全国135事務所
無料相談のご案内 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

盗撮の示談について徹底解説!|示談金相場、示談書、示談交渉が早わかり

  • 盗撮,示談

「出来心で盗撮して見つかった」
「夫が盗撮で逮捕された」

こんなとき、どうすればよいのか、今後どうなってしまうのか不安で仕方がないかと思います。

みなさんは、示談で丸くコトがおさまった…なんてことを耳にしたことはありませんか?

盗撮事件を起こしてしまっても、被害者と示談をすることで、穏便に解決できる可能性がグッと高まります

でもいったい示談ってどうすれば良いのでしょうか。

  • 示談ってなにすること?
  • 盗撮事件の示談金相場はいくら?
  • 盗撮をネタに法外な請求を受けたら
  • 盗撮示談の相談できる弁護士はいる?

このような気になる点を軸に、盗撮示談への理解を深めていきましょう。

解説にアトム法律事務所の弁護士をお呼びしております。

本日は、何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。

よく理解していなかったりする事柄には、不安を抱くと思います。

でも理解できれば、悩みは解消できるはずです。

本日は、私が今まで扱ってきた事件の実例をまじえて、盗撮事件の示談についてカンタンに解説していきたいと思います。

【基本知識】盗撮と示談を深掘り!示談すると?

【基本編】盗撮と示談を深掘り!流れをつかむ

そもそも盗撮ってなんだろう?盗撮は◯◯罪だった…!

まず、盗撮って具体的にどのような行為をさすんでしょうか。

「盗撮罪」なんて罪はなかったような・・・?

はい。

ご認識の通り、「盗撮罪」という罪はありません。

盗撮は、「迷惑防止条例違反」として処罰されることが多いです。

具体的にどのような行為かと申しますと…

  • 主に公共の場所
  • 裸や通常衣服で隠れている下着や体の部位
  • 撮影・撮影目的での撮影機の差し向け・撮影目的で撮影機の設置

をした場合に、この条例違反ということになります。

ただし、条例法違反については、都道府県で規制内容や刑罰が異なる場合があるのでその点は注意が必要です。

最近では、住居内での盗撮など、公共の場とはいえない場所での盗撮行為も迷惑防止条例違反としている都道府県が増えています。

なるほど… 盗撮は条例で規制されているんですね。

条例違反に問えないケースでは「軽犯罪法」の覗き行為として処罰されることもあります。

また、建物に侵入して盗撮機器の設置や撮影をしていれば「住居侵入罪(建造物侵入罪)」、被害者が18歳未満であれば「児童法ポルノ法違反」として処罰されることもあります。

盗撮や覗きは、さまざまな罪が複雑に絡み合っていますね

盗撮を規制する法律と刑罰を表でまとめてみましたので参考にしてください!

まとめ
身体的な刑罰 金銭面の刑罰
迷惑防止条例違反※ 1年以下の懲役
2年以下の懲役(常習)
100万円以下の罰金
軽犯罪法 30日未満の拘留 1万円未満の科料
住居侵入罪
(建造物侵入罪)
3年以下の懲役 10万円以下の罰金
児童ポルノ法違反 3年以下の懲役 300万円以下の罰金

※東京都の場合ですので、各都道府県の条例を確認してください。

盗撮が何罪なのか、より深く知りたい方は次の記事も参考にしてみてくださいね。

「示談」の意味をざっくり説明

ドラマなんかで、弁護士がこんなセリフを言っているのを聞いたことありませんか?

「示談しましょう!」

レポーターの私がもっている、示談に対するイメージは…

被害者に金銭を支払って謝罪すること

このくらいのイメージしか持っていないんですけど、あっていますか?

