示談金にまつわる「税」のギモン4選|消費税は必要?弁護士に聞く

  • 示談金,消費税
  • 90

示談金を支払うことになったけど、消費税などの税金はかかるのだろうか?

もしかして、このような疑問をお持ちではありませんか?

ネットで検索して、この記事までたどり着いていただけたのでしょうか。

今日は、そんなあなたが抱えるお悩みを解決していきたいと思います。

示談金には税金がかかるのか?

という世間の声があるようです。

こちらのつぶやきをご覧ください。

まさに、同じギモンをお持ちの方がいらっしゃいました。

確かに、示談金に税金がかかるかどうかなんて普段の生活では知る機会はありませんよね。

でも、事件はある日突然起こります。

そして、示談金を支払うことになる可能性は、十分あります。

もし自分が、急に巻き込まれたらパニックになってしまうかもしれません。

でも、ある程度の知識を持っていれば安心です。

もしもの時も冷静に対処できるように、示談金について知識を深めていきましょう!

  • 示談金は課税対象なのか?
  • 示談金に贈与税は発生するのか?
  • 示談金に法人税は発生するのか?

示談金の「」に関して、深く調査していきたいと思います。

専門的な分野については、弁護士にくわしく伺っていきたいと思います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

今までの、弁護活動の経験をもとに、わかりやすく解説していきたいと思います。

【示談金の疑問】示談金に税金はかかるのか?消費税は必要?

【示談金の疑問】示談金に税金はかかるのか?消費税は必要?

Q1.示談金は課税対象になりますか?受け取りに税金かかるものですか?

示談金は、課税対象にならない場合がほとんどです。

たとえば、暴行などで心身に加えられた損害の示談金は、所得税法上、非課税です。

治療費・慰謝料・働けないことによる収入補償などです。

ただし、被害者が事業者や会社の場合には、課税対象になるケースもあります。

たとえば、売り物の商品が壊され、示談金が支払われた場合です。

事業者にとって、示談金は「売上」等の収入と経済的には同じになります。

したがって、通常、示談金は事業収入となり所得税がかかる場合があります。

会社の場合は、法人税です。

また、その他に消費税がかかる場合があります。

もし、課税対象になった場合でも、税金を上乗せした示談金を支払う必要はありません。

課税関係と示談金額は無関係だからです。

つまり、税金は、示談金を受け取る被害者と国との関係です。

また、課税関係は、示談金の金額が決まった後の話です。

したがって、示談では考慮する必要はないでしょう。

示談金に税金を上乗せして、支払う必要はないことを知らなかったとしたら…

支払う義務があると主張されたら、支払ってしまうかもしれませんね。

適正な金額を支払えるようにするためにも、示談金の知識を持っておく必要があります。

Q2.示談金には消費税を上乗せして支払う必要がありますか?

示談金は、消費税を上乗せして支払う必要がないことがほとんどです。

ただし、消費税を支払う通常のケースに実質的に該当する場合もあり得ます。

その場合は、消費税を上乗せして支払う必要があります。

消費税を支払う通常のケースとは…

  • 国内で、事業者から物を購入する
  • 国内で、サービスを受けたりする

このような場合などが考えられます。

具体的に、窃盗などの被害にあった場合で解説します。

売り物の商品がまだ使用できるような物で、加害者に引き渡されることがあります。

この場合に示談金を支払うことは、通常、買い取りと同じです。

したがって、この取引は事業者から見て、「国内において事業者が行った資産の譲渡等」になります。

これは、消費税法4条1項に該当します。

つまり、消費税が課税されることになります。

国内において事業者が行った資産の譲渡等には、この法律により、消費税を課する。

消費税を上乗せして、示談金を支払う必要があるかどうかは専門家に判断してもらうべきでしょう。

消費税を支払う必要があるかどうか、素人判断で決められることではなさそうです。

弁護士に相談して、示談交渉を進めたほうが賢明といえるでしょう。

Q3.示談金の授受があった際、贈与税を税務署に納める必要はありますか?

