全国136事務所
無料相談のご案内 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

<強姦・強制性交の示談金相場>示談は加害者にどう影響するか完全調査

  • 強姦,示談

2017年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

被害者に謝罪をしてゆるしてほしい」「示談をして被害届を取り下げてほしい

強制性交強姦の加害者が、被害者にゆるしてもらいトラブルを解決する手段として、示談は非常に有効です。

当事者間での賠償問題が解決するだけでなく、逮捕や刑事処分を判断される際に、加害者側に有利な事情として考慮してもらえます。

このページでは、示談交渉の進め方や示談金相場、示談を結ぶ際の注意点について解説しています。

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみのアトム法律事務所の弁護士にお願いしています。

これから示談交渉を始める方も、今まさに示談でお悩み中という方も、こちらの記事をご覧ください。

よろしくお願いします。

強制性交・強姦の示談について、最新の動向も押さえながら、示談金の相場なども紹介していきます。

強姦・強制性交の示談とは?はじめてでも分かる示談の基礎知識

強制性交(旧強姦罪)の基礎知識まとめ

強制性交(強姦)とは一般に、同意なく暴力や脅しによって女性と性交する犯罪をいいます。

強制性交等罪(旧強姦罪)は刑法177条に規定されています。

第百七十七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、こう門性交又は口くう性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

刑法

先生に詳しい解説をいただきましょう。

強制性交とは、相手の承諾なく、反抗を著しく困難にする暴行又は脅迫を用いて性交等する行為とされています。

ただし、13歳未満に対しては、暴行や脅迫をしていなくても、性交等をしただけで強制性交になるとされています。

これは、13歳未満は性的な知識が乏しく、

  • 無抵抗な場合
  • 適切な判断が出来ない場合

にも、保護される必要があるからです。

強姦罪は2017年の刑法改正で強制性交等罪と改められ、法定刑もより重たいものとなりました。

現在では、強制性交等罪で有罪になると、原則5年以上20年以下の懲役刑が科せられます。

  • 前科がある場合
  • 被害者が複数の場合

などは、特に刑も重くなりがちです。

強姦では、初犯でも実刑になることが珍しくありません。

そのため、示談を成立できるかどうかが極めて重要となってきます。

強制性交・強姦罪は示談で解決できる?

示談」とは、事件を当事者間の話合いで解決することです。

示談が成立するとどのような効果があるのでしょうか?

示談が成立すると、民事的には慰謝料(賠償金)の問題が解決し、被害者は加害者にそれ以上の賠償金を請求できなくなります。

また、刑事事件としては、示談の中で被害者の許しを得る(宥恕)ことで処罰されずに済む、つまり不起訴になる可能性が高まります。

不起訴になると、前科がつかないで事件が終了します。

たとえ起訴後であっても示談が成立すれば執行猶予になる可能性がありますが、示談が不成立の場合実刑になるリスクが高いといえるでしょう。

  • 被害者の許しを得る

というのがポイントなんですね。

示談は被害者への償いを誠実に示す行為です。

被害者の被害回復のためにも、罪を認めるのであれば示談はしたほうがいいでしょう。

被害者側の示談のメリットは?

それでは、被害者にとっては示談をすることのメリットはあるのでしょうか。

強制性交・強姦の被害者は、その被害に対する慰謝料賠償金を請求する権利があります。

しかし、自ら相手に慰謝料を請求したり、裁判を起こしたりするのはとても大変です。弁護士を立てる場合は、自らで弁護士費用の大半を負担する必要も生じます。

時間と費用をつぎ込んで、苦労して裁判に勝っても、賠償金の回収がままならないケースもあります。

そこで、示談に応じることで、確実に賠償金を受け取ることができます。

事件から早く解放されることも大きなメリットです。

また、示談のなかで加害者に対して、今後接触をしないなどの事項を約束してもらうこともできます。

示談金を貰う、という行為に抵抗のある被害者も多いですが、決して悪いことではないですよね。

どうか一番自分のためになる選択をして欲しいです。

強性交等罪(旧強姦罪)の示談金相場に関する疑問にお答え!

