close×

傷害罪の示談金の相場2017、示談書にズームイン!示談しないと…

  • 傷害,示談
  • 170

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

あなたが、あなたのご家族・ご友人が、傷害事件の加害者だったとします。

弁護士の先生に弁護をお願いしたら、「被害者と示談しましょう」と言われました。

…でもそもそも、示談ってなあに?

示談金50万円…なんて聞いたことあるけど、示談金の相場ってそんな高いの?

示談書の書き方は?示談しないとどうなる?

疑問や不安でいっぱいになることでしょう。

でも、大丈夫!

ここでは、傷害罪の示談について、徹底調査の結果を大公開しています。

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみの弁護士、岡野武志先生にお願いしましょう!

よろしくお願いします。

傷害罪の示談について、最新の動向も押さえながら、示談金の相場なども紹介していきます。

今回の調査では傷害罪の示談について調べてみました!

傷害罪の場合でも示談さえできれば大丈夫な気がしますよね?

でも実際には相手に示談を拒否されてしまうことも多いようです。

私もむかし他の人と喧嘩になって困ったことがあったなー。

いろいろと昔話を思い出してしまいました。

傷害罪の示談とは

傷害罪の示談とは

ところで、示談、示談、っていうけれど、示談っていったいどういう意味?って思いますよね〜。

まずは基本に立ち返って、示談の意味を調べてみました。ちなみに、示談は「じだん」って読みます!

傷害罪の示談とは、傷害罪によって生じた賠償金をめぐるトラブルを、傷害罪の加害者と被害者の合意をもって解決することをいいます。

示談書の作成は、示談の成立の必要条件ではありません。

しかし、その後のトラブル(示談が成立した、しないの言い合い)を防ぐためにも、示談書を作成することが大切です。

要は、示談って二人で仲直りするってことですね。

まとめ

傷害罪の示談とは

示談書ありの示談 示談書なしの示談
意味 賠償金をめぐるトラブルが加害者と被害者の合意をもって解決した
有効性 有効に成立 有効に成立
→ただしトラブル再発防止の観点から危険

示談成立の効果は?

で、示談が成立したらどうなるかは気になるところですよね。

示談が成立して全部なかったことになるなら、傷害罪は意味がなくなりますよね。実際のところはどうなんでしょう。

傷害罪の示談が成立したということは、傷害罪によって生じた賠償金のトラブルが当事者間の合意によって解決したということを意味します。

示談が成立すれば、傷害罪の加害者は、被害者に対して、示談金を支払い、その他の示談の条件を履行する義務を負います

傷害罪の被害者は、加害者が示談の条件を履行しない場合は、成立した示談書を証拠として、その後の民事手続きを有利に進めることができます。

なるほど。そういうことなんですね。

まとめ

示談成立の効果は?

加害者側 被害者側
意味 賠償金のトラブルが当事者間の合意によって解決した
示談金 支払い義務が生じる 受け取る権利が生じる
示談条件 履行する義務が生じる 履行を強制する権利が生じる

加害者側の示談のメリットは?

これを読んでるあなたは、傷害罪の加害者ですか?被害者ですか?

まずは傷害罪の加害者側のメリットから見てみましょう。

傷害罪の示談にはどんな効果があるのか。加害者の人にとっては、思わず期待してしまうところですよね。

傷害罪の示談が成立すれば、傷害罪の加害者は、その後の刑事手続きにおいて、示談が成立しなかった場合と比べて有利に取り扱われます。

具体的には、刑事裁判にならない可能性や、不起訴で前科がつかない可能性が高まります。

示談が成立したことで、軽微な傷害事件であれば不起訴になることも多く、傷害罪の前科がつかないメリットは大きいです。

やっぱり、示談の成立は加害者にとって有利になるということなんですね。

刑事裁判にならなかったり、前科がつかなかったりすれば、いろいろと安心できますよね。

特に、加害者本人もそうですが、ご家族の方が安心できるのではないでしょうか。

まとめ

加害者側の示談のメリットは?

