強姦の慰謝料の相場を解説|被害者からの慰謝料請求

  • 強姦,慰謝料
  • 170

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

2017年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

あなたやあなたの家族、友人が、旧強姦罪の加害者になってしまったとします。

被害者に、慰謝料を払うことになりました。

慰謝料の相場はいくらくらいでしょうか?

数万円?数十万円?数百万円?

ここでは、旧強姦罪の慰謝料についてレポートします。

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみ、弁護士の岡野武志先生にお願いしていきます。

よろしくお願いします。

旧強姦罪の慰謝料について、最新の動向もしっかり押さえながら解説していきます。

旧強姦罪の慰謝料とは

旧強姦罪の慰謝料とは

さて、今回は旧強姦罪と慰謝料について見ていきましょう。

まず、「慰謝料」とはそもそも何なのでしょうか。

旧強姦罪の慰謝料とは、旧強姦罪によって生じた精神的損害に対する賠償金のことをいいます。

慰謝料は、被害者の精神的苦痛に対して支払われる金銭ということです。

旧強姦罪とは関係が深そうですね。

まとめ


旧強姦罪の慰謝料とは

  旧強姦罪の慰謝料
意味 旧強姦罪によって生じた精神的損害に対する賠償金
賠償の対象 旧強姦罪によって生じた精神的損害

旧強姦罪の慰謝料に関するQA

旧強姦罪の慰謝料に関するQA

旧強姦罪の慰謝料の相場は?

では、旧強姦罪の慰謝料というのは、大体いくらくらいになるのでしょうか。

先生に聞いてみましょう。

旧強姦罪の慰謝料は事件によって様々で、旧強姦罪の慰謝料の相場を示すことは難しいと言えます。

その理由は、慰謝料は精神的損害に対する賠償金であり、被害者がどのような精神的損害を受けたかによって金額が決まることと関係しています。

また、民事訴訟ではなく示談で慰謝料を支払う場合、示談金の額は裁判所の判断ではなく加害者と被害者の合意によって決まりますから、更に大きく変動することがあります。

被害者側からすれば、民事訴訟で慰謝料を請求することは負担が大きく、判決で請求が認められた後も加害者が刑務所にいるなどして回収が容易でないケースが多いため、確実に受け取ることができる加害者側が現時点で用意できている金額で合意する動機があります。

一方で、加害者側は、起訴前に示談が成立し、被害者が告訴を取り消すと不起訴になる可能性が高まるため、起訴前は現時点で支払える最大限の金額で合意する動機があります。

このように、特に示談の場合、加害者が現時点で用意できる金額がいくらかということは事件によって大きく異なるため、相場を示すことは難しいのです。

事案によって、かなり幅があるという理解になりますね。

個別に事案を精査しないと、簡単に金額は導けないということです。

まとめ


旧強姦罪の慰謝料の相場は?

  旧強姦罪の慰謝料
慰謝料額の決まり方 被害者がどれくらい精神的損害を受けたかによって額が決まる
慰謝料の相場 事案によりけり

旧強姦罪の慰謝料請求権の時効は?

では、事件から何年たっても、慰謝料というのは請求できるものなのでしょうか。

旧強姦罪の慰謝料請求権の時効は、旧強姦罪の損害および旧強姦罪の加害者を知った時から3年、行為の時から20年です。

慰謝料請求権は、3年間行使しない時は、時効によって消滅するので注意が必要です。

旧強姦罪の慰謝料請求権の時効の進行は、請求、差押え・仮差押え・仮処分、承認によって中断します。

損害・加害者を知ったときから「3年」という基準。

それから、強姦事件から「20年」という基準。

この2つがあるということですね。

これは意識しておかないといけませんね。

まとめ


旧強姦罪の慰謝料請求権の時効は?

  旧強姦罪の慰謝料請求権
消滅の起算点 損害および加害者を知った時から 強姦行為の時から
消滅までの期間 3年 20年

旧強姦罪の慰謝料と示談の関係は?