大枠としては、その認識でいいでしょう。

一般的に示談とは、私法上(市民相互の権利関係などを規律)の紛争を、当事者による合意という形で解決することです。

合意の内容としては次のような項目が重要になります。

  • 被害回復の実現(又はその見込み)
  • 被害者の許し宥恕ゆうじょ

このような内容を合意することが、「示談」の意味となります。

事件を穏便に解決するためにも、示談はとても重要な手段です。

大筋は外れていなくて、安心しました。

示談は「被害回復の実現(又はその見込み)」と「被害者の許し」が内容として重要なのですね。

盗撮は示談ができれば不起訴?前科を回避するために

つぎは、示談することの重要性を聞いていきましょう。

まず、盗撮が発覚しても、警察沙汰になる前に被害者と示談をすることができれば、刑事事件にならないことがあります。

  • 被害者が大事にしたがらない
  • 職場など被害者が知り合い
  • 風俗店での盗撮トラブル

このようなケースでは、誠意をもって謝罪をして示談を提示することで穏便に解決できることも少なくありません。

えっ…!!

被害者と示談が成立すれば、逮捕されずに済むかもしれないということですか。

でも、盗撮事件は通報されて現行犯で捕まることが多いと聞いたことがあります。

もし通報されて逮捕されたら…

示談にはどのような効果があるのでしょうか。

盗撮が事件化してしまったとしても、不起訴に持ち込むという観点から、示談は非常に有効な手段です。

刑事事件においては、示談ができているということは極めて有利な事情になります。

盗撮事件では、示談によって不起訴処分で事件が終わることも非常に多いです。

というのも、被害者が許している以上、起訴する必要性が低くなると検察官が判断するからです。

もちろん不起訴になれば、前科はつきません

また、逮捕されていてもすぐに釈放される可能性が高まるというメリットもあります。

そのため、いち早く弁護士をつけて示談成立に努めることが大切です。

示談することの重要性が、大変よくわかりました。

前科が付くか、付かないかでは、その後の人生を大きく左右しますよね。

早期に事件を解決するためにも、すみやかに弁護士に相談するべきですね。

示談で広がる可能性
示談成立 示談不成立
不起訴 可能性アップ 可能性ダウン
前科 前科回避できる 前科がつくかも

【実践編】盗撮被害者と示談をするにはどうすればいい?

示談の成立には弁護士が必要?相手方と連絡を取る方法は?

では、示談はどうすればできるのか?

気になるところですよね。

まず、相手方と連絡をとることが必要です。

ですが、相手方としては、盗撮の加害者に連絡先や個人情報を教えたくないと感じることも多いです。

その場合は、どのようにすればよいのでしょうか。

弁護士は「被害者の情報は弁護士限りにとどめる」という条件のもと、捜査機関を通して被害者の名前や連絡先を入手できる場合があります。

仮に連絡先がわかっても、当事者同士では話がこじれてしまうことも多いです。

弁護士が間に入ることで、示談がスムーズにまとまる可能性が高まります。

示談交渉は、相手方に安心して応じてもらえるようにするため、弁護士に仲介してもらうことをおすすめします。

盗撮示談を拒否されないために!被害者へ謝罪文をだそう

示談交渉に入る前に大切なことってありますか?

いきなり、「◯万円払うから許してください〜」

のような連絡がいきなり来たら、私ならびっくりしちゃいますね。

示談交渉に入る前には、謝罪の手紙を送付することをおすすめします。

いきなり「示談」をと求められても被害者は戸惑うはずです。

これを怠ると、示談自体を拒否される可能性も高まってしまいます。

誠意をもって謝罪し、それを「謝罪文」によってきちんと伝えることが重要になります。

弁護士に依頼をすれば、謝罪文を事前に確認してくれます。

  • 謝罪する気持ちが伝わる内容になっているか
  • 被害者への配慮が足りているのか

など、添削・アドバイスをしてくれます。

謝罪することは示談への第一歩です。

誠実に謝罪の気持ちを伝えられるよう弁護士に相談しましょう。

謝罪文はとても重要なんですね。

どのような内容で、被害者に償うかは非常に大切です。

しかし、その内容も大事ですが、被害者に対して誠実な謝罪の気持ちを表現することが一番大切ですね。

盗撮示談の示談書、書き方マスター

では、実際に示談の内容が記載される示談書についてお話を伺っていきましょう。

示談書はどのような項目で構成されるのでしょうか。

もしかして、書き方さえマスターすれば弁護士に頼まなくても、自分でなんとか作成できるのでは?

