示談交渉の進め方とは?被害者と話し合う適切なタイミングは?交通事故を例に考える

  • 示談,タイミング,進め方
  • 1

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

示談タイミングはいつが適切なのでしょうか。

はじめてのことだと、示談の進め方もよくわからず不安だと思います。

示談のタイミングや進め方についてお悩みの方は多いです。

そこで本日は、「示談交渉の進め方とタイミング」をテーマに特別企画をお届けします。

示談の流れや進め方

示談の適切なタイミングとは?

交通事故での示談の進め方

このような点に注目して、解説をすすめます。

法律面の解説には、弁護士の岡野武志先生にお願いしています。

示談の流れや進め方を知る

示談の流れや進め方を知る

示談の意味とは

示談の流れや進め方の解説に、示談の意味をおさえておきたいと思います。

示談はいったい何のために必要なのでしょうか。

示談って知っているようで、具体的にどのようなことなのかよくわからないと思います。

示談がもつ意味とは…

示談とは?

トラブルの当事者同士が、双方の「合意」をもって民事上のトラブルを終結させること

トラブルが起きると裁判をおこして解決をはかるという方法が思いつくかもしれません。

もっとも、示談は裁判所による裁判をせず、当事者同士の話し合いによって民事上のトラブルの解決をはかります。

刑事事件で示談をする場合は、重要なポイントがあります。

被害回復の実現またはその見込み

被害者の許し(宥恕)

このような項目をふくんだ示談を成立させることが大切です。

事件の当事者同士による話し合いによって、民事上の争いを終結させることができるのが示談です。

示談の流れと進め方

さて、ここからが本題です。

示談の流れと進め方について解説をはじめます。

こちらをごらんください。

示談の流れ

弁護士が被害者と加害者のあいだに入った進め方を想定した、示談の流れです。

刑事事件の加害者と被害者のあいだには、検察官と弁護士がたっています。

直接、被害者と交渉することはできないのでしょうか。

示談は、トラブルの当事者同士による話し合いの合意をすることです。

ですので、当事者同士で示談交渉をおこなうこと自体は可能です。

ただ、刑事事件の被害者によっては事件の恐怖から、加害者との接触を拒否されるケースも少なくありません。

とくに盗撮・痴漢・強制わいせつといった性犯罪の場合、連絡先すらも教えてもらえないということは多いです。

加害者に直接ではなく、弁護士であればと連絡先を教えてくれることもあります。

弁護士は、法律の専門家であるとともに、厳しい弁護士倫理に服しています。

信頼ある法律の資格をもった弁護士であればと、弁護士かぎりで連絡をとることを許してくださる被害者の方もいらっしゃいます。

示談交渉を進めるにあたっては、基本的には弁護士によるサポートを受けたほうが良いでしょう。

早いタイミングの示談が適切なケースの進め方

早いタイミングの示談が適切なケースの進め方

起訴前のタイミングで示談を成立させる

基本的に、刑事事件における示談は「早い段階」でおこなうことがポイントになってきます。

示談は、起訴前のタイミングでおこなうことが重要

では、この起訴前とはいったいどこらへんのタイミングなのでしょうか。

刑事手続きの流れをおさえておきたいと思います。

こちらをごらんください。

刑事事件の流れ

刑事事件は、このような流れで手続きがすすめられていきます。

自宅事件と身柄事件
✔自宅にいながら事件捜査がすすめられる在宅事件
✔逮捕・勾留されながら事件捜査がすすめられる身柄事件

刑事事件は、このようにおおきく2つに分けられます。

在宅事件・身柄事件ともに、事件の送致を受けた検察官は起訴・不起訴の判断をくだします。

刑事事件の解決をはかるなら、まずは不起訴処分の獲得を目指すことが重要です。

検察官は、被疑者のさまざまな情状を考慮して起訴・不起訴の判断をくだします。

自白事件のような場合で、不起訴処分の判断がくだされるには、

事件を十分に反省している

被害者に対する謝罪がなされている

被害者への被害弁償がおこなわれている

被害者との示談が成立している

このような情状が重要になってきます。

示談は、誠実に被害者への対応をしていると考慮される要因のひとつとなり得ます。

示談成立は、起訴前のタイミングでおこなうことが重要である意味が分かりました。

交通事故など被害者が傷害を負った場合の適切な示談の進め方

交通事故など被害者が傷害を負った場合の適切な示談の進め方

交通事故の示談開始のタイミングは?

