示談成立で罰金刑となるか?交通事故・盗撮・窃盗を例にみる

  • 示談,罰金
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

示談を成立させて、罰金となるか…

懲役刑になるかもしれないと不安な方にとっては気になるポイントだと思います。

そこで本日は、「示談と罰金の関係」についての調査結果をレポートしたいと思います。

示談と罰金の基本

交通事故盗撮窃盗のケース別に示談をしる

示談がおよぼす刑事手続きへの影響

示談と罰金の関係についてせまっていきたいと思います。

法律の専門家に法律部分の解説をお願いしています。

弁護士の岡野武志先生です。

示談の基本と罰金刑の基本

示談の基本と罰金刑の基本

本日の特集は、「示談と罰金の関係」なのですがまずは基本からおさえていきたいと思います。

示談の意味や罰金の意味を理解してから、示談と罰金の関係性にせまっていきましょう。

まずは、示談の基本からです。

示談交渉の流れや意味とは

示談交渉はどのような流れですすんでいくのでしょうか。

示談は、どんな方でも行うことが可能です。

ただ、法律の専門知識をもった弁護士に依頼するほうが法律面でのリスクを軽減することができるでしょう。

弁護士が介入した場合の示談交渉の流れを確認していきたいと思います。

こちらをごらんください。

示談の流れ

被害者によっては加害者と直接、連絡することを拒否されることもあります。

拒否する理由はさまざまですが、弁護士であれば第三者的な立場で示談交渉にあたることができるでしょう。

そもそも示談っていったい何なのでしょうか。

刑事事件がおきると、示談金を払って解決しようとするといったイメージがあるかもしれません。

一般的に、示談交渉にお金は欠かせないものですが、示談そのものの意味としてはお金を支払うという意味ではありません。

示談の意味

トラブルの当事者同士が、お互いの「合意」をもって民事上のトラブルを終結させること

当事者同士が双方納得すれば、これ以上は争わないという約束を交わすことが示談の意味になります。

示談は、刑事事件でも民事事件でも、どのようなトラブルでも当事者同士の合意があれば示談することができます。

刑事事件における示談ではとくに、

被害回復の実現またはその見込み

被害者の許し(宥恕)

このような内容がふくまれていることがポイントとなります。

罪名によっては、告訴取消がふくまれた示談を締結することでかならず不起訴となるケースがあります。

具体的には、器物損壊罪などの親告罪のケースです。

罰金刑についておさえる

つづいては、罰金刑について深堀していきたいと思います。

「金」という文字が入っているだけに、お金を支払うことだと思います。

法律的には、いったいどういう意味なのでしょうか。

あらためて罰金の意味を考えてみるとむずかしいです。

罰金とは

刑事罰の一種で、1万円以上の一定額の支払いを命じられる

罰金ときくと、ルール違反に科される軽い罰則程度のイメージが強いかもしれません。

しかし、刑事事件における罰金刑とは、裁判所に言い渡される刑罰の一つです。

罰金刑は、有罪判決の一種です。

一定額の金銭の支払いを強いられる刑事罰なので、「前科」がつくことになります。

罰金は、犯罪をおこなったものに科せられる制裁です。

罰金の基本をおさえたところで、ここからは示談と罰金の関係をみていきたいと思います。

ケース別に示談成立・示談不成立の場合をみていきたいと思います。

【ケース①】交通事故で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

【ケース①】交通事故で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

まずは、交通事故の示談成立・示談不成立の場合の罰金の可能性をみていきたいと思います。

交通事故といっても、罪名はさまざまです。

本記事ではつぎの罪名にあたる交通事故のケースを紹介していきたいと思います。

過失運転致傷

危険運転致傷

それぞれのケースでの示談成立・示談不成立を確認していきます。

過失運転致傷のケース

示談成立

過失運転致傷の示談成立1つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談成立①
事故の概要
横断歩道上において、路外施設の駐車場から自動車を運転して出ようとしたところ、自転車で走行してきた被害者に気づかずにそのまま道路に出ようとして接触し、全治約2ヶ月を要する打撲傷を負わせた
示談
成立(示談金10万円)
刑事処分
不起訴

過失運転致傷の示談成立2つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談成立②
事故の概要
飲酒運転をして信号のある交差点に進入する際、車内の眼鏡を探すため注意義務をおこたり、対向車と衝突して、加療約2週間を要する頸椎捻挫などの傷害を被害者2人それぞれに負わせた
示談
成立(合計約129万円※)
刑事処分
懲役1年執行猶予3

※被害者は2人で、それぞれ示談金が約91万円と約38万円が支払われた

過失運転致傷の示談成立3つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談成立③
事故の概要
バイクを運転中、交差点の信号表示に留意せずそのまま交差点に進入し、信号に従って侵入してきた自転車と衝突し、被害者に加療約2ヶ月を要する肋骨骨折などの傷害を負わせた
示談
成立(宥恕のみ)
刑事処分
罰金50万円