刑事事件での示談では、裁判等への影響を考え、次のような項目を記載します。

  • 加害者の謝罪
  • 示談金額の支払い
  • 被害者の宥恕(許し)
  • 被害届の取下げ
  • 示談の条件
  • 清算条項(当該事件では示談書で決めた以外に、権利や義務はないこと等の記載)

など、以上のような点を踏まえれば、ご自身で示談書を作成することは可能です。

しかし、示談書の作成で大事なことは、後々トラブルに発展しないように作成することです。

トラブルを防ぐためにも、法律の専門家である弁護士に目を通してもらうことが大切です。

示談書のテンプレートを公開しています。

もっとくわしく内容をみたいという方は、こちらを参考にしてみてください。

せっかく、示談に応じてもらえたのに、またトラブルが起きたりするのは回避したいですよね。

そのためにも、法律の専門家に頼ることが重要になってきますね。

【発展編】盗撮の示談金の相場はいくら?3実例から検証

【発展編】示談金の相場を検証、3実例から

それでは、ここからは実際の事件を参考にお話を伺っていきましょう。

盗撮の示談金の相場は50万円って聞いたんですけど、そのくらいなんですか?

いまこの段階で回答できるのは、「事件それぞれで異なる」ということです。

ただ、どのような事件の内容で、いくらの示談金によって解決したのか。

そのことを知るのは、一つの指標にはなると思います。

私がいままで数多く、盗撮での示談を扱ってきました。

今回は特別に、生のデータを公開したいと思います。

実際の事件を例に、示談金をご紹介しましょう。

「事件それぞれで異なる」って、とてつもない金額の可能性もあるかもってことですかね…

聞きたいような、聞きたくないような…

ちょっと不安ですけど、示談金相場が知れるチャンスは、なかなかないですもんね!

先生、さっそくお願いします!

実例①相場の1/5?示談金10万円の場合

まずはじめに、示談金相場の1/5の金額、10万円程度のケースをご紹介します。

示談金10万円〜50万円未満の場合
事件 示談金
電車内で、携帯電話の録画機能を使って、女子高校生の身体を動画で盗撮した盗撮事件。 10万円
100円均一ショップで、バッグ内に隠した小型ビデオカメラを使って、女性のスカート内の下着を盗撮した盗撮事件。 20万円

盗撮でイメージしていた、内容どおりかもしれないです。

でも、2つの事例の間には、10万円の差があるんですね。

事件の内容的には、やってることに違いはないように感じます。

この2つの事例だけでは、ちょっと判断できないですし、他のケースも確認したいですね。

つぎ、いってみましょう。

実例②相場の噂どおり?示談金50万円の場合

つぎは、相場だと噂されている50万円のケースをみていってみましょう。

10万円のケースとどう違うのでしょうか?

示談金50万円の場合
事件 示談金
駅のホームで、自分の靴にとり付けた小型デジタルカメラを使って、女性のスカート内を盗撮した盗撮事件。 50万円
旅館内の男子浴場で、壁の隙間から携帯電話を差し入れて、女子浴場内を動画で隠し撮りした盗撮事件。 50万円
スイミングスクールで、ペン型カメラを使って児童を盗撮した盗撮事件。 55万円

ふむふむ。

こちらのケースは、犯行に手が込んでる印象がありますね。

盗撮する気まんまんで、前もってカメラなどを用意周到に準備していた感がありますね。

金額が先程より高くなったのも、うなずける気がします。

実例③相場の2倍以上?示談金100万円以上の場合

では、最後に100万円以上のケースをみていきましょう。

大台といってもいいんじゃないんでしょうか。

いままでのケースとどう違うのでしょうか。

示談金100万円以上の場合
事件 示談金
コテージの風呂場で、ティッシュボックス型のカメラを設置して、女性が入浴するのを盗撮した盗撮事件。 100万円
建物内の階段で、カメラ付き携帯電話を使って女性タレントを隠し撮りした盗撮事件。 200万円

200万円なんていうのもあるんですか…!

