窃盗の検挙率は低い?日本の犯罪白書から自転車盗難などの推移を計算!

  • 窃盗,検挙率
  • 50

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

窃盗の検挙率は低い?日本の犯罪白書から自転車盗難などの推移を計算!

自転車や財布を盗んでしまった!

返却して謝りたいけど、その前に検挙されたりするのかな?

そんな疑問にお答えすべく、窃盗検挙率についてお届けします。

バイク窃盗自転車窃盗置き引き万引き車上荒らしまで、様々な窃盗の検挙率も個別にみていきましょう。

それだけではありません。

日本の都道府県における窃盗検挙率のランキングもご紹介!

あなたがお住まいの都道府県は、窃盗検挙率ランキングが高い?

それとも低いのでしょうか?

犯罪白書の最新版から、窃盗の検挙率に迫ります。

法的な解説については、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生にお願いしていきます。

よろしくお願いします。

窃盗は件数も大変多く、当事者となる方も多いことでしょう。

そんな方々の疑問にお答えすべく、しっかりと解説していきます。

窃盗の検挙率推移をみれば、日本の犯罪傾向も見えてくるかもしれません。

窃盗検挙率でお悩みのすべての方へ、たっぷりの統計データをご用意しました。

日本の犯罪白書からみる、窃盗事件の検挙率推移

日本の犯罪白書からみる、窃盗事件の検挙率推移

検挙率とは?その意味と計算方法

検挙率をみるまえに、そもそも検挙とはどんな意味なのでしょうか。

検挙の定義をまず押さえておきましょう!

検挙とは、捜査機関に犯罪の行為者が特定され、被疑者とされることをいいます。

犯罪をした人の特定だけですので、身柄を拘束される逮捕の有無は問いません。

よくニュースでも検挙という言葉を聞きますよね。

東京都内で乗用車を運転中に速度超過で検挙された(略)男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

このニュースでいえば、速度超過の行為者と特定された、という意味で検挙といわれています。

検挙や逮捕、摘発、確保の意味・違いなどについては、以下の記事をご覧ください。

その検挙件数を使って検挙率を計算していきます。

その計算方法がこちら。

検挙件数÷認知件数検挙率

ここでも新しい単語が出てきましたね。

認知とは、被害の届出などによって、警察から犯罪の発生を確認されることをいいます。

警察に認知された事件の件数が、認知件数です。

警察に確認された事件のうち、被疑者が特定されたのが何割程度か、というのが検挙率の意味です。

ではそんな意味と計算方法を頭に入れながら、日本における窃盗罪の検挙率推移を犯罪白書からみていきましょう。

財布を盗んでしまった!窃盗事件全体の検挙率推移をみる。

たとえば

財布を盗んでしまった!

という場合を考えてみましょう。

同じ財布の盗み方でも、置き引き車上荒らし等、態様は様々あります。

それぞれの統計も後で見ていきますが、まずはそれらを全む含めた、窃盗罪全体を見てみましょう。

まず2016年における窃盗罪の認知件数723,148件でした。

これに対し、検挙した件数208,646件でした。

ここから窃盗罪の検挙率を計算すると以下の表のようになります。

窃盗罪全体の検挙率
2016 数値
認知件数 723,148
検挙件数 208,646
検挙率 28.85%

※犯罪白書2017年版より

28.85%

なんと認知された件数の3件に1件しか検挙されていません。

窃盗の検挙率が低いといわれるのは、この点からだったのですね。

では前年である、2015年はどうだったのでしょうか。

窃盗罪全体の検挙率
2015 数値
認知件数 807,560
検挙件数 226,001
検挙率 27.99%

※犯罪白書2017年版より

こちらも27.99%と低い数値が出てきました。

窃盗は検挙することが難しいということが分かりますね。

では思い切って、平成に入ってからの検挙率を一挙にみていきましょう。

窃盗率全体の検挙率・平成まとめ
年号 検挙率
平成元年 41.74%
平成2 37.21%
平成3 32.83%
平成4 30.70%
平成5 34.93%
平成6 37.69%
平成7 37.39%
平成8 35.64%
平成9 35.22%
平成10 33.39%
平成11 29.37%
平成12 19.11%
平成13 15.71%
平成14 16.99%
平成15 19.41%
平成16 22.61%
平成17 24.87%
平成18 27.13%
平成19 27.64%
平成20 27.53%
平成21 27.67%
平成22 26.67%
平成23 26.54%
平成24 27.06%
平成25 25.97%
平成26 26.25%
平成27 27.99%
平成28 28.85%

