全国136事務所
無料相談のご案内 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

万引は後日に逮捕されない?逮捕されたら実刑?万引逮捕の疑問やその後の流れを解説!

  • 万引き,逮捕

万引は後日に逮捕されない?逮捕されたら実刑?万引逮捕の疑問やその後の流れを解説!

万引きという言葉は、みなさんも子供の頃からよく聞いたことがあるかと思います。

昔、友達が近所のお店で万引きをしてしまったという方もいるかもしれません。

でも、お店の人に怒られただけで逮捕はされなかったという話を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、上のニュースのように、万引き実刑判決を受けたという話を聞いたことがあるかもしれません。

このページでは、知っているようで意外と知らない

  • 万引きで逮捕されないことがあるのか
  • 逮捕された場合その後流れはどうなるのか

について、解説していきたいと思います。

詳しい法律的な問題や実際の問題については、万引きの事案に詳しいアトム法律事務所の弁護士に解説をお願いしました。

こんにちは。

万引きというと何となく軽い犯罪のように思うかもしれません。

しかし、万引きでも逮捕されることもあり、場合によっては実刑判決を受けます。

たかが、万引きとは考えず、しっかり理解していきましょう。

そもそも、万引きというがあるわけではなく、万引きは窃盗罪の一種です。

窃盗罪のうち、主に商業施設の商品を無断で持ち去る行為を万引きと呼んでいます。

なお、窃盗罪には他に空き巣や置き引きなどがあります。

また、万引き逮捕に関して、よく聞くのが、いわゆる万引きGメンです。

万引きGメンが万引きした人を店から出た直後に捕まえる映像を見たことがある方も多いと思います。

もしかしたら、警察でもない万引きGメンが逮捕できるの?と思った方がいるかもしれません。

でも、法律上、現行犯は誰でも逮捕できるんです。

現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

実際、万引きを見つけても逮捕できなかったらお店の人は困ってしまうので、当然といえば当然ですね。

万引きによる逮捕の疑問点

万引きは現行犯逮捕でないと逮捕されない?

では、万引きはその場で見つかった現行犯でしか逮捕されないのでしょうか?

万引き後日逮捕されることはないのでしょうか?

確かに、万引き現行犯での逮捕が圧倒的に多いです。

その場で見つけた場合でないと、万引きしたことの証明が困難なことが多いからです。

しかし、必ずしも後日逮捕されないわけではないので注意が必要です。

万引きで後日に逮捕される場合とは?

後日に逮捕されるきっかけ

万引きでも後日逮捕される場合があることは分かりました。

しかし、具体的にはどういったことがきっかけで後日逮捕されるのでしょう。

まず考えられるのが防犯カメラです。

ドラッグストアで万引したとして(略)逮捕した。 逮捕容疑は(略)ドラッグストアで菓子1点(168円相当)を盗んだとしている。 (略)店内の棚の上にはがされた菓子の包装フィルムが放置されているのを従業員が発見。 防犯カメラを確認したところ、(略)容疑者が店内で開封して菓子を食べ、残りをポケットに入れて車で立ち去る姿が映っていたという。

また、万引き転売目的で行う人もいます。

転売の際に盗んだものであることが発覚し、事情を聞かれて逮捕に至るケースもあります。

実際に、万引き後日逮捕される場合については、アトム法律事務所の弁護士に尋ねてみましょう。

防犯カメラがあっても、その位置や解像度によって、万引きをしたかはっきり分からないことも多いです。

また、転売したものが万引きされたものでも、他人から譲り受けたと弁解されることもあります。

防犯カメラに万引きをしたことまで写っていなくても、万引きの現場に写っていた人が、万引きされた直後に万引きされたものを持っていれば逮捕に至ることが考えられます。

どのように逮捕されるか?

現行犯逮捕でない場合、通常、万引きをされたお店から、被害届が出されます。

被害届を受理した警察官が捜査をし、万引きをしたと疑うに足りる相当な理由があると判断すると、裁判官に逮捕状を請求します。

逮捕状が発付されると、警察官が逮捕状を持って逮捕をしにやってくることになります。

現行犯でない場合は、お店の人などからは逮捕されず、警察官からも逮捕状がなければ逮捕されないということですね。

逮捕される方法の検証
現行犯逮捕後日逮捕
誰からお店の人など警察官
割合多い少ない

万引きが見つかっても逮捕されない場合がある?