示談交渉は、基本的に事件が発生したら早めにおこなうことが重要になってきます。

ただ、交通事故のようなケースでは示談締結のタイミングを慎重にみはからう必要があります。

任意保険に加入している場合は、損害賠償についての示談は保険会社がおこないます。

ただ、これは民事上の責任についてのみになります。

交通事故は、刑事上の責任も負う必要があります。

重い後遺症が残るような交通事故のケースでは、被害者側の処罰感情がきびしいこともあり得ます。

そのような状況で、示談の話をすると不謹慎だと感じ取られることも少なくありません。

あえて積極的に示談交渉をしないことのほうが適切な場合もあります。

とはいえ、なにもせずにじっとしているわけにはいきません。

示談は、まず「謝罪」することからはじめることが重要になってきます。

実際に、示談締結を考える前にとにかく被害者への真摯な謝罪をおこなうことは早急におこなったほうが良いでしょう。

もちろん、無理に謝罪を押し付けるような行為は被害者の方の感情を逆なでしてしまうことも考えられます。

そのような対応もふくめて、示談交渉は専門家である弁護士に依頼したほうが安心だと思います。

示談の進め方やタイミングに困ったら弁護士に相談

示談の進め方やタイミングに困ったら弁護士に相談

スマホから示談の進め方を弁護士に相談

スマホから手軽に示談の進め方について弁護士に相談できたら便利ではないでしょうか。

仕事や家事で忙しく、弁護士に相談したくても時間がないとお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。

そんな方におすすめしたいのがコチラの窓口です。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

24時間365日、順次対応中の窓口だから、思い立った時に利用することができます。

夜間や早朝でもご利用いただけます。

窓口の対応は、専属スタッフがおこなってくれるので安心です。

電話窓口

 弁護士との対面相談の「予約」が取れる

LINE窓口

 弁護士と直接メッセージのやり取りができる

Facebook窓口

 弁護士と直接メッセージのやり取りができる

示談の進め方についてお悩みの方は…

こちらの窓口をつかって弁護士とつながり、早急に相談するようにしましょう。

地元の弁護士に示談のタイミングを相談する

示談のタイミングを決めかねているので弁護士に相談したい!

信頼のおける弁護士に直接相談したいという方も多いと思います。

でも…

弁護士の探し方が分からず、途方に暮れている方も多いとお聞きしています。

地元の弁護士で、刑事事件をあつかう弁護士を簡単に探す方法を紹介します。

こちらをご利用ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

日本全国47都道府県の地域ごとに、弁護士を簡単に探すことができます。

お住いの地域をタップするだけで、弁護士が一覧で表示されます。

刑事事件に注力し、弁護士費用が明瞭な弁護士のみを掲載中です。

示談のタイミングが分からないとお悩みなら、今すぐ弁護士を探して相談しましょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

起訴が予想されるような刑事事件において、示談のタイミングはできるかぎり早い段階でおこなうことが重要です。

検察官による起訴・不起訴の判断までに示談成立となれば、刑事処分に有利な影響を与える可能性があります。

逮捕されている場合は、不起訴となればすぐに釈放される可能性も高まります。

早期の社会復帰をめざすためにも、弁護士に示談の進め方を相談することをおすすめします。

まとめ

示談のタイミングと進め方について、解説をすすめてきました。

ご自分にとって適切な示談のタイミングは見極められたでしょうか。

早めに示談交渉に動き出すことが大切ですが、法律の専門家のアドバイスがあればより安心です。

スマホで無料相談

全国弁護士検索

弁護士に今すぐ相談するなら、これらを活用して弁護士を探しましょう。

関連記事も用意しています。

気になる方は、こちらもあわせてご覧ください。

目次に
戻る
TOPに
戻る