※犯罪白書2017年版より

平成12年から急激に検挙率が低下し、その後徐々に回復してきていることが分かりますね。

平成28年と27年だけをみると低いと感じてしまっていました。

ですが、推移全体をみると、警察が奮起して検挙率を上げてきていることが分かります。

窃盗罪全体でみると、約3割の検挙率まで上がってきている。

では「窃盗の類型ごと検挙率」はどの程度なのでしょうか。

これも犯罪白書に詳細な記載がありました。

代表的な窃盗類型についてお伝えしていきましょう。

気になる自転車盗難の検挙率。高いのか、低いのか?

まずは自転車窃盗です。

自転車を盗まれたという話は本当によく聞きますよね。

自転車窃盗において、検挙率はどの程度なのでしょうか。

自転車窃盗の検挙率
2016 数値
認知件数 236,215
検挙件数 13,587
検挙率 5.75%

※犯罪白書2017年版より

なんと驚きの5.75%

20件に1件しか検挙されていないということですね。

とても低いと感じます。

2015年はどうだったのでしょうか。

自転車窃盗の検挙率
2015 数値
認知件数 260,530
検挙件数 14,103
検挙率 5.41%

※犯罪白書2017年版より

2015年も5.41%と大変低い水準ですね。

窃盗罪全体の認知件数が807,560件にもかかわらず、自転車窃盗の認知件数は260,530件

約3割が自転車窃盗であることを考えると、この検挙率が窃盗率全体の検挙率を下げていることが分かりますね。

とはいえ、警察も各種の対策を施しているそう。

街頭の監視カメラ増加などによって、これから検挙率が上がっていく可能性があります。

バイク窃盗の検挙率は?

では続いてバイク窃盗についてみていきましょう。

2016年では、バイク窃盗の認知件数が24,304件となっていました。

そのうち検挙されたのは、3,690件

これを基に検挙率を計算してみましょう。

バイク窃盗の検挙率
2016 数値
認知件数 24,304
検挙件数 3,690
検挙率 15.18%

※犯罪白書2017年版より

15.18%と、自転車窃盗まではいきませんが、低い検挙率です。

2015年のデータについてもみていきましょう。

バイク窃盗の検挙率
2015 数値
認知件数 35,486
検挙件数 3,994
検挙率 11.26%

※犯罪白書2017年版より

こちらは11.26%とさらに低い水準。

バイクに関しても、これから技術進歩と共に検挙率の増加が予想されるところです。

バイク窃盗の検挙率は1割強

電車で置き引き!車上荒らし!万引きの検挙率に迫る!

では、置き引き車上荒らし万引きなど、他の類型についても見ていきましょう!