示談金の基礎知識!慰謝料と何が違う?

示談の意味と効果を押さえたところで、次は示談金について見ていきましょう。

強制性交・強姦の「示談金」とは、事件を話合いで解決するにあたり、当事者間で支払うと決めたお金のことです。

ところで、示談金慰謝料って何か違うんでしょうか?

示談金とは、事件を解決するために支払う金銭をすべて合わせたものをいいます。

これに対して、慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償を意味します。

つまり、示談金とは、慰謝料だけでなくその他もろもろの損害や支払いを含めたお金の全体となります。

慰謝料はいろんなものが含まれた示談金の一部、ということですね。

とはいえ、強姦では、被害者に生じる主な損害は精神的苦痛です。 そのため、強姦の示談金の額は、被害者の精神的苦痛の大きさに連動するといえるでしょう。

強制性交(強姦)の示談金の相場をチェック

今度は、示談金の相場を見ていきたいと思います。

先生、強姦の示談金の金額は、どうやって決まるんですか?

強姦の示談金は、被害者の精神的苦痛の程度に応じて算定することが一般的です。

その際は、民事裁判で認められるような慰謝料の金額が目安となります。

  • 態様が悪質
  • 暴行・脅迫の程度が強い
  • 入通院を要する結果を生じた

このような場合には示談金も高額になりやすいです。

示談金は、加害者から被害者に一定の金額を示し、被害者がその金額で示談に応じるかどうかを決めるという方法をとることが多いです。

提示する金額は、

  • 加害者の資力
  • 強姦の態様

によって大きく変わりますが、数十万円以上となるケースが多いです。

重大事件では、処罰を軽減するために、事件を許してもらう必要性が高く、相場より高い金額で合意する傾向が強くなります。

反対に、確実な賠償金の回収と円満な解決の点から、相場よりもやや低い金額で合意することもあります。

  • 被害者がどの程度の苦痛を感じたか
  • 加害者がどれだけ支払えるか

という点を考慮して、示談金の金額を決めていくんですね。

とはいえ具体例を見てみないと、なかなかイメージしにくいでしょう。

実際にあった強姦事件の示談金を見てみましょう。

判例から強姦事件の慰謝料額をチェック!

事例

東京地判平成24年8月8日

神社の巫女として働く女性Vが更衣室に入ったところ、上司のAから「みんなに淫乱だって言いふらすぞ」などと言われ、さらに、AがVの身体にのしかかり押さえつけて、無理やり姦淫したという事例。

被害者Vは、その後メンタルクリニックに入院・通院をしました。

裁判所の認定では、事件と因果関係のある入院期間は1か月、通院期間は4か月とされ、治療費約117万が認められました。

さらに治療費とは別に

  • 入通院したことに伴う慰謝料130万円
  • 強姦事件の慰謝料として300万円

が認められました。

合計金額は、約547万円になります。

解説

この事例では、強姦事件の慰謝料の金額は300万円前後とされました。

また、入院・通院しているなどの事情が加わると賠償金額が増額されます。

ただし、かなり個別・具体的な事実関係をみたうえでの判断です。

そのため一律に300万円という訳ではありません。

事実関係により、賠償金額は大幅に加算されることもあれば、大幅に減算されることもあります。

弁護士に相談・依頼することで、弁護士が金額を適正に算定することができます。

被害者が示談に応じない理由の一つとして金額面で納得がいかないことがあります。

しかし、弁護士であれば、民事裁判を見据えた根拠を説明し、 被害者と示談成立することが可能となることがあります。

仮に民事裁判となった場合には、弁護士をつけて 民事裁判で適正な金額を争うこともできます。

強制性交・強姦事件の示談金一覧をチェック!

