅう)が決定されてしまうのが実務の運用です。

さらに、容疑を否認していると、一般人との面会を禁止されることも予想されます。

もっとも、弁護士を選任すれば、一日でも早い釈放を目指した弁護活動を行うことができます。

有罪にする証拠が不十分な場合は、公訴の提起を阻止する活動をします。

つまり、刑事裁判を回避する「不起訴処分」を目指します。

勾留されている間に不起訴処分が決まると、釈放になります。

営利目的の大麻栽培の場合、起訴され有罪になれば初犯でも数年の実刑になる可能性があります。

刑務所に入らず社会復帰するには、不起訴処分獲得を視野に入れた弁護活動を行う必要があります。

逮捕され、そのまま勾留されると会社解雇学校退学の可能性が出てきますね。

社会生活に重大な支障をきたすことになりますので、一刻も早く弁護士に相談したいところです。

一人で事件に向き合うのも限界があります。

ここは専門家の手を借りましょう。

2.私に前科が付く…弁護士が回避してくれる?

では、「前科が付くのを避けたい!」という要望に弁護士はどう対応してくれますか?

自分の経歴に傷がつく、そんなことが頭をよぎります。

大麻の事件で前科を回避することはできないのでしょうか。

前科を付けないために、取るべき選択は2つあります。

①検察官から不起訴処分を獲得する

②裁判官から無罪判決を獲得する

この2つです。

日本の刑事司法の場合、無罪判決の獲得は統計上約0.1%と大変ハードルが高いです。

一方、不起訴処分の獲得は比較的容易なため、まずは不起訴処分の獲得を目標とします。

証拠不十分、嫌疑不十分により事件が不起訴処分で終わることもあります。

また、証拠により犯行が認定されても、まだ望みはあります。

検察官は被疑者の境遇や犯罪の軽量・情状、犯罪の情況を考慮してくれることがあります。

その結果、「起訴猶予」として検察官は事件を不起訴処分で終結させることがあるのです。

前科をつけないためにも、早期に弁護士を選任し、弁護プランを立てることが大切です。

不起訴処分を獲得すれば、前科が回避できるわけですね。

無罪判決を目指すとなると、絶望的な確率ですね…

起訴されずに終わる、これが一番だと思います。

もちろん、事件によっても進む方向が違うかもしれませんので、よく弁護士と相談する必要がありますね。

3.私、無罪なんです。弁護士が代弁します

無実の罪で大麻の栽培、営利目的栽培の犯人にされてしまうということも考えられます。

いわゆる冤罪(えんざい)です。

冤罪事件はニュースでもよく取り上げられますね。

「犯人ではないのに、犯人扱いされる」

これはあってはならないことです

でも、一人で捜査機関と向き合うのはとても勇気がいることです。

とてつもなく大きなエネルギーがいります。

一度、容疑をかけられると無罪を獲得するのは容易ではありません。

警察は、被疑者を「犯人として」取り調べをおこないます。

捜査の中である程度証拠が固まれば、仮に真実は無罪でも逮捕状が出されます。

そして、警察署の留置場に勾留されてしまう可能性があるのです。

誤認逮捕を回避し、身体拘束の負担を負うことなく無罪を主張するには次のことが大切です。

黙秘権を適切に行使すること

②調書にサインすることを拒否する権利を適切に行使すること

③内容がおかしい調書につき、内容変更を申し立てる権利を適切に行使すること

これらを念頭におき、取り調べを受けるようにします。

一人で立ち向かう前に、頼りになる弁護士を味方につけることをお考え下さい。

事実無根でも、厳しい取り調べには屈してしまう可能性もありますよね。

そんなときでも、弁護士がサポートしてくれるなら心強いと思います。

黙秘権などの権利があっても、それを使えなければ意味がありません。

いつも弁護士に相談できる環境があれば、過酷な取り調べも乗り切れるかもしれませんね。

最後に1点アドバイス

それでは最後に、1点、アドバイスをお願いします。

大切な家族や友人がある日突然、大麻事件で逮捕されたら、どうするべきか。

まず、助けを呼びましょう。

すぐ弁護士にご相談ください」が私の回答です。

道で人が倒れていたら、まず救急車を呼びますよね。

専門家である医師の助けが必要だと思うからです。

大麻の栽培、営利目的栽培事件の場合はどうでしょうか。

これも同じだと思います。

すぐ専門家である弁護士にご事情をお聞かせください。

初期対応が適切であれば、傷口は最小限におさえることができるでしょう。

どうか迷わずに、私たち弁護士にご相談ください。

まとめ

「大麻の栽培、営利目的栽培事件に力を注ぐ弁護士特集」をテーマにお送りしてきました。

いかがでしたか?

大麻の事件は、自分が気づかないうちにすぐそこまで迫っているかもしれません。

一人で悩まずに弁護士無料相談を利用していただきたいと思います。

どんな弁護士が対応してくれるのか、対面で相談を受けたい方には弁護士検索が便利です。

すぐ足の運べるところに弁護士がいることをご確認いただけます。

大麻事件のことをもっと知りたい方は、関連記事もご覧ください。

それでは、以上、編集部からの特別企画でした!