置き引きの検挙率

置き引きとは、持ち主が近くに置いた荷物を持ち去ってしまう場合を指します。

電車の網棚に置いている荷物を、気付かないうちに持ち去ってしまうケースなどがあるようですね。

ではこのような置き引き犯の検挙率はどの程度なのでしょうか。

置き引きの検挙率
2016 数値
認知件数 33,754
検挙件数 8,235
検挙率 24.4%

※犯罪白書2017年版より

24.40%という結果でした。

4件に1件は検挙されているようです。

ニュースなどを見ると、電車内の置き引きは目撃者によって現行犯逮捕されるような場合も多いです。

ですがそれ以外にも公園のベンチから持ち去るなど、様々なパターンがあり、全体として検挙率が下がっているようです。

では2015年の統計についてもみてみましょう。

置き引きの検挙率
2015 数値
認知件数 36,632
検挙件数 7,995
検挙率 21.83%

※犯罪白書2017年版より

2015年も21.83%と同程度の検挙率でした。

5件に1件しか被疑者が特定できないということです。

この統計結果は、置き引き事件の多くが事件化しないままに終わっていることを指しています。

車上荒らしの検挙率

では次に車上荒らしについてみていきましょう。

窓ガラスを割って、自動車内の物を盗んでいくこの類型。

どのぐらいの割合で検挙されているのでしょうか。

車上荒らしの検挙率
2016 数値
認知件数 59,974
検挙件数 11,650
検挙率 19.43%

※犯罪白書2017年版より

2016年の検挙率は19.43%となりました。

これも20%を切っています。

ドライブレコーダーも、エンジンをかけていなければ作動していないことがほとんど。

監視体制が不十分であることが、検挙率が低い一因かもしれません。

2015年もみてみましょう。

車上荒らしの検挙率
2015 数値
認知件数 65,023
検挙件数 13,185
検挙率 20.28%

※犯罪白書2017年版より

2015年も20%を超えてはいますが、低い水準ですね。

車上荒らしは認知件数の5件に1件が検挙されるという結果でした。

万引きの検挙率

では最後に万引きの検挙率についてみていきましょう。

万引きはテレビでもよく取り扱われるほど、数が多い事件です。

万引きによって経営が立ち行かなくなった書店やスーパーなども聞きますし、深刻な問題となっているようですね。

この検挙率はどの程度なのでしょうか。

万引きの検挙率
2016 数値
認知件数 112,702
検挙件数 78,131
検挙率 69.33%

※犯罪白書2017年版より

2016年は、なんと69.33%と非常に高い水準です!

これまで見てきた類型と大きく異なりますね。

それでは2015年はどうだったのでしょうか。

万引きの検挙率
2015 数値
認知件数 117,333
検挙件数 82,557
検挙率 70.36%

※犯罪白書2017年版より

こちらはなんと70%を超えています!

万引きによって深刻な被害を受けた店舗側が、監視カメラや持ち出し禁止アラームなどを設置することで、被疑者が特定される件数が増えてきたのではないでしょうか。

テレビでよく見る万引きGメンの活躍も、ひと役かっているのかもしれませんね。

万引きの検挙率は約7割と、とても高い検挙率だった!

以上、窃盗罪の検挙率についてみてきました。

ですがこれらの統計は全国統計

ご自身の住む場所ではどうなのか、気になりませんか。

そこで続いては、窃盗罪の検挙率における都道府県ランキングをみていきましょう!

都道府県ランキング!窃盗事件の検挙率で東京は〇〇位だった!

都道府県ランキング!窃盗事件の検挙率で東京は〇〇位だった!

まずは基準として、日本の首都である東京をみてみましょう。

なお、統計データは社会生活統計資料2017年版からひいています。

調べたところ、検挙率のデータは2005年、2010年、2014年のものが見つかりました。

今回はこの3年分についてみていきたいと思います。

東京都における窃盗の検挙率
西暦 検挙率
2005 28.0%
2010 23.3%
2014 19.3%

※社会生活統計指標-都道府県の指標-2017 社会生活統計指標 より

東京都における窃盗の検挙率は2005年に28%を付けたあと、下降しています。

2010年に23.3%、2014年には19.3%と20%を切る水準まで来ていますね。

先ほどの表から2014年における全国の検挙率が26.24%であることを考えると、全国平均よりは低いようですね。

東京の2014年における窃盗検挙率は19.3%

では、2014年における窃盗検挙率ランキングをお伝えしていきましょう。

まずは「低いランキング」からです。

この順位が高いほど、窃盗犯を検挙できていないということになります。

検挙率の「低いランキング」(2014年)
順位 都道府県 検挙率
1 大阪府 11.8%
2 東京都 19.3%
3 兵庫県 20.9%

※社会生活統計指標-都道府県の指標-2017 社会生活統計指標 より

ご覧の通り、大阪府が1位となっていました。

2位に東京、3位に兵庫が来ていることからも、大都市ほど検挙率が低くなるということが推察されます。

人が多ければ犯罪も増えるといいます。

窃盗事件の件数自体が多いことと、巧妙化が進んでいることも理由の一つではないでしょうか。

では、逆に検挙率の「高いランキング」を発表していきましょう。

検挙率の「高いランキング」(2014年)
順位 都道府県 検挙率
1 島根県 61.4%
2 秋田県 58.0%
3 福井県 56.4%

※社会生活統計指標-都道府県の指標-2017 社会生活統計指標 より

栄えある1位は、島根県

なんと61,4%と、非常に高い検挙率になっています。

窃盗事件の3件に2件程度が検挙されるというのですから、大変高いといえるでしょう。

その後は秋田県、福井県という順番に続きます。

どれも5割越えですね。

なお、島根は2010年の統計でも1位、2005年の統計でも5位という結果でした。

窃盗の検挙率は、都道府県によって大きく異なる!