さらに、今回は、アトム法律事務所で今までに取り扱ってきたケースから、示談金の一覧を一部提供していただきました。

貴重な生のデータをご覧ください。

事件の概要示談金
ホテルで、飲食店で一緒に飲酒していた女性に対し、酔いつぶれたことから介抱と称してホテルに連れ込み、女性のズボンおよびパンティーを引き下げて強姦した事件。20万円
ラブホテルで、ホテヘル業者から呼び寄せたコンパニオンに対し、素股プレイ中に女性の意思に反して性器を挿入して強姦した事件。20万円
整体医院内で、女性に対し「1回だけでいいから」などと言い、押し倒してその乳房を舐め、ショーツの中に右手を入れ、膣内に指を挿入するなどしたが、女性に抵抗されたため強姦未遂に終わった事件。60万円
自宅で、大学生の女性に酒を飲ませ、反抗できないようにした上で強姦した事件。100万円
自宅を訪れた訪問販売員の女性を部屋に招き入れ、背後から抱きついて女性の乳房を揉むなどし、抵抗する女性をベッドに押し倒して乳房を舐め回し、その下着を引き下げて陰部をもてあそぶなどした強姦事件。100万円
ホテル客室内で、デリバリーヘルス嬢に対し、性的サービスでは満足できず、性行為を拒否する女性の両腕を押さえつけるなどして強姦した事件。200万円
歩道を通行中の女性に対し、背後から髪の毛をつかんで駐車場まで引きずって行き、押し倒して服の上から乳房をもてあそび、口淫させ、ズボンを下ろすなどしたが、女性が叫んで抵抗したため、強姦未遂に終わった事件。300万円
大学構内で、未成年の女子大学生を強姦した事件。350万円
自宅で、同級生の女性に対し、腕を掴み背後から抱きついて、帰宅しようとするのを妨害し、反抗できないようにした上で女性を全裸にし、友人と共に強姦した事件。500万円
自宅で、酔いつぶれて意識不明の状態になっている女性に対し、自分の陰茎を露出し、女性に覆い被さって強姦しようとしたが、女性の友人に発見されたため強姦未遂に終わった事件。1000万円

こうみると、20万円のものから1000万円のものまで、金額がずいぶんと違うんですね。

示談金は最終的にはお互いの合意で決まるもの、ということが良く分かります。

当サイトでは、様々な罪名の示談金一覧を簡単に確認できる検索機能を用意しております。他の犯罪の示談金もみてみたい、という方はぜひご活用ください。

法律の知識なしでは、事案に応じた示談金の適正な金額を判断することは難しいです。

示談交渉は素人判断で進めず、弁護士に相談しながら進めることが大切でしょう。

示談金の相場を押さえたところで、以下では示談書について見ていきます。

強性交等罪(旧強姦罪)の示談書に関する疑問にお答え!

示談書とは?

示談書とは、示談をする際にその証明として作成する書面です。

示談自体は口頭でもできますが、あとあとトラブルを蒸し返されないように、お互いにサインした示談書を作成することが一般的です。

  • 手書きで作成
  • パソコンで作成したものを印刷

いずれもOKですが、最近はパソコンのほうが一般的です。

示談書は、通常2部作成し、加害者・被害者ともに各1部保管します。

2ページ以上になる場合には割印などの問題が生じることもあるので、両面印刷などを用いて1枚にすると便利です。

強性交等罪(旧強姦罪)の示談書の書き方をチェック

示談書には、

  • 事件の当事者
  • 事件の日時・場所

など事件の特定に必要な内容や、

  • 示談金の金額
  • 示談金の支払い方法
  • その他示談の条件

などを記載するのが一般的です。話し合いで合意が得られれば、分割払いの条項などを盛り込むことも可能です。

強姦で示談をするときは、宥恕条項(被害者の許し)や被害届の取下げ告訴の取消しを盛り込むことが不可欠です。

被害者が処罰を求めていないという事情が、不起訴になる可能性を高めるからです。

強姦の示談金は高額になるケースが多いですが、その分示談の効力も大きいです。

また、強姦では被害者が加害者との今後の接触回避を希望することが多く、 その場合、今後の接触回避のための遵守事項などを示談書に盛り込むこともあります。

なお示談書ですが、書き方によっては、実効性がなかったり違反すると、違反すると多額の違約金を請求されてしまったり、といった可能性もあります。

示談書は、可能な限り法律の専門家のチェックを受けて、作成すべきでしょう。

強制性交・強姦の示談書の書式、テンプレートはこちら

示談書のイメージはわいてきましたか?