加害者側のメリット
刑事裁判への影響 刑事裁判で加害者側に有利に考慮される
前科との関係 不起訴になり、前科がつかない可能性もある
賠償金との関係 示談金の支払いで賠償義務を免れる

被害者側の示談のメリットは?

では、被害者側のメリットはなんなんでしょう。

お金を受け取れるとしても、示談の方が示談金が高くなるとうことがあるのかな。

でも、普通は裁判をした方が示談金が高くなりそうですよね。

傷害罪の示談が成立すれば、傷害罪の被害者は、民事裁判などの面倒な手続きを経ることなく、賠償金を受け取ることができます。

もっとも、示談の成立と同時に賠償金を受け取らなければ、その後に加害者に逃げられてしまうリスクもあるため、注意が必要です。

加害者に逃げられてしまった場合は、賠償金を受け取るためには、示談書を証拠として民事裁判などの手続きを取る必要が出てきます。

そっかー。示談金が高くなる、安くなるというよりも、面倒な手続きが不要で示談金を受け取れるという点でメリットがあるわけなんですねー。

示談金をしても加害者に逃げられてしまうリスクがあるというのは驚きです。

民事裁判をするときは示談書が重要になるようなので、みなさん、示談書はしっかりと保管するようにしましょう。

まとめ

被害者側の示談のメリットは?

被害者側のメリット
刑事裁判への影響 なし
前科との関係 なし
賠償金との関係 早期かつ確実に賠償金を回収することができる

傷害罪の示談に関するQA

傷害罪の示談に関するQA

傷害罪の示談金の相場は?初犯の場合の相場は?

傷害罪の示談金の相場なんて、普通は知らないですよね。

僕が知っているのは、メルカリの相場くらいです笑。

相場って、何気に専門的というか、その取引をよく知っている人しか知らないことなので、実体験を知りたいとことですよね。

傷害罪の示談金の相場は、ケースによってさまざまです。

初犯の傷害罪だからといって示談金が安くなることはあまりなく、傷害罪によって生じた結果の大小や、被害者の処罰感情によって金額が左右されることが多いです。

傷害罪の被害がそれほど重たくない場合は、10万〜30万円程度の示談金でまとまるケースも多いです。

傷害罪の被害者の側としても、実際に治療に要した金額に加えて、一定の慰謝料を貰えれば、誠意が伝わったとして満足するケースが多いからです。

これに対して、傷害罪によって生じた損害が重たい案件に関しては、示談金が100万円を超えることも珍しくありません。

後遺障害が残るようなケースだと、実際に民事裁判になれば数千万円から一億円以上の損害賠償が認められることもあります。

そのため、当事者の話し合いでまとまる示談においても、示談金の金額が高くなる傾向にあります。

刑事事件としての傷害罪の場合は、加害者が刑務所に入ってしまえば、いくら民事裁判で損害賠償が認められたとしても、実際に賠償金を回収するのは困難です。

賠償金の回収を重視する被害者の方は、民事裁判で認定される可能性がある賠償金の金額よりも安い金額で示談してしまうのも一つです。

示談であれば、「示談金を実際に受け取ってから示談書を作成する」という前払いの方式を取ることが可能で、お金が回収できないリスクを回避することができるからです。

おおおおお。示談金の相場はいろいろですが、100万円を超えることもあるっていうのは驚きですよね。

ただ、実際に重たい傷害を負った被害者の方からすれば、100万円であっても示談金としては足りない、というのが心情ですよね。

一億円などの賠償金になった場合はどうするのでしょうか。

裁判でなく、示談で解決できるのであれば、示談で解決した方が良さそうですよね。

まとめ

傷害罪の示談金の相場は?初犯の場合の相場は?

軽微な傷害罪 重大な傷害罪
示談金の基準 ①傷害結果の大小
②被害者の処罰感情
示談金の相場 10万〜30万円程度が多い 100万円を超えることもある

示談拒否で、傷害罪の示談に応じない場合は?