こちらの被害者はタレントさんだったんですね。

タレントという職業も影響があったんでしょうか。

でも…んん???

わたしの個人的な感覚ではありますが…

100万円のケースは、50万円のケースと犯行の内容が似ていませんか?

100万円と50万円では、金額に大きな差がありますよね。

まとめ|盗撮示談の金額相場は◯万円?!

示談金について大きく3パターンに分けて、事件の内容をみてきました。

金額が大きくなるに連れて、悪質度が高い印象は受けました。

ただ、人によってその感じ方は異なりますよね。

一概に、コレをしたから◯万円!とは言えない。

先生が、「事件それぞれで異なる」とおっしゃっていた意味がやっとわかりました…

そうなんです。

たとえ同じような事件でも、示談の金額は当事者側の事情によって変動します。

したがって、「同種の事件ならば、必ずその金額で示談が成立するわけではない」という点をご理解ください。

示談金の例が検索できる、便利な機能も公開しています。

盗撮に限らず、多くのケースを公開していますので、興味のある方はこちらも利用してみてください。

[jidan-souba]

なんと…!

クリックしていくだけで、カンタンに事例を見ることができますね。

貴重なデータを公開していただけて、ありがたいです!

盗撮以外の事件でも、示談金について知りたい方は、こちらの機能を活用してみてくださいね!

【番外編】盗撮の示談交渉で恐喝?高額請求に備える

【番外編】盗撮の示談交渉で恐喝?困った事態に備える

ここまでは、示談金相場の実態をご覧いただきました。

ただ、この示談金の金額って妥当なの?と疑問に思われる瞬間もあるかもしれません。

こちらではそんな、不安を抱える方に向けたコーナーです。

何百万円もの示談金請求をされたら、払う必要はある?

例えば、300万円じゃなければ示談は絶対にしない!などと、相場より明らかに高額な示談金を請求されてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

そんな場合でも応じなければやはり不起訴は得られませんか?

盗撮を許してもらうという事情がある以上、相手の要求に応じた金額になることも多少はやむを得ない面はあります。

とはいえ、あまりに不当な要求に対しては支払う必要はありません。

弁護士が間に入って交渉することで、妥当な金額に落ち着くケースも結構あります。

どうしても難しければ、示談は難しくなりますが、賠償は民事裁判で争った方がメリットになることの方が多いでしょう。

そして、被害者に対して誠実に賠償の意思を示したが拒否されたという証拠を残しましょう。

示談が不成立に終わったとしても、事情を捜査機関に納得してもらえれば、起訴・不起訴の判断で有利に働く可能性があります。

示談金目当ての美人局?盗撮ハンターとは

先生、こんなニュースを見たことがあります。

女性を盗撮をしている男性を見つけては声をかけ、警察に行くか示談金を支払うか迫る。こんな手口で金を脅し取る事件が相次いで摘発された。その名も「盗撮ハンター」。まるで正義の味方のようなネーミングだが、被害女性も実はグルだった疑いがあり、複数人が関与する組織的な犯罪との見方が強まっている。捜査関係者は「新手の美人局ともいえる手法。男性側は盗撮加害者でもあり、被害を訴えにくい」と警戒を強めている。

被害者女性がグルではなくとも、単に盗撮犯を見つけてターゲットにする事案もあるようです。もしも、示談金目当ての盗撮ハンターに脅されてしまったらどうしたら良いでしょうか。