示談金の授受では、贈与税を納める必要はありません。

示談金は、損害の賠償を目的としています。

治療費・慰謝料・逸失利益などを支払うものです。

したがって、「贈与」ではありません。

贈与税は、この節及び次節に定めるところにより、贈与により財産を取得した者に係る贈与税額として計算した金額により、課する。

贈与税は、主として相続税を補完するための税です。

相続財産に相続税が課税されるのを防ぐために、生前に親族に財産を渡すことがあります。

贈与税には、そのような行為に歯止めをかける目的があるのです。

通常、示談金の授受において、贈与税が問題となることはありません。

示談金に関しては、贈与税の問題を気に留める必要は一般的にはないようです。

ですが、事件の内容や相手方との関係性にもよりますので、念のため弁護士に相談しておいたほうが無難だと思います。

Q4.示談金を法人が受け取った場合、法人税はかかりますか?

示談金は、法人税法上、益金の額となり法人税はかかると考えられます。

なお、通常は、合意などにより示談金を受領することが確定した事業年度に益金として計上します。

ただし、実際に受領した事業年度に益金として計上している場合にはその扱いも認められます。

他の者から支払を受ける損害賠償金(債務の履行遅滞による損害金を含む。以下2-1-43において同じ。)の額は、その支払を受けるべきことが確定した日の属する事業年度の益金の額に算入するのであるが、法人がその損害賠償金の額について実際に支払を受けた日の属する事業年度の益金の額に算入している場合には、これを認める。(昭55年直法2-8「六」により追加、平12年課法2-7「二」、平23年課法2-17「四」により改正) (注)当該損害賠償金の請求の基因となった損害に係る損失の額は、保険金又は共済金により補填される部分の金額を除き、その損害の発生した日の属する事業年度の損金の額に算入することができる。

示談金は益金となりますが、加害者から受けた損害額は、その損害が発生した事業年度の損金の額です。

その年度の法人税は低くなり得ます。

示談金が法人税に関係することがお分かりいただけたと思います。

弁護士に相談して、適切な対応がとれるようにしておきましょう。

【示談金の実例集】示談金相場を知るにはどうすればよい?

【示談金の実例集】示談金相場を知るにはどうすればよい?

示談金には「幅」があります

示談金を支払うことになる前に、どの位の金額なのか知っておきたいと思います。

いきなり示談金を何十万円も用意する必要がある…

となるとびっくりしてしまうでしょう。

事件の内容によって、示談金はそれぞれ異なるものではあります。

どれくらいの「幅」があるのか、こちらで確認しておきましょう。

いかがですか?

もっと細かい情報を知りたい方は、直接弁護士に問い合わせてみるとよいでしょう。

示談を弁護士に相談する!スマホで「無料相談」それとも弁護士検索?

示談を弁護士に相談する!スマホで「無料相談」それとも弁護士検索?

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

今すぐ、示談について弁護士に相談したいと思っても、どうしても都合がつかない時もあると思います。

  • 平日で時間が取れるのは、仕事終わりの深夜くらい
  • 休みが日曜しかない
  • 家事育児で家を留守にできない

など、法律事務所まで足を運びづらい理由はさまざまあると思います。

そんな方に、ぜひ知っていもらいたい窓口があります。

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

47都道府県の弁護士検索!示談にくわしい「地元弁護士」の選び方!

弁護士は、地元にはいないのかな…

わざわざ都会まで出向かなきゃいけないのかもしれない…

このような不安を抱えてらっしゃいませんか?

あなたの街にも、弁護士はきっといるはずです。

弁護士の探し方さえ知っておけば、安心です。

地元の弁護士を探す方法を今から伝授します。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

47都道府県から弁護士を選出しています。

弁護士に依頼するのに、大都市まで泊りがけで行く必要がある…なんてことになったら大変です。

実は、弁護士は全国に約4万人もいます。(2016年3月現在)

だから、あなたの街にも弁護士はきっといるはずです。

この機能を使って、あなたの街の弁護士を見つけましょう。

最後にひとこと

最後にひとことお願いします。

示談交渉で困ったら、遠慮なく弁護士にご相談ください。

専門家でなければ気づけないリスクもあると思います。

早めに相談しておくことで、弁護士が柔軟に対応できる範囲が広がるでしょう。

まとめ

「示談金は税金がかかるのか?」という疑問を軸に、特集をお送りしました。

いかがでしたでしょうか。

消費税などの税金は、事件の内容・示談交渉の内容によって異なります。

専門家の意見を聞いて、対応を進めることが大切です。

全国弁護士検索を使って「地元の弁護士」を見つけましょう。

スマホで無料相談なら、お手元のスマホ1台で弁護士に相談できます。

示談に関してさらに知りたいという方は、下の関連記事も参考にご覧ください。

目次に
戻る
TOPに
戻る