示談を申し入れたのに示談に応じてもらえないなんて、不安な気持ちになりそうですね。

そういう場合、どうなるのかしっかりと把握しておく必要がありそうです。普通の人はそんなこと知らないですもんね。

傷害罪の加害者が示談に応じない場合、被害者としては、自らが傷害罪で被った損害を取り戻すためには、自らで法的な手段を取る必要があります。

まずは、傷害罪の加害者に対して、内容証明郵便で傷害罪にもとづく損害賠償を請求してみるなど、何らかのアクションを起こしてみましょう。

もし加害者がそれでも示談を拒否する場合は、傷害罪で被害を被ったことを理由とした民事裁判民事調停を起こすことも可能です。
ただし、たとえ傷害罪で被害を被った場合であっても、民事の手続きで弁護士を立てる場合は、自らで弁護士費用の大半を負担する必要が出てきます。

これに対して、傷害罪の被害者が示談に応じない場合、加害者としては、刑事手続において刑罰が重たくなるリスクを負います。

具体的には、示談が成立すれば不起訴になったのに示談が不成立だったから罰金や刑事裁判になるリスクがあります。

また、示談が成立すれば執行猶予になったのに示談が不成立だったから実刑になるリスクを負うことになります。

また、傷害罪の被害者が示談に応じない場合、加害者は、刑事手続が終わった後も、傷害罪により損害を与えたことを理由とする民事の損害賠償責任を負い続けることになります。

思ったよりも厳しい結果ですよね!

被害者としては、相手が示談に応じないのであれば、なかなか大変なことになりそうです。

加害者としても、刑罰が重たくなる可能性があるので大変ですよね。

これを読む限りは、加害者も被害者も示談をした方が良さそうな気がしますよね。

まとめ

示談拒否で、傷害罪の示談に応じない場合は?

加害者 被害者
取り得る手段 特になし ①内容証明郵便で請求
②民事裁判
③民事調停
メリット 特になし 加害者に対して厳罰を求めることができる
デメリット ①刑罰が重たくなるリスクを負う
②民事の損害賠償責任を負い続ける
早期に賠償金を得られない

傷害罪で示談しない場合は?

傷害罪を起こしてしまったけど、相手から「示談しない」と言われて困っている人も多いんじゃないですか?

もしかしたら、傷害罪の被害者側でも示談しないという決意を決めている人は多いかもしれませんね。

では、示談しなかった場合はどうなるのでしょう。そんなこと、普通は考えたことがないですよね。

傷害罪の示談をしない場合、傷害罪の加害者は、その後の刑事手続において、示談が成立した場合と比べて重たい処罰を受けるリスクを負います。

また、傷害罪の示談をせずに刑事処罰を受けたとしても、傷害罪の加害者は、傷害罪によって相手に与えた損害につき、引き続き損害賠償責任を負い続けることになります。

これに対して、傷害罪の被害者としては、傷害罪の示談をしないで刑事手続きが終わった場合でも、引き続き、加害者に対して損害賠償を請求し続けることができます。

示談金の金額や示談の条件に納得がいかない場合は、傷害罪によって被った損害につき、民事裁判や民事調停などの法的な手続きをとって、傷害罪の加害者に賠償を求めるのも一つです。

ただし、傷害罪の加害者が刑務所に入ってしまった場合は、賠償金の回収が困難なので注意が必要です。

示談しないなら示談しないでいろいろと大変そうなことが分かりました笑。

さて、あなたはこれを知って示談しますか?示談しませんか?僕なら、どうしよう。

そんなの、実際の事件に直面しないと分からないですよね。

まとめ

示談しない場合のメリット・デメリット

加害者 被害者
メリット 特になし 加害者に対して厳罰を求めることができる
デメリット ①賠償責任を負い続ける
②刑事処罰が軽くならない
早期に賠償金を得られない

傷害罪の示談書の書き方は?