万引きは犯罪ですから、してしまった以上、逮捕されてしまっても仕方がありません。

しかし、できることであれば、逮捕されたくないというのが本音だと思います。

万引きでの逮捕は、実質上、被害者が望まなければ行われないことがほとんどです。

そのため、逮捕前に示談できれば逮捕されない可能性が極めて高いといえます。

逮捕後の事案ではありますが、以下の示談金計算機が便利ですので、参考にしてみてください。

チェーン展開をしているスーパーやコンビニエンスストアなどでは、会社の方針として一律に示談に応じないことが多いので、注意が必要です。

未成年は万引きで逮捕されない?

地元の不良の中高生が近所のスーパーで万引きしたなんて話はよく耳にします。

では、未成年の場合万引きしても逮捕されないのでしょうか?

結論からいうと未成年でも逮捕されることはあります。

未成年の場合逮捕されたその後流れは異なりますが、逮捕までの手続きは成人と同じです。

未成年万引きしても逮捕されないことが多いのは、あくまでお店の方の配慮によるものです。

実際に未成年のお子様が逮捕されてしまったら、すぐに弁護士に相談した方がいいでしょう。

万引きで逮捕されたらどうなる?その後の流れを徹底解説!

逮捕後の流れはどうなる?

万引き逮捕されてしまった場合、その後の流れは大まかに以下の図のようになります。

逮捕の流れ

図からも分かるとおり、逮捕までであれば、身柄が拘束されるのは最大で72時間です。

しかし、勾留請求まで認められると、さらに最大20日間身柄が拘束されてしまいます。

勾留請求が認められるかどうかの違いは大きそうですね。

万引き逮捕された方が会社勤めの場合は特に勾留されてしまうかどうかが重要となります。

逮捕までの2〜3日であれば、会社を休んでも何とか取り返しがつきやすいです。

しかし、勾留されてしまうと3週間以上無断欠勤することになり、解雇されてしまう可能性もあるからです。

『万引きでは後日逮捕されない?現行犯逮捕以外は難しいのか実例で検証』では、実例を交えて逮捕流れを解説しています。

興味がある方は、ご覧ください!

逮捕後に余罪に問われることはある?

万引きは常習性が強く、「クレプトマニア」と呼ばれる窃盗癖を持つ方もいます。

そのため、逮捕後の取調中に逮捕された万引きの件以外の余罪が発覚することがあります。

そういった場合、どういった取扱がなされるのでしょうか。

複雑なお話ですので、アトム法律事務所の弁護士にお尋ねしてみましょう。

理論的には、別件の万引きといえる場合には、別途再逮捕・再勾留が認められます。

再逮捕・再勾留となった場合には、さらに身柄を拘束される期間が長引きます。

もっとも、捜査機関も発覚した余罪を全て再逮捕・再勾留するわけではなく、処分や量刑の判断要素に留めることも多いです。

万引きで逮捕されたら必ず起訴される?

万引き逮捕されてしまったら、必ず起訴されてしまうのでしょうか。

実際はそうではなく、統計上、窃盗罪の起訴率は4割程度になっています。

起訴されるかどうかは

  • 被害金額
  • 被害弁償の有無
  • 処罰感情
  • 前科・前歴
  • 余罪
  • 反省の程度

といった事情が影響します。

そのため、逮捕後に被害者の方と示談ができていれば、起訴されなくなる可能性は高まります。

万引きの場合の示談金の相場については、以下の示談金計算機が参考になるでしょう。

上記のとおり、起訴されるかどうかは被害者の方との示談の有無が大きく影響してきます。

逮捕されてしまっている場合は特に、弁護士でないと示談が困難なケースも多いです。

ご家族が逮捕されてしまった場合は、弁護士に相談してみたほうがいいでしょう。

万引きで逮捕されたら必ず実刑?万引きで逮捕された場合の処分の疑問に回答

万引きはどういった処分の可能性がある?

冒頭で、万引きは窃盗の一種であるとご説明しました。

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

以上のとおり、窃盗罪には懲役刑と罰金刑のいずれかの処分の可能性があるといえます。

万引きで懲役刑か罰金刑かを分けるポイントは?

では、懲役刑と罰金刑とを分けるポイントはどこになるのでしょうか?