実際の示談書を見れば、もっとイメージしやすいと思います。 以下のページには、強姦の示談書のテンプレートが載っていますので、ぜひ参考にしてください。

なお、性犯罪のケースでは、被害者の要望に対して細やかに気遣うことが大切です

被害者は、氏名・住所などのプライバシーを加害者に教えたくないことが多いです。

被害者の希望により、被害者の氏名・住所を黒塗りしたコピーだけを加害者に渡すこともあります。

加害者本人に被害者の氏名・住所を見せないなどの配慮も重要です。

強制性交・強姦の示談はどうやってすればよい?

示談交渉は弁護士に依頼する?

強姦では、弁護士に示談を依頼し、弁護士を通して示談交渉をする必要があります。

というのも、強姦のような性犯罪では、捜査機関は加害者本人に被害者の連絡先を教えてくれないからです。 仮に連絡先を知っていても、二度と事件を思い出したくないという思いから、加害者と直接の連絡をことを望まない人が多いです。

二次被害の防止、再犯予防、の観点からも、示談交渉を弁護士に依頼すべきでしょう。

強姦・強制性交の示談交渉のポイント

強姦・強制性交の示談のポイントは、まず事件を反省して深く詫びることです。

そのうえで相手の要求を整理して示談書に盛り込み、示談の内容に納得してもらうことが必要でしょう。

強姦・強制性交の示談交渉では、被害者の許しを得ることが重要です。宥恕条項被害届の取下げ告訴の取消しなどを示談書に盛り込むことが不可欠です。

また、強姦の被害者は、加害者と今後「接触する可能性」があることを気にしていることが多いです。また、性犯罪の被害を知られたくないという事情があるからです。

示談を穏便に成立させるためには、被害者のこの不安を解消する必要があります。

そのため、示談の条件として

  • 被害者への接近禁止
  • 事件の口外禁止
  • 特定の施設の利用禁止
  • 被害者の引越費用の負担

などを提案して交渉することもあります。

示談に応じてくれない場合はどうする?

① 被害者が連絡先を教えるのを拒否している場合

加害者に連絡先を教えることを拒否している場合であっても、弁護士相手であれば連絡先を教えてくれることは多いです。

とはいえ、被害者の中には、弁護士に対しても連絡先を教えたくないという人もいます。事件に対するショックから、「加害者側の弁護士」と認識する方も少なくありません。

しかし、このような場合でもすぐに示談交渉を諦めるのではなく、粘り強い交渉の継続が必要です。

② 被害者が示談に消極的な場合

被害者が弁護士に連絡先を教えてくれた場合でも、示談交渉を拒否するケースも多くあります。

このような場合、まず弁護士が本人に代わって被害者に謝罪します。

また、加害者から預かった謝罪文反省文を手渡すなどします。

加害者がいかに深く反省しているのかを被害者に伝える手助けをするのです。

そして、一番大切なことは、被害者側の意向にも耳を傾けることです。

被害者に「この弁護士とだったら示談をしてもよい」という信頼を得ることが大切です。

③ どうしても示談を拒否する被害者に対しては…

一度示談を拒否されてしまっても、相手に対する謝罪と反省の気持ちを持ち続けることです。

相手が受け入れてくれるのであれば、謝罪を継続することで示談に応じてもらえるかもしれません。

そして、相手が示談に応じない理由がどこにあるのか分析し検討し直す必要があります。

  • 時間をおく
  • 提示する金額を変える
  • 示談の条件を見直す

などをすることで、改めて示談に応じてくれる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、被害者の不安を可能な限り解消できるような示談交渉をすべきです。