示談書の書き方なんて、普通は知らないですよね。

僕なんか、示談書だけでなく領収書の書き方もわからないです笑。

示談書があるか、ないかは重要なようなので、傷害罪の示談書の書き方については、しっかりと勉強しておきたいところです。

傷害罪の示談書の書き方は、通常の示談書の書き方と同様です。

示談書の冒頭で、傷害事件が起こった日時・場所、傷害罪の加害者と被害者の氏名などを記載して、事件の内容を特定することになります。

また、傷害罪の示談書には、示談金の金額やその支払い方法を記載します。

示談書の作成は、加害者と被害者の双方がサインをすることで完了します。

示談金の一括払いが難しい場合は、示談金の分割払いの合意を結ぶことも可能です。

傷害罪の示談書に、「被害者は加害者のことを許す」旨の宥恕条項(ゆうじょじょうこう)を設けた場合は、その後の刑事手続きで、加害者に有利に考慮されます。

なるほど。事件を特定したり、金額や支払い方法をしっかりと書くことが大切なんですね。

でも、相手にそんな書類を見せるのはやりづらいなー。

でも、だからこそ大切ってことなんですよね、きっと。すごくストレスがかかる作業っぽいので、合わない人は弁護士さんに依頼した方がいいかも笑。

まとめ

傷害罪の示談書の書き方は?

書き方 要否
事件の特定 傷害事件が起こった日時・場所、傷害罪の加害者と被害者の氏名などを記載する 示談書の必要条件
示談金の記載 示談金の金額と支払い方法を明記する
署名 被害者と加害者が双方サインする
宥恕条項 加害者を許す旨の文言を書く 任意

傷害罪の示談の流れや示談の方法は?

示談の流れは、今まで示談とかしたことがない一般人にとっては気になるところです。

示談の流れが間違ってしまうと、相手といろいろトラブルになりそうじゃないですか。

スムーズに示談を成立させるためにも、示談の流れと示談の方法は押さえておきたいところですよね。

傷害罪の示談の流れは、通常の事件の示談の流れと同様です。

傷害罪の加害者が被害者の連絡先を知っている場合は、当事者同士で示談の話し合いを進めることができます。

示談成立の流れとしては、

①話し合い
  ↓
②示談条件の確定
  ↓
③示談書の作成
  ↓
④示談金の支払い
  ↓
⑤示談書にサイン

という流れを経ることが多いです。

これに対して、傷害罪の加害者が被害者の連絡先を知らない場合は、傷害罪の示談を進めるためには、弁護士を選任する必要があります。

弁護士を選任すれば、警察官や検察官から被害者の連絡先を聞くことができるケースが多いからです。

弁護士を選任した後の示談の流れとしては、弁護士が被害者と話し合って、示談が成立することになります。

連絡先を知っている場合と知らない場合とで、いろいろと異なる部分があるんですね。

連絡先を知らない場合は弁護士を立てる必要があるようなので、早めによい弁護士を見つけたいところですよね。

まとめ

傷害罪の示談の流れや示談の方法は?

加害者側 被害者側
相手の連絡先を知っている 自分で示談を進めることが可能 自分で示談を進めることが可能(※)
相手の連絡先を知らない 弁護士を選任する必要がある

※ただし、加害者の側から示談の申し入れがあるまで待つことも多い

傷害罪は示談すれば不起訴になる?示談しても起訴される?

示談が成立したら、不起訴になるのか、それでも起訴されるのかは、特に気になるポイントですよね。

特に傷害罪の加害者側の人は、この点がすごく気になるのではないでしょうか。実際のところはどうなんでしょう。

傷害罪は親告罪ではないので、傷害罪の示談が成立したからといって、必ず不起訴になるわけではないという点をまず理解する必要があります。

もっとも、傷害罪の被害がそれほど重たくない場合は、傷害罪の被害者と示談が成立すれば、起訴猶予による不起訴の可能性が高まります

被害者と示談が成立すれば、加害者を起訴する必要性が低くなるからです。

これに対して、示談しても起訴されるケースというは、傷害罪の被害が重たい場合や、凶器などを使っていて行為が悪質な場合などです。

ポイントは、傷害罪は親告罪じゃないので、起訴される場合も、不起訴になる場合もあるという点みたいですね。

親告罪っていうのは、示談が成立したら不起訴になる罪のようです。

この解説を読む限りは、何とかして起訴されたくない、不起訴にしたいのであれば、示談するしかないという感じですね。

まとめ

傷害罪は示談すれば不起訴になる?示談しても起訴される?

