close×

相場解説|バイク窃盗で被害者に支払う慰謝料・示談金はいくら?

  • バイク窃盗,慰謝料
  • 30

今回はバイク窃盗をテーマに取り上げていきます。

その中でも慰謝料・示談金といったお金にまつわる話を中心に進めていきたいと思います。

慰謝料・示談金は、被害者に対して加害者から支払うものです。

金銭賠償だけで、事件がすべて解決するわけではありません。

ですが、金銭による被害弁償は誠実な謝罪の気持ちを表すうえでとても重要です。

バイク窃盗は民事・刑事の両面から責任を負うことになります。

その点もふまえて、バイク窃盗の慰謝料・示談金についてみていきます。

「バイク窃盗の慰謝料・示談金の相場」がテーマです。

バイク窃盗の慰謝料・示談金の意味とは

過去の示談の実例を紹介

バイク窃盗の慰謝料・示談金の相場

このような点で大きく分けて特集を進めていきます。

法律部分のくわしい解説は、刑事弁護のプロにお願いしています。

テレビなどでおなじみ、弁護士の岡野武志先生です。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

刑事事件の実例も紹介していきたいと思います。

理解がすすむように、丁寧に解説していきます。

やはり、どのような立場であっても「お金」の話題は気になります。

他では聞けない実例をもとにレポートしていきます!

バイク窃盗の「慰謝料・示談金」の意味を学ぶ

バイク窃盗の「慰謝料・示談金」の意味を学ぶ

慰謝料と示談金それぞれの意味

加害者が被害者へ謝罪の意思を伝えるために支払うお金は、

示談金

慰謝料

があげられます。

いずれも「加害者が被害者に支払うお金」という認識だと思います。

ですが、これらの正確な違いまで、はっきりとご存知でしょうか。

まずは示談金慰謝料の意味の違いを学んでいきたいと思います。

まずは、「示談」の意味からです。

示談とは

裁判手続きにのせず当事者間の話し合いにより事件の賠償問題を解決することをいいます。

示談そのものを、もっとくわしく知りたいという方は、コチラもご覧ください。

示談金は、示談成立のために支払われるお金です。

慰謝料も示談のときに支払われるものですが、

慰謝料は、いくつかある示談金の構成要素のうちの一つとされています。

示談金をイメージするときには、具体例を考えてみるとわかりやすいです。

被害者が事件により引越しせざるを得なくなった場合を取り上げます。

被害者としては、事件に巻き込まれなければ引越し代という出費は生じません。

そのため、被害者はその引越し代を加害者側に請求したいと考えるのが普通です。

示談の内容に、「その引越し代も加害者が負担する」という内容で合意をしたなら、その引越し代は示談金の一部だといえます。

慰謝料については、精神的なダメージを慰謝するための金額になります。

これも示談金の中に含まれるものです。

示談金:示談の際に支払われるお金の全体

慰謝料:示談金のうち、被害者の精神的苦痛に対して支払われるお金

バイク窃盗についての示談を考えるなら、

被害品のバイクを返還する

バイクの代金を弁償する

このような内容が示談に盛り込まれるでしょう。

まとめ

バイク窃盗の慰謝料・示談金

慰謝料 示談金
性質 加害者が被害者に支払う金銭
意味 その事件による精神的苦痛に対する損害賠償金 示談の際に支払われるお金の全体

【実例5選】窃盗罪の示談金に相場はある?

【実例5選】窃盗罪の示談金に相場はある?

バイク窃盗の示談金の内訳がどのようになっているのか分かりました。

つぎに、気になるのはやはり、具体的な金額相場だと思います。

というわけで!

ここではなんと、過去にあった実際のバイク窃盗事件をもとに、示談金例を大公開します!

大変、貴重な情報になっています。

さっそく、バイク窃盗の示談金例をみていきましょう。

相場一覧

バイク窃盗事件の示談金

事件の概要 示談金
駐輪場で、被害者所有の第一種原動機付自転車1台を窃む目的で、鍵穴を破壊しエンジンを動かして盗もうとしたが、目撃者の通報で駆け付けた警察官に発見されて、その目的を遂げなかった事件。 3万円
共犯者1名と共に、被害者所有のオートバイ1台(時価30,000円相当)を盗んだ事件。 20万円
午後7時半頃、アミューズメント施設の駐輪場で、被害者所有の第1種原動機付自転車1台を盗んだ事件。 24万円
事情を知らない中古自動二輪車の販売業者の従業員に、同所に駐輪中の被害者所有の普通乗用二輪車1台を運ばせて盗み出した事件。 45万円
事情を知らない中古自動二輪車の販売業者の従業員に、同所に駐輪中の被害者所有の普通自動二輪車1台(時価40万円)を運ばせて盗み出した事件。 70万円

どの事件も、バイクの価格、バイクが被害者に返還されたかどうか、という点から示談金額が決まっていると思います。

3万円70万円と金額にはずいぶんと幅があります。

バイク窃盗をしたから〇〇万円とは一概には言えそうもありません。

とはいえ、いままでどのくらいの示談金が支払われたのか参考にすることは大切です。

バイク窃盗に限らず、他の犯罪でもどのくらいの示談金が発生しているのか確認しておきましょう。

あなたが知りたい示談金の相場は?