以上、窃盗の検挙率における都道府県ランキングでした。

ここまで、窃盗罪の検挙率についてみてきましたが、他の犯罪ではどうなのでしょう。

そこで次の章では、刑法犯全体の検挙率をみていきます。

そうすれば窃盗罪独自の特色というものが見えてくるのではないでしょうか。

窃盗だけじゃない!刑法犯全体の検挙率を犯罪白書から読み解く!

窃盗だけじゃない!刑法犯全体の検挙率を犯罪白書から読み解く!

刑法犯とは、刑法に規定された犯罪のことを指します。

刑法以外ですと、道路交通法や軽犯罪法違反などが考えられますが、今回は省いてあります。

では、過去10年分にわたって刑法犯全体の検挙率を見ていきましょう。

刑法犯全体の検挙率まとめ
西暦 検挙率
2007 31.7%
2008 31.4%
2009 31.8%
2010 31.0%
2011 30.8%
2012 31.2%
2013 30.0%
2014 30.6%
2015 32.5%
2016 33.8%

※犯罪白書2017年版より

全体を通して約3割ということができますね。

窃盗罪の検挙率も3割を少し切る程度でした。

ですが、この結果から

窃盗罪って全刑法犯と同程度の検挙率なんだ!

早まってはいけません

次の統計をご覧ください。

窃盗を除く刑法犯の検挙率まとめ
西暦 検挙率
2007 43.9%
2008 43.4%
2009 45.1%
2010 45.3%
2011 44.7%
2012 43.9%
2013 41.9%
2014 43.0%
2015 45.1%
2016 47.0%

※犯罪白書2017年版より

これは窃盗を除く刑法犯の検挙率です。

なんと10年間すべてにわたり、約45%程度となっています。

窃盗罪の検挙率が、全体の検挙率を大きく引き下げていることが分かりますね。

実は窃盗罪はとても件数が多い犯罪。

2016年において、刑法犯全体の認知件数が996,120件のところ、窃盗罪に認知件数は723,148件にも及びます。

なんと約72.6%が窃盗罪になる計算です。

以上をまとめると、以下のことがいえるのではないでしょうか。

まとめ

窃盗罪は、他の犯罪に比べて検挙率が低い!

以上、窃盗の検挙率についてお伝えしてきました。

窃盗で不安な場合は弁護士に相談!

窃盗で不安な場合は弁護士に相談!

確かに窃盗の検挙率は低いものでした。

ですが確率にすぎないため、窃盗をして逮捕される場合もあります。

窃盗について不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、弁護士に相談できる窓口をご紹介します。

スマホから相談する!

まずはスマホから相談できる窓口をお伝えします。

なんとあのLINEFacebookアプリから弁護士の無料相談を受けることができるんです。!

そんな窓口がこちら!

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

LINEやFacebookなら、24時間365日全国どこからでも相談を送ることができますよね。

しかも弁護士が直接、順次に対応してくれるので安心です。

また、この電話番号では弁護士との対面相談の予約までできるんです。

24時間無料で予約ができ、夜中でも専属スタッフが対応してくれるそうですよ。

不安なときはぜひ使ってみて下さい。

地元の弁護士に相談!

一方、近所で直接弁護士と対面で相談したいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

そんなときは下からお近くの弁護士を探してみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ここに掲載されているのは

ネット上で刑事事件の特設ページを持ち、刑事事件に注力しているか、

料金体系が明確であるか

という点からセレクトした弁護士事務所ばかり。

お近くの信頼できる弁護士事務所をぜひ探してみてくださいね。

最後に一言アドバイス

いかがでしたでしょうか。

最後に岡野先生からひと言アドバイスをお願いします。

検挙率はあくまで確率であり、検挙・逮捕されるかはケースによって異なります。

弁護士に早い段階で相談することで、逮捕や起訴を回避できる可能性もあります。

不安なときはすぐに弁護士にご相談ください。

まとめ

いかがでしたか。

窃盗の検挙率についてお伝えしてきました。

ですが具体的な事案について不安な方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方はぜひスマホで無料相談をしてみましょう。

弁護士からためになるアドバイスをもらえるかもしれません。

対面で相談したい場合は、全国弁護士検索でお近く弁護士を探してみるのもいいでしょう。

それ以外にも関連記事をご用意しましたので、ぜひご覧下さい。

ご不安が一日でも早く解消されることを祈っています。

目次に
戻る
TOPに
戻る