美人局を仕掛けてきた相手に対して、取るべき行動で大切なことがあります。

それは、相手の要求に安易に応じないことです。

個人情報などを聞きだされ、要求がさらにエスカレートすることがあります。

盗撮事件の示談金の相場は、事件によってさまざまであることはすでにお伝えいたしました。

ですが、

  • この事件は仕組まれていた
  • あまりにも相場からはずれた金額を要求される

このような場合、相手の要求は恐喝罪に該当します。

少しでも疑問に感じたら、弁護士に相談しましょう。

ここからは、そのような恐喝への対処方法をお伝えします。

盗撮したのは事実ですから、その罪はきちんと認めましょう。

また、被害届が提出されるのは覚悟してください。

しかし、相手も法外な金額を要求したことが警察にバレることを恐れているはずです。

恐喝罪で逮捕されるリスクがあるからです。

もし、相手が美人局的な犯行を常習的に行なっている場合には、警察もマークしている可能性があります。

ですので、毅然とした対応をとることが大切です。

弁護士を付ければ、適切で冷静な対応をとってくれます。

罪を犯すことをしたのは、とてもいけないことです。

でもだからといって、その弱みに漬け込んで金銭を巻き上げることも悪質ですよね。

しっかり反省するとともに、このような自体に巻き込まれないよう、気をつけたいですね。

盗撮で示談をお考えのあなたへ!弁護士に相談

【実践編】盗撮で示談をお考えのあなたへ!弁護士に相談

盗撮の示談について理解を深めるべく、お届けしてまいりました。

示談するにあたっては、弁護士に相談することの重要性もおわかりいただけたのではないでしょうか。

でも、いざ弁護士に相談しようと思っても…

  • 忙しくて、法律事務所に行く時間がない
  • 家の近くで弁護士を探したい

そのようなお悩みをお抱えではないでしょうか。

でも、もう安心してください。

これからご紹介することを実践いただければ…

  • 近くの弁護士が見つけられます
  • 簡単に弁護士とコンタクトがとれます

あなたの希望にそった、弁護士がきっとみつかるでしょう。

今すぐ相談予約!24時間受付の無料相談窓口

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

[page-3tenset]

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的です。

地元の弁護士に相談したい!

「法律事務所って大都市にしか、事務所を構えていないようなイメージ…」
「地方に住んでいるから、遠出しないと行けないのかな…」

いえいえ、そんなことはありません。

日本全国に弁護士は約4万人もいるんです!

そんな弁護士探しでお悩みのあなたに、知っていただきたい!

それが、弁護士検索です。

  • 東京
  • 横浜
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡

など主要都市の弁護士はもちろん!

北海道から沖縄まで!

47都道府県のすべてから、弁護士を厳選しています!

使い方はとってもシンプル!お住いの地域をタップしていくだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

しかも検索結果は早いだけでなく、内容も充実しています。

  • 法律事務所が得意とする専門性について
  • おすすめポイント
  • 法律事務所への口コミ情報
  • 法律事務所までのアクセス・地図

これらの情報が、ぱぱッと一覧で表示されます。

どの法律事務所が自分にぴったりなのか、検証するのに便利です!

最後に一言アドバイス

この記事では盗撮のことから示談、示談金の相場についてまで、解説して参りました。

盗撮の示談に関して、理解が深まったのではないでしょうか。

私は知らないことだらけで、新しい見識を深めることができました!

それでは先生、最後に一言アドバイスいただけますでしょうか。

盗撮の示談でお悩みの方に伝えたいことがあります。

それは、今すぐに弁護士に相談することです。

刑事事件はスピードが命とも言えます。

うかうかしている時間はないのです。

一日も早い、事件解決に弁護士は力をかしてくれます。

弁護士を今すぐに探して、相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、盗撮と示談をテーマにしてまいりました。

  • 盗撮がどのような罪になるのか
  • 示談すれば何ができるのか
  • 盗撮示談金の相場

などなど、たくさんの疑問について、アトム法律事務所の弁護士にお答えいただきました。

このような事件で困ったら、すぐに弁護士に相談することが重要だとお分かりいただけましたね。

弁護士無料相談が気軽にできます。

お住いのお近くで弁護士を探すなら、全国弁護士検索を活用しましょう!

また、このサイト内には、盗撮についてのコンテンツがたくさんあります。

本記事以外で、盗撮に関して知っておきたい情報は『盗撮がバレた時の正しい対処法|示談で刑事処分を避け平穏な解決を』にまとめているので、興味がある方はご覧ください。

さらに、関連記事も要チェックです!