全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

逮捕後の勾留期間は最大何日?拘留とは別?DVや当て逃げも20日間?

  • 逮捕,期間
  • 50

家族がDVや当て逃げなどの刑事事件で逮捕勾留された!

大切な家族は何日間勾留されるのだろう…

逆に、DVで逮捕・勾留された夫は何日で釈放される可能性があるのだろう…

特にDVの被害に遭われた方は気になる部分だと思います。

そもそも、勾留という言葉をご存じでしょうか。

「勾留」と「拘留」を混同している方もいらっしゃるかもしれません。

まず、「勾留」とは、

勾留

被疑者や被告人が、逮捕に引続いて、一定の期間警察署の留置場や拘置所などに留め置かれること

をいいます。

家族がいつまで逮捕・勾留されているのか期間が非常に気になりますよね。

今回は、

  • 勾留(拘留)期間が気になる
  • 勾留と拘留の違いは?
  • 逮捕から起訴まではどれくらいの期間?
  • 逮捕の流れは?期間制限はある?

など、今みなさんが知りたい情報をお伝えしていきます!

くわしい部分の説明は弁護士の先生にお願いします。

家族がどのくらいの期間、勾留されるのか非常に心配だと思います。

逮捕の勾留期間など、くわしく解説していきます。

なお、逮捕から起訴までの期間について知りたい方は、『逮捕から起訴までの期間|48時間→24時間→10日間の謎にせまる』をご覧ください。

逮捕後の勾留期間はどのくらい?拘留とは違うの?

逮捕後の勾留期間はどのくらい?拘留とは違うの?

「勾留」と「拘留」の違いを知っていますか?

誤って使用されている方も多く見受けられます。

冒頭で、「勾留」の意味は理解できました。

「拘留」の意味も確認しておきましょう。

自由刑の一種で、一日以上三〇日未満の期間、刑事施設に拘置するもの(刑一六)。

つまり、

  • 「勾留」は、被疑者や被告人が留置されること
  • 「拘留」は、受刑者が刑事施設に拘置されること

です。

では、ここからは「勾留」についてみていきましょう。

逮捕されるとどのくらい勾留される?

家族が逮捕されてしまったら…

いったい、どのくらいの期間「勾留」されてしまうのでしょうか。

被疑者勾留の期間は、勾留を請求された日から最長で20日間です。

原則は、勾留は10日間です。

やむを得ない事由があると認められたときは、検察官の請求により、裁判官の判断で、最長10日間勾留期間が延長されます。

勾留期間の延長は、通算して10日間を超えることができません。

よって、勾留期間を通算すると、勾留請求された日より最長20日間、被疑者勾留される可能性があるということですね。

最長20日間も勾留されるとなると本人も残された家族も不安でたまりませんよね。

逮捕・勾留された後、釈放されるまでの期間は?