この場合も起訴されるかどうかの場合同様

  • 被害金額
  • 被害弁償の有無
  • 処罰感情
  • 前科・前歴
  • 余罪
  • 反省の程度

といった事情が影響します。

なお、統計上、起訴された窃盗罪のうち、罰金刑にとどまるのが7割程度と考えられます。

統計は窃盗罪全体のもので、万引きは被害金額が軽微なものも多いです。

そのため、万引きに限定すれば、罰金刑の割合はもう少し高いかもしれません。

なお、罰金刑の場合には、略式起訴という簡易な手続きで裁判が終わることもあります。

万引きで懲役刑となった場合は必ず実刑か?

では、懲役刑となった場合には、必ず実刑、つまり刑務所に行くことになるのでしょうか?

結論からいうとそんなことはありません。

懲役刑になっても、執行猶予というものが認められれば、すぐに刑務所に行くことにはなりません。

執行猶予の詳しい説明が知りたい方は以下のサイトを参照してみてください。

万引きで初犯の場合は実刑はない?

では、初犯の場合には実刑となることはないのでしょうか?

万引きの場合、初犯は起訴される事自体が少なく、実刑の可能性はほぼありません。

もっとも、

  • 被害額が高額
  • 余罪が膨大

な場合など実刑の可能性がまったくないわけではありません。

なお、上で触れている窃盗罪の起訴率や罰金刑の割合などは、以下のサイトにまとめられています。

少し分かりにくいですが、興味のある方はご参照ください。

万引きによる逮捕について弁護士に相談したい方へ

今すぐ相談予約!24時間受付の無料相談窓口

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

来所相談は、土日や祝日も可能とのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみに問合せは、全国対応で受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士に

また、自分やご家族が現在万引きで逮捕されたり、呼び出しを受けている方がいらっしゃるかもしれません。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

そんな場合は、お近くの弁護士を探してすぐに相談してみましょう。

最後に一言アドバイス

最後にアトム法律事務所の弁護士からまとめの言葉をいただきましょう。

たかが万引きと簡単には考えず、逮捕されたり、刑罰を受ける可能性があることに気をつけましょう。

困ったことがあったらすぐに弁護士に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このページを最後までご覧になっていただいた方は、

  • 万引き逮捕されないことがあるのか
  • 逮捕された場合その後流れはどうなるのか

についてお分かりいただけたのではないかと思います。

このページだけではわからないことがある場合には、スマホで無料相談をご利用ください。

また、現在実際に万引きで困っており、弁護士を探されている方は全国弁護士検索を上手く活用してみてください。

また、このサイトには他にも万引きに関するコンテンツが様々ありますので、ご興味のある方は関連記事もぜひご覧になってください。

万引逮捕の疑問やその後の流れについてのQ&A

万引きは現行犯逮捕でないと逮捕されない?

万引きは、現行犯での逮捕が圧倒的に多いですが、その理由としては、後からだと万引きしたことの証明が困難になる場合が多いからです。そのため、証拠が揃いさえすれば、後日逮捕される可能性も十分にあります。 現行犯以外による万引きの逮捕について

万引きで後日逮捕されるケースとは?

万引きでも、証拠さえあれば後日逮捕されるケースもあります。その証拠として防犯カメラがあり、万引きをした瞬間まで写っていなくても、現場に写っていた人物が、万引きしたものを持っていれば逮捕に至ると考えられます。現行犯逮捕でない場合は、お店から被害届が出され、警察の捜査で万引きであると判断されれば、警察が逮捕状を請求し、万引きした人物を逮捕するという流れになります。 万引きで後日逮捕されるきっかけとは

万引きで逮捕されたら必ず起訴される?

統計上では、窃盗罪の起訴率は4割となっています。起訴されるかどうかは①被害金額②被害弁償の有無③処罰感情④前科・前歴⑤余罪⑥反省の程度などの事情が考慮されます。そのため、逮捕後に被害者側と示談しておけば、不起訴の可能性が高まります。 万引きでの逮捕による起訴の可能性

万引きはどういった処分の可能性がある?

万引きは窃盗罪の一種であるため、窃盗罪の処分が適用されます。窃盗罪の処分は「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」としているので、内容によっては懲役刑もしくは罰金刑の処分になる可能性があります。 万引きの法的な処分について

万引きで初犯の場合は実刑はない?

万引きの場合、初犯であれば、起訴される事が少なく、実刑の可能性はほぼありません。但し、①被害額が高額②余罪の数が膨大な場合などであれば、実刑の可能性も高まりますので、注意が必要です。 万引きでの初犯の実刑処分について