つづいては、過失運転致傷の示談が不成立だったケースをみていきます。

示談不成立

過失運転致傷の示談不成立1つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談不成立①
事故の概要
交通整理のない交差点を自動車で直進するにあたり、前方左右の注視をおこたり横断歩行中の歩行者に衝突させて転倒させ、後遺障害をともなう外傷性脳挫傷などの傷害を負わせた
示談
不成立
刑事処分
禁固16月執行猶予3

過失運転致傷の示談不成立2つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談不成立②
事故の概要
酒に酔った状態でバイクを運転し、前方左右の注視をおこたり、交通整理のない交差点で被害者に衝突し、加療約14日間よ要する顔面打撲などの傷害を負わせた
示談
不成立
刑事処分
懲役1年執行猶予3

過失運転致傷の示談不成立3つ目のケースはこちらです。

過失運転致傷で示談不成立③
事故の概要
信号機の表示の確認をおこたり赤信号にも関わらず交差点に進入し、信号に従って交差点に進入してきた自動車と衝突し、被害者に加療約29日間を要する肋骨骨折などの傷害を負わせた
示談
不成立
刑事処分
罰金50万円

つづいては、危険運転致傷のケースをみていきます。

危険運転致傷のケース

示談成立

危険運転致傷の示談成立のケースはこちらです。

危険運転致傷で示談成立
事故の概要
飲酒によって正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ仮眠状態におちいり交差点に進入し、信号表示に従って進行してきた自動車に衝突させ、加療約49日間を要する頸椎捻挫などの傷害を負わせた
示談
成立(宥恕のみ)
刑事処分
懲役2年執行猶予3

つづいては、危険運転致傷の示談が不成立だったケースをみていきます。

示談不成立

危険運転致傷の示談不成立のケースはこちらです。

危険運転致傷で示談不成立
事故の概要
交通整理がおこなわれている交差点を直進するにあたり、考え事をして赤信号を看過し、信号表示に従って進入してきたバイクと衝突し、加療約5日間を要する大腿部打撲の傷害を負わせた
示談
不成立
刑事処分
罰金20万円

【ケース②】盗撮で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

【ケース②】盗撮で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

盗撮の示談成立・示談不成立の場合の罰金の可能性をみていきたいと思います。

盗撮といっても、罪名はさまざまです。

本記事では、各都道府県ごとに制定されている条例違反にあたる盗撮のケースを確認していきたいと思います。

条例違反のケース

示談成立

盗撮の示談成立1つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談成立①
事故の概要
地下鉄駅構内のエスカレーターでタブレット型パソコンの動画撮影機能を使って、未成年の被害者を盗撮した
示談
成立(示談金30万円)
刑事処分
不起訴

盗撮の示談成立2つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談成立②
事故の概要
レンタルビデオ店にて、盗撮する目的でスマートフォンを被害者の背後からスカートの中に差し入れ、スカートの中を盗撮した
示談
成立(示談金30万円)
刑事処分
罰金40万円

盗撮の示談成立3つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談成立③
事故の概要
ショッピングモールの雑貨店にて、女性のスカート内を盗撮した
示談
成立(示談金50万円)
刑事処分
不起訴

つづいては、盗撮の示談が不成立だったケースをみていきます。

示談不成立

盗撮の示談不成立1つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談不成立①
事故の概要
高校の文化祭に参加し、被害者のスカートの中をデジタルカメラを用いて盗撮した
示談
不成立
刑事処分
不起訴

被害者から示談を拒否されて、示談不成立となったケースのようです。

盗撮の示談不成立2つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談不成立②
事故の概要
河川の対岸に座っていた女性2人の下着をデジタル一眼レフカメラで盗撮した
示談
不成立
刑事処分
罰金30万円

被害者と連絡がまったくとれず、示談できなかったケースのようです。

盗撮の示談不成立3つ目のケースはこちらです。

盗撮で示談不成立③
事故の概要
駅構内のエスカレーター上で、被害者女性のスカートの中をスマートフォンを用いて盗撮した
示談
不成立
刑事処分
罰金30万円

盗撮での示談成立・示談不成立のケースでした。

【ケース③】窃盗で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

【ケース③】窃盗で示談成立・示談不成立で罰金の可能性を読み解く

窃盗の示談成立・示談不成立の場合の罰金の可能性をみていきたいと思います。

窃盗のなかでもケースとして多い、万引きを事例として紹介してきたいと思います。

万引きのケース

示談成立

万引きの示談成立1つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談成立①
事故の概要
ホームセンターで、ペットフードやTシャツなど約7千円の商品を盗んだ窃盗事件
示談
成立(示談金約7千円)
刑事処分
懲役12月執行猶予5年(保護観察付)