傷害の種類をお選びください

交通事故の種類をお選びください

暴行・脅迫の種類をお選びください

窃盗の種類をお選びください

その他の種類をお選びください

実例をみたいタブをタップするだけで、簡単に示談金例を確認することができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

示談書のひな形(参考)

バイク窃盗で示談を検討中なら、示談書の作成についても知る必要があります。

示談成立には、書面で示談内容を示した示談書が大切です。

じつは、口約束だけで示談は成立させることができます。

しかし!

何も書面がないと、のちのち言った言わないの争いが生じることがあります。

トラブル回避のためにも、示談書の作成はとても重要になってきます。

示談書のひな型を公開しているページを紹介します。

なかなか示談書を目にする機会はないと思います。

どのようなものかイメージがつかめると思うので、ぜひご覧ください。

謝罪文のひな形(参考)

示談交渉に入る前に、大切なことがあります。

それが、被害者に対する謝罪文の送付です。

まず、真摯に謝罪する意思があることを伝えるところからはじめましょう。

では、謝罪文のフォーマットを紹介します。

こちらからご覧ください。

誠実な謝罪の気持ちがあっても、それを文章で伝えるのは意外とむずかしいものです。

変に誤解させてしまうこともありますので、ひな形を参考にすることは大切です。

ですが、あなた自身の言葉で、謝罪の気持ちを表現することがより大切でしょう。

バイク窃盗を無料相談|弁護士の見つけ方・選び方を公開します

バイク窃盗を無料相談|弁護士の見つけ方・選び方を公開します

バイク窃盗の慰謝料・示談金についてくわしく見てきました。

実際に示談交渉に入りたいなら、弁護士がそばにいてくれたほうが安心です。

そこで、すぐに弁護士とつながることができる方法を紹介します。

無料相談が24時間対応中の窓口

刑事事件に注力する弁護士を地元で見つける方法

いつでも・どこでも、スマホから弁護士に相談できる窓口

多忙な生活の中では、法律事務所に行くことができないという方が多いです。

忙しい毎日を送っているあなたに、何時間もまとまった時間を用意することはむずかしいでしょう。

それでも、弁護士への相談が遅れては事件の解決が遠のいてしまいます。

短い休憩時間、帰宅途中の電車の時間などが有効に使えたらうれしいです。

そこで、おすすめしたいのがコチラ↓↓↓

0120-431-911無料相談予約する

LINE無料相談する
LINEで友だち登録ができます

facebook無料相談する
直接メッセージが送れます

24時間×365日いつでも受付中の相談窓口です。

スマホを使って、弁護士とつながることができます。

電話予約

LINE

Facebook

どの窓口も、費用は無料です。

法律事務所に行くだけが、弁護士とつながる方法ではありません。

今すぐにでも相談したいという方におすすめしたい窓口です。

お住い近くから探す、47都道府県別に弁護士を検索する

家の近くの情報を探しているのに、遠い地域の情報ばかりが検索結果にあがってくる…

そんな経験ありませんか?

ネット検索は便利ですが、得られる情報が膨大でどれを選択すべきか迷います。

自分にとって有益な情報かどうか、ふるいにかける必要があります。

いまから紹介する方法を知っていれば、弁護士探しがスムーズにいくはずです。

今すぐに弁護士を見つけたいという方は必見です。

使い方は、お住いの地域をタップしていくだけ。

全国47都道府県すべての地域から、弁護士を厳選して掲載しています。

結果は地域別に一覧表示されるので、とっても見やすくなっています。

口コミ評価も参考になります。

弁護士を地元で探したいという方は、ぜひお試しください。

最後に弁護士から一言

バイク窃盗の慰謝料についての特集も、残りわずかとなりました。

最後に、岡野先生から一言いただきたいと思います。

バイク窃盗の慰謝料でお悩みなら、一人で悩まず弁護士に相談してください。

刑事弁護の経験をもつ弁護士なら、示談交渉で頼りになるでしょう。

ぜひ、遠慮せずに私たち弁護士にご相談ください。

まとめ

バイク窃盗の慰謝料・示談金についてみてきました。

いかがでしたでしょうか。

示談についてのアドバイスが欲しいなら、今すぐ弁護士を探しましょう。

スマホで無料相談

全国弁護士検索

これらを活用していただければ、弁護士とつながることができます。

窃盗罪についてもっと知りたいという方は、関連記事もあわせてチェックしてみてください。

窃盗示談の関連記事はこちら

目次に
もどる