close×

【相場解説】弁護士が教える、万引き(窃盗罪)の慰謝料・示談金の金額

  • 万引き,慰謝料
  • 20

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

この記事は万引き事件でお困りの方にお読みいただきたい内容です。

万引きはよく聞く言葉だけに、一番身近な事件かもしれません。

身近であっても、万引きは犯罪なので罪を償う必要があります。

そこで、大切なのが示談

示談によって、被害者に謝罪の気持ちを伝える方法があります。

慰謝料示談金を支払うのです。

とはいえ、人によって経済事情はさまざまです。

正直なところ、やはり「お金」のことは気になります。

そこで、万引き事件の慰謝料・示談金について調査しました!

「万引きの慰謝料・示談金の相場を弁護士に聞く」と題してお送りします!

気になる記事の内容は…?

万引きの慰謝料・示談金の意味とは?

示談の実例を公開

万引きの慰謝料・示談金の相場はいくら?

法律部分のくわしい解説は、刑事弁護の専門家にお願いしています。

テレビなどのメディアでも活躍中、弁護士の岡野武志先生です。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

万引き事件を実例にもとづいてお話していきたいと思います。

実際の示談例にも触れていきます。

万引き事件の慰謝料・示談金についての疑問はここで一気に解消です!

実例が聞ける機会はなかなか貴重です。

それでは、レポートをはじめます。

万引き事件の「慰謝料・示談金の意味」を学ぶ

万引き事件の「慰謝料・示談金の意味」を学ぶ

気になるのは示談金慰謝料の金額だと思います。

ですが、まずこれらがどのような意味を持つのか理解しておかねばなりません。

さっそく、見ていきましょう。

慰謝料と示談金は別物?

そもそも示談とは?

事件を裁判手続きにのせず、当事者間の合意をで賠償問題を解決することをいいます。

示談の意味について、もっとくわしく知りたい方はコチラが参考になります。

示談を成立させるために、加害者が被害者に支払うお金が示談金ということになります。

示談金:示談の際に支払われるお金の全体のこと

慰謝料:示談金のうち、精神的苦痛に対して支払われるお金のこと

慰謝料は、示談金に含まれると考えていいでしょう。

万引きの慰謝料・示談金
慰謝料 示談金
性質 加害者が被害者に支払う金銭
意味 万引きによる精神的損害に対する損害賠償金 万引きの示談の際に支払われるお金の全体

万引きによって、被害者に金銭的な損害を与えた場合、加害者は被害者から損害賠償請求を受けることがあります。

万引きの金銭的な損害としては…

万引きによって盗んだ財産それ自体

万引きにより生じた精神的苦痛

などが考えられます。

万引きの示談では、さまざまな事情をもとに示談金の金額が決められます。

万引き行為の内容(行為態様)

被害品の金額

被害者の処罰感情

通常、示談金は被害品の金額を下回ることはありません。

万引きの示談金の額は、被害品の金額を基準にして決まることが多いようです。

ですので、精神的苦痛に対する慰謝料よりも、被害品の金額分の賠償がメインとなることが多いです。

盗んだ商品を返却する

盗んだ商品の価額を賠償する

このようなことが、事件解決の第一歩です。

実例を参考にする、万引き事件の示談金の相場

実例を参考にする、万引き事件の示談金の相場

【5つの事例】万引きの示談金例を大公開

示談と示談金の意味が分かった後に、気になるのは具体的な金額について。

なんと、ここからは…

実際にあった万引き事件の示談金例を大公開します!

5つの実例をみてみましょう。

注目

万引き事件の示談金の相場一覧

事件の概要 示談金
書店で、書籍8冊(販売価格合計7150円)を万引きした窃盗事件。 7150円
書店で、コミック本2冊(販売価格合計7156円)を万引きした窃盗事件。 1万3636円
スーパーマーケットで、食パンなど合計40点(販売価格合計4万5000円程度)を万引きした窃盗事件。 4万4538円
コンビニエンスストアで、おにぎり1個(販売価格150円)を万引きした窃盗事件。 10万5000円
コンビニエンスストアで、トレーディングカード約100枚と惣菜など(販売価格合計1万2466円)を、1か月のうちに4回にわたって万引きした窃盗事件。 12万円