家族が逮捕されてしまったら、一刻でも早く釈放してあげたいですよね。

逮捕後の釈放のタイミングはいつなのでしょうか。

逮捕の期間は、72時間です。

逮捕されてから48時間以内に送致され、24時間以内に勾留が請求されなければ、基本的に釈放されます。

勾留が認められない限り、留置場で二、三泊して釈放されるというイメージになります。

家族が二、三泊留置場に収容されているままとなると非常に心配ですよね。

しかし、勾留が決定されなければ釈放されます。

では、起訴後に釈放されるのはどういったときでしょうか。

起訴(公判請求)された場合は、釈放されません。

その後、基本的に保釈が認められるか執行猶予判決が言い渡されるまで、ずっと留置場または拘置所で生活することになります。

もし早期の釈放が必要な場合は、弁護士に積極的に動いてもらった方がよいでしょう。

弁護士が

  • 示談を成立させる
  • 保釈を請求する

などの弁護活動を行うと、比較的早く留置場から釈放されるケースも多いです。

保釈の流れを図で確認しておきましょう。

保釈の流れ

逮捕から起訴までの流れ|逮捕の期間制限や勾留期間

逮捕から起訴までの流れ|逮捕の期間制限や勾留期間

勾留期間や釈放されるまでの期間がよくわかりましたね。

では、今度は逮捕から起訴までの全体像を掴んでいきましょう。

段階ごとにくわしく解説していく前にこちらの図をご覧ください。

逮捕の流れ

こうみると事件が進行していく段階でさまざまな期間制限があることがわかります。

家族が逮捕されていたら、一体いまどの段階にいるのか気になりますよね。

各段階でどんな期間の制限があるかくわしくみてみましょう。

①逮捕の期間制限

まずは、逮捕から送検の期間はどれくらいなのかみていきましょう。

容疑者が逮捕されたあとは、その日の夜は留置場で一泊します。

送検は、翌日か翌々日に行われます。

送検とは、逮捕された人から見れば、警察のバスに乗って検察庁に連れて行かれることをいいます。

送検のあとに釈放されることもあれば、そのまま勾留が続くこともあります。

※釈放・勾留の有無に関わらず、捜査はそのまま続行するのが通常です。

自白している場合は、犯行再現や実況見分にも立ち会わされます。

逮捕から48時間以内に、検察官に送致する手続きがとられます(身柄送致)。

②勾留請求の期間制限|逮捕から72時間以内

続いて、勾留請求の期間制限をみていきましょう。

送致から24時間以内に検察官は勾留の必要性を判断します。

勾留が必要と判断された場合は、検察官が勾留を請求し、裁判官が勾留を決定します。

つまり逮捕から72時間以内に検察官によって、勾留請求されるか釈放されるかが決められるということですね。

③勾留の期間制限|逮捕から最大23日間

勾留が決定された場合は、身柄事件として捜査が続行します、

勾留が決定されなかった場合もそこで事件が終了するわけではありません。

その場合は、在宅事件として捜査が続行されます。

捜査が終了した時点で、検察官は事件を起訴するか・しないかを決定します。

勾留は、

被疑者や被告人が犯罪を行ったと考えられる十分な理由

があり、

  • 住所が定まっていない
  • 逃亡を図る可能性がある
  • 証拠隠滅を図る可能性がある

といういずれかの事情がある場合に認められます。

勾留は先程説明した通り、最長で20日間となります。

検察官は、警察官から引き継いだ事件記録などを検討し、取調べを行い、最終的な処分を決定します。

検察官の最終的な処分の内容は、起訴か不起訴です。

いったん処分を保留にして釈放というパターンもあります。

検察官が起訴することを決定した場合、事件は裁判にかけられることになります。

起訴の流れは以下の図をご覧ください。

起訴の流れ

【無料相談窓口】勾留期間が長い家族を釈放する方法とは?

【無料相談窓口】勾留期間が長い家族を釈放してあげたい...

スマホですぐに相談予約・LINE相談したい方はコチラから

家族が逮捕されてしまった!

頭が真っ白になってしまいますよね。

そんなとき、弁護士に気軽に相談することができれば非常に便利ですよね。

こちらでは、

対面無料相談が24時間予約できる電話予約窓口

(※対面相談は一定の場合は無料)

気軽にLINEから相談が送信できるLINE無料相談窓口

ご自身の都合に合わせて相談窓口をお選びいただけます。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ご自身やご家族が事件に巻き込まれたらまずはこちらから無料相談することをオススメします。

地元の弁護士をサクッと検索したい方はコチラから

「家族を早く釈放してあげたい…」

そう考えてもご自身だけで対応することはできませんよね。

弁護士であれば豊富な知識と経験で、必ずあなたの力になってくれます。

そんな弁護士をどこで探せばいいのかわからないですよね。

そこで、今回は全国から一瞬で頼れる弁護士を探せる検索窓口をご紹介します。

以下から弁護士を探したい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ご自身にあいそうな弁護士は見つかりましたか?

こちらに掲載されている弁護士は

  1. ① 刑事事件に注力している
  2. ② 弁護士費用が明瞭である

弁護士ばかりなので安心して弁護士を選任できます。

お一人で悩まずに弁護士の力を借りましょう!

最後に一言アドバイス

今回は、逮捕の勾留期間を中心にお送りしました。

最後に弁護士の先生から一言アドバイスをお願いします。

ご家族が逮捕されると、どのくらいの期間拘束されることになるのか非常に気になると思います。

また、早く釈放してあげたいと考えるかとも思います。

弁護士の活動によっては、想定される拘束期間を最短にすることも可能です。

まずは、弁護士に相談して適切な対応をしてもらいましょう。

まとめ

「家族が逮捕されるとどのくらいの期間、家に帰れないのか…」

「家族を早く釈放してあげたい」

など、さまざまな疑問や不安があると思います。

そんなときはご紹介した

を利用してまずは弁護士に相談する事をおすすめします。

他にも関連記事がありますのでそちらもご覧ください。