では、「慰謝料」と「示談」の違いは何でしょうか。

どちらも、被害者が加害者からお金をもらうことですよね?

それぞれどういう関係で、どう違うのでしょうか。

ということで、これも確認しておきましょう。

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことをいいます。

実際のケースでは、慰謝料を支払うことで示談が成立するケースが多いです。

しかし、慰謝料の支払いはただの義務の履行なので、慰謝料を支払ったからといって必ず示談が成立するわけではない点に注意が必要です。

旧強姦罪の被害者は、旧強姦罪の加害者から慰謝料を受け取る権利を有します。

慰謝料の受け取りは権利の行使なので、慰謝料を受け取ったからといって必ず示談を締結しなければならないというわけではないのです。

慰謝料を支払うと示談成立、となるケースが多い。

しかし、慰謝料と示談はあくまでも別物。

だから、慰謝料を支払っても示談が成立しない場合もある。

こういうことですね。

まとめ


旧強姦罪の慰謝料と示談の関係は?

  慰謝料 示談金
意味 強姦による精神的損害に対する損害賠償金 強姦事件の賠償問題を解決するための金銭
受領の方法 示談をしなくても受け取れる 示談をしなければ受け取れない
受領の効果 慰謝料の請求権が消滅する(※) 賠償金の請求権が消滅する

※慰謝料請求権は消滅しても、その他の賠償請求権は存続します。

旧強姦罪慰謝料と未成年者の関係は?

強姦の加害者が未成年という場合も、ありますよね?

そういうとき、お金はどうするのでしょうか。

そんな大きな額を未成年が一気に支払うのは、難しいですよね。

未成年者であっても、旧強姦罪の慰謝料の支払い義務を負うというのが、法律の判断です。

慰謝料の支払い義務を負わない若年者は、民法上、自分の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていない者に限られます。

一般論としては、12歳から13歳未満程度と言われています。

したがって、未成年者であっても、旧強姦罪の慰謝料を支払う義務を負う場合があります。

未成年者に弁済の資力がない場合でも、慰謝料の支払い義務自体は負うことになるのです。

12,13歳を超えていると、法律的にはもう、慰謝料の支払い義務があるのですね。

事実として支払えないとしても、支払うべき義務は負っている、ということでした。

まとめ


旧強姦罪慰謝料と未成年者の関係は?

  支払い義務あり 支払い義務なし
能力 自分の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えている 自分の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていない
年齢 およそ12歳〜13歳以上 およそ12歳〜13歳未満

強姦の慰謝料の相談なら弁護士にお任せを

強姦の慰謝料の相談なら弁護士にお任せ!

ここまで、強姦の慰謝料について、岡野弁護士の解説と共にお送りしました。

これで一般的なことは理解できました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単です。

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

最後に弁護士からメッセージ

では、最後にひとことメッセージをお願いします。

強姦事件の慰謝料でお困りの皆さん。

今後のことを考えると、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、刑事事件の解決はスピードとタイミングが勝負です。

落ち込んでいる暇はありません。

早い段階でご相談いただくことで、弁護士としてもやれることが増えます。

まずはとにかく、弁護士に積極的にご相談ください。

まとめ

ここまで、旧強姦罪と慰謝料に関するレポートでした。

旧強姦罪の精神的損害に対しては、300万円ほど認められたケースがある。

でも、金額は一概にはいえない、ということでしたね。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で情報をしっかり押さえて

緊急時も安心なスマホで無料相談

全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。

総まとめ
  旧強姦罪の慰謝料 旧強姦罪の示談金
意味 旧強姦罪によって生じた精神的損害に対する賠償金 旧強姦罪の賠償問題を解決するための金銭
金額 強姦によって引き起こされた損害の程度に応じて 当事者の合意次第
慰謝料請求権の時効 損害および加害者を知った時から3年
時効成立後は? 慰謝料請求権は消滅する(※) 損害賠償請求権は消滅する

※慰謝料請求権は消滅しても、その他の賠償請求権は存続します。

目次に
戻る
TOPに
戻る