万引きの示談金は、被害品の金額を基準に決められることが多いということでした。

被害金額と示談金の金額が一致しているケースがあるようです。

しかし、示談金が被害金額よりも高額になるケースもあるようです。

150円のおにぎりを1個盗んで、示談金が10万円超えています…

示談金はさまざまな事情を考慮して決められています。

万引きをしたから一概にいくら払う必要があると言い切ることができません。

しかし実例をみることで、示談金の相場観をみることができます。

【掲載中】万引き(窃盗罪)の示談金の実例を調べるなら

さきほど5つの実例を公開しました。

ですが、もっといろんなケースをみてみたいという方もいらっしゃると思います。

そんな方にはこちらをおすすめしています。

 ↓↓↓

ボタンをタップしていくだけで、その他の犯罪における示談金の相場が確認できます。

示談金相場は、事件の内容によってさまざまです。

一概に、万引きの示談金は〇〇円!

とはっきり明言はできませんが、どのくらい支払われているのか参考にしてみるのも大切です。

ほかにも、刑事事件の示談に関する詳しい情報をお求めならコチラの記事もご覧ください。

万引きの示談には「示談書」「謝罪文」は必要?

万引きの示談には「示談書」「謝罪文」は必要?

示談をする際、示談書が必要だと聞いたことがあります。

示談書がなければ示談は成立しないのでしょうか?

示談において示談書の作成は必須ではありません。

しかし、示談をしたことを示す重要な証拠となりますので、示談書は作っておいたほうがよいです。

書面の中で、被害者の宥恕(許す)の意思を明確に示すことができます。

こちらを参考に、示談書の書き方をチェックしてみてください。

示談を具体的にお考えなら、示談の前に謝罪文の作成が大切です。

被害者に対する謝罪の気持ちを誠実に伝えましょう。

謝罪文サンプルがありますので、どのようなものか見ておいてください。

こちらを参考に、ご自身の謝罪の気持ちを文章に表しましょう。

窃盗罪の慰謝料について、こちらにも詳しい記事がありますので紹介します。

いろんな疑問をQA形式で答えています。

万引き事件で悩んだら弁護士に頼む!

万引き事件で悩んだら弁護士に頼む!

万引き事件の慰謝料・示談金についてくわしく見てきました。

事件の内容によって、支払う金額には幅があることが分かりました。

ご自分のケースに沿って、弁護士からもっと具体的なアドバイスが欲しいと思います。

あなたにピッタリの弁護士を見つけていきましょう!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-431-911無料相談予約

LINE無料相談
LINEで友だち登録ができます

facebook無料相談
直接メッセージが送れます

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

ネットを使った検索なら地元の弁護士が見つかる!

弁護士に直接会って相談したいときも、当然あるでしょう。

家族や親友にも話しづらいデリケートな内容ですから…

となると、やっぱり弁護士に会って相談したいです。

実際に足を運ぶとなると、家から近いほうがいいと思います。

あるいは、仕事の帰り道に寄りやすい場所もいいかもしれませんね。

そこで、47都道府県の地域別に弁護士を探せる方法を紹介します!

こちらをどうぞ↓↓↓

弁護士をさがす5秒で完了
都道府県からさがす

お住いの地域をタップするだけで、弁護士を検索することができます。

地域別になっているから、地元の弁護士をこれなら見つけやすそうです。

掲載されている弁護士は、刑事事件に取り組む先生方をチョイスしています。

あなたにあった弁護士が見つかることでしょう!

ぜひお試しください。

最後に弁護士からアドバイス

万引き事件の慰謝料・示談金をくわしく見てきました。

最後に、岡野先生から一言アドバイスをいただきたいと思います。

万引きの慰謝料・示談金でお悩みなら、弁護士に相談することが重要です。

今すぐ相談してみる」がポイントです。

初期対応の速さがその後の展開を左右します。

弁護士はあなたの味方になってくれます。

悩みは一人で抱えず、弁護士に相談しましょう。

まとめ

「万引きの慰謝料・示談金の相場を弁護士に聞く」についてみてきました。

いかがでしたでしょうか。

示談について相談したいことがあるなら、今すぐ弁護士を探しましょう!

スマホで無料相談

全国弁護士検索

今すぐに弁護士とつながることが重要です。

万引き事件についてもっと知りたいという方は、関連記事もあわせてご覧ください。

万引きの関連記事

目次に
戻る
TOPに
戻る