どうしても示談に応じてもらえない場合、「供託」という法律的な手続を採ることも考えられます。

強姦・強制性交の示談の相談なら弁護士にお任せ

ここまで、強姦の示談について、弁護士の解説と共にお送りしました。

これで一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

今すぐ弁護士相談するなら|24時間全国対応の無料相談受付窓口

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる弁護士が見つかるでしょう。

最後に弁護士からメッセージ

では先生、最後にひとことメッセージをお願いします。

強姦の示談でお困りの皆さん。

今後のことを考えると、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、刑事事件の解決はスピードとタイミングが勝負です。

落ち込んでいる暇はありません。

早い段階でご相談いただくことで、弁護士としてもやれることが増えます。

まずはとにかく、弁護士に積極的にご相談ください。

まとめ

さて今回は、強制性交等罪(旧強姦罪)と示談について、弁護士の先生と一緒に確認してきました。

強制性交等罪においては、示談できるかどうかがとても大切。

示談が不成立に終わると、加害者としてはリスクが大きいのでしたね。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

  • 下の関連記事で情報をしっかり押さえて
  • 24時間弁護士無料相談受付
  • 全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。

旧強姦罪時の示談に関するQ&A

旧強姦罪において示談が成立するとどうなる?

旧強姦罪の示談が成立したということは、旧強姦罪によって生じた賠償金のトラブルが当事者間の合意によって解決したということを意味します。示談が成立すれば、旧強姦罪の加害者は、被害者に対して、示談金を支払い、その他の示談の条件を履行する義務を負います。 旧強姦罪における示談成立の効果

旧強姦罪における示談のメリットって?

加害者側のメリットとしては、告訴取消となる場合があります。告訴取消になると、不起訴になる可能性が高まります。不起訴になると、前科がつかないで事件が終了します。また、起訴後であっても、執行猶予になる可能性や刑期が短くなる可能性もあります。被害者側のメリットとしては、民事裁判などの面倒な手続きを経ることなく、賠償金を受け取ることができます。 旧強姦罪における示談のメリット

旧強姦罪の示談金の相場は?

旧強姦罪の示談金は、強姦行為の悪質性や被害者の処罰感情によって金額が決まります。強姦事件は、被害者の精神的な損害が大きく、処罰感情が高い為、示談金が高額になる可能性もあります。加害者が刑務所に入ると民事裁判で認められた損害賠償の回収が困難になるため、損害賠償金の回収を重視する被害者は、用意した金額で示談に応じることも多いようです。また、初犯だからといって示談金が安くなることはありません。 旧強姦罪の示談金の相場

旧強姦罪の示談で示談拒否されたら?

旧強姦罪の加害者が示談に応じない場合、被害者は、犯罪被害者事件を取り扱う弁護士に依頼して、加害者と交渉する方法があります。加害者が交渉を拒否する場合は、民事裁判や民事調停を起こすことも可能です。旧強姦罪の被害者が示談に応じない場合、弁護士に依頼して、弁護士から連絡を取り、交渉することもできます。また、弁護士から連絡しても示談を拒否された場合は供託という法的手段をとることができます。 旧強姦罪における示談拒否の対応

旧強姦罪で示談が成立or不成立だったらどうなる?

旧強姦罪は、起訴する前に示談が成立し、被害者が告訴を取り消した場合は不起訴になる可能性が高いです。示談が成立しても、示談内容が被害者の許しが得られず、告訴が取り消されない場合は、懲役実刑となる可能性が残ります。旧強姦罪の示談が不成立の場合は、旧強姦罪の加害者は、その後の刑事手続において、重い刑罰を科されるリスクを負います。 旧強姦罪で示談が成立・不成立の場合