万引きの示談成立2つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談成立②
事故の概要
ディスカウントストアで、健康食品4点(販売価格合計7560円)を盗んだ窃盗事件
示談
成立(示談金7560円)
刑事処分
罰金20万円

万引きの示談成立3つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談成立③
事故の概要
スーパーで食品など43点(販売価格合計約13000円)を窃取した窃盗事件
示談
成立(宥恕のみ)
刑事処分
懲役1年執行猶予4年(保護観察付)

つづいては、万引きの示談が不成立だったケースをみていきます。

示談不成立

万引きの示談不成立1つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談不成立①
事故の概要
スーパーで食品など約9600円を盗んだ窃盗事件
示談
不成立
刑事処分
罰金30万円

万引きの示談不成立2つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談不成立②
事故の概要
雑貨店にて、化粧品など33点(販売価格合計約4万円)を盗んだ窃盗事件
示談
不成立
刑事処分
不起訴

万引きの示談不成立3つ目のケースはこちらです。

窃盗で示談不成立③
事故の概要
某ディスカウントショップにて缶ビール1本(販売価格268円)を盗んだ窃盗事件
示談
不成立
刑事処分
懲役1年執行猶予4

窃盗(万引き)での示談成立・示談不成立のケースでした。

示談の刑事罰への影響を知る

示談の刑事罰への影響を知る

示談不成立で罰金と示談成立で罰金の意味

ここまでは、さまざまな刑事事件における示談成立・示談不成立を見てきました。

示談は少なからず、刑事処分や刑事罰への影響があります。

結果はおなじ罰金刑でも、事件ごとに罰金刑がもつ意味はことなります。

示談不成立で罰金

不起訴の可能性もあったが、罰金刑となってしまった

示談が成立していれば情状として考慮され、不起訴が獲得できたかもしれないというケースもあります。

示談交渉をしなかったり拒否されたりしたことで示談不成立となり、罰金刑になってしまったということが考えられます。

示談成立で罰金

懲役刑の可能性もあったが、罰金刑でおさまった

示談が不成立であれば、懲役刑となって刑務所に入っていたかもしれないというケースもあります。

示談が成立したことで、罰金刑でおさまり懲役刑を回避できたというケースが考えられます。

示談交渉で罰金刑を獲得したいなら弁護士に相談

示談交渉で罰金刑を獲得したいなら弁護士に相談

スマホを使って示談について相談する

懲役刑ではなく「罰金刑」で終了する方法はないのか…

あるいは、罰金刑を回避するために「不起訴」が獲得できないか…

このようなことでお悩みなら、「示談交渉」を手掛ける弁護士に相談してみましょう。

時間や場所を気にせずスマホから利用できるこちらをお使いください。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

24時間365日、専属スタッフが対応します。

電話窓口

 弁護士との対面相談の予約が取れる

LINE窓口

 弁護士と直接メッセージをやり取り

Facebook窓口

 弁護士と直接メッセージをやり取り

どの窓口も、順次対応中です。

示談や罰金刑について今すぐ相談したいなら、こちらの窓口をご活用ください。

罰金刑の可能性を地元の弁護士に相談する

罰金刑の可能性があるのか弁護士に「直接」聞いてみたいという方も多いです。

地元の弁護士であれば、家から近くて便利だと思います。

でも…

弁護士の知り合いなんていない

近くの弁護士の探し方が分からない

弁護士に相談する前に、弁護士探しでお困りの方は多いです。

そんなときは、こちらをご利用ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

47都道府県ごとに、弁護士を簡単に探すことができます。

こちらに掲載中の弁護士は、

刑事事件の示談に注力する弁護士

弁護士費用がはっきりと分かりやすい弁護士

このような弁護士ばかりです。

罰金の可能性はどのくらいになりそうか…

直接、弁護士に聞いてみたいならこちらを使って弁護士を探しましょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

示談成立によって、罰金刑を回避できるか、罰金刑でおさまるかは事件ごとにことなります。

法律の専門家である弁護士による各事件ごとの精査が必要です。

示談によってどんな影響が考えられるのかアドバイスをもらいましょう。

刑事事件は、起訴・不起訴の判断がくだされるまでの弁護活動がポイントになってきます。

示談によって被害者への誠実な対応が考慮され、刑事処分に影響が与えられるように弁護士は尽力します。

困ったと思ったら、弁護士に早めに相談することをおすすめします。

まとめ

「示談と罰金の関係」に焦点をあてて、レポートしてきました。

疑問は解消できたでしょうか。

罰金刑で終わりたい人も、罰金で前科がつくのを回避したい人も、弁護士による個別のアドバイスが重要です。

弁護士の探し方が分からないという方は、

スマホで無料相談

全国弁護士検索

これらを活用して、弁護士に今すぐ相談しましょう。

関連記事では、示談についての記事を多数用意しています。

気になる方は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る