示談が成立
加害者のメリット ①賠償責任を免れる
②不起訴の可能性が高まる
加害者のデメリット 特になし
被害者のメリット 早期に賠償金を得られる
被害者のデメリット 加害者に対する刑事処罰が軽くなる

傷害罪の示談が不成立だった場合はどうなる?

では、傷害罪の示談が不成立だった場合はどうなるんでしょう。

示談が不成立な以上は、そのまま傷害事件になると思いますよね。

傷害罪の示談が不成立の場合は、傷害罪の加害者は、その後の刑事手続において、重たい処罰に課されるリスクを負います。

示談が不成立だった事実は、示談が成立している場合と比べて、傷害罪の加害者側に不利な事情として取り扱われるからです。

なお、示談が不成立だったとしても、傷害罪によって負わせた損害の賠償を完了している場合は、その限りにおいて、傷害罪の加害者側に有利な事情として取り扱われます。

これに対して、傷害罪の被害者は、傷害罪の示談が不成立である以上、刑事手続きが終わった後も引き続き、加害者側に対して、傷害罪によって負った損害の賠償を請求し続けることができます。

なるほど。傷害罪の加害者としては、示談が不成立な以上は、重たい刑罰を受けることになるわけですね。

であれば、重たい刑罰を与えたい被害者としては、示談をしない方がよいということなのでしょうか。

これに対して、傷害罪の被害者としては、損害賠償を請求することができるようです。

それはそうですよね。示談金をもらっていない以上は、当然のような気がしてします。

まとめ

傷害罪の示談が不成立だった場合はどうなる?

示談が不成立
加害者のメリット 特になし
加害者のデメリット ①賠償責任を負い続ける
②刑事処罰が軽くならない
被害者のメリット 加害者に対して厳罰を求めることができる
被害者のデメリット 早期に賠償金を得られない

なお、示談金の相場はこちらからかんたんに確認できるようにしておきました!

傷害の示談の相談なら弁護士にお任せ!

傷害の示談の相談なら弁護士にお任せ!

ここまで、傷害の示談について、岡野弁護士の解説と共にお送りしました。

これで一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-431-911無料相談予約

LINE無料相談
LINEで友だち登録ができます

facebook無料相談
直接メッセージが送れます

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

弁護士をさがす5秒で完了
都道府県からさがす

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

最後に弁護士からメッセージ

では先生、最後にひとことメッセージをお願いします。

傷害の示談でお困りの皆さん。

今後のことを考えると、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、刑事事件の解決はスピードとタイミングが勝負です。

落ち込んでいる暇はありません。

早い段階でご相談いただくことで、弁護士としてもやれることが増えます。

まずはとにかく、弁護士に積極的にご相談ください。

まとめ

今回は傷害罪と示談の関係について、専門家の先生からお話を伺いました。

傷害事件を起こしたとき、示談ってすごく重要なことなんですね。

まだまだ傷害罪のことで知らないことがありそう。

当サイト「刑事事件の弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で情報をしっかり押さえて

緊急時も安心なスマホで無料相談

全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。

総まとめ
示談が成立 示談が不成立
加害者のメリット ①賠償責任を免れる
②不起訴の可能性が高まる
特になし
加害者のデメリット 特になし ①賠償責任を負い続ける
②刑事処罰が軽くならない
被害者のメリット 早期に賠償金を得られる 加害者に対して厳罰を求めることができる
被害者のデメリット 加害者に対する刑事処罰が軽くなる 早期に賠償金を得られない

傷害/示談のまとめ

傷害の関